看護師転職サイトのデメリット6つと対処法

看護師転職サイトのデメリット6つと対処法
画像:shutterstock

忙しい看護師はもちろん、転職を考えている看護師であれば、看護師転職サイト(看護師専用の転職支援サービス)の利用を検討するのではないでしょうか。

看護師転職サイトに登録すれば、担当者(エージェント)に希望条件から求人のピックアアップ・情報提供、履歴書の添削、面接対策・面接への同行など、転職活動に必要なことを完全無料でサポートしてもらえます。

しかし、看護師転職サイトを利用したのに転職に失敗してしまったと感じる看護師が多いのも事実であり、便利な看護師転職サイトには最初からデメリットも存在します。

今回は実際に利用した看護師転職サイト数社から感じるデメリットに着目し、対処方法なども踏まえて注意点を記載していきます。

初めに:なぜ?看護師転職サイトにデメリットがあるのか?

なぜ?看護師転職サイトにデメリットがあるのか?

画像:shutterstock

看護師転職サイトのデメリットは事前に防げるものから、その時々に対処できるものが大半です。

どうしてデメリットが発生するのか説明していきます。

 

(1)看護師転職サイトの仕組みを理解していない

看護師転職サイトの専任担当者(エージェント)の仕事は、「看護師を転職させること」です。そのため、求人を紹介することや、転職の相談に乗ることは、その過程でしかありません。

つまり、転職を決定するからこそ、看護師と担当者の関係は「Win-Win(対等)」となるわけです。

看護師にサービスを提供する看護師転職サイトの担当者も仕事のため、理解しながら使うことが大切といえますし、自分自身でしっかりと伝えなければ、転職を決定したい担当者は強引になることもうなずけます。

お互い横柄に対応することは間違いのサービスと言えるため、良い担当者を選びましょう。看護師転職サイトの仕組みや、体験談に関しては看護師転職サイト口コミランキング内の「そもそも看護師転職サイトとは」を確認しておきましょう。

 

(2)サポートの内容を理解していない、又は各社違いがある

看護師転職サイトにデメリットを感じる看護師にありがちな失敗として、看護師転職サイトに頼り切っていることが挙げられます

紹介求人の情報だけでは職場のすべては見えてきませんし、自分である程度調べることも必要なのです。

そして、看護師転職サイトのサポートがどこまでできるのか、利用サイトごとに異なりますので確認しましょう。

 

(3)担当者とのコミュニケーション不足

看護師転職サイトのデメリットで一番大きな原因が担当者(エージェント)に関係する内容です。相手も人間ですので、感じ方や考え方は違います。

担当者(エージェント)も転職のプロですが、紹介される求人が希望と異なる、違和感がある場合は、きちんと再確認をしていきましょう。

  • 希望条件や相談はなるべく細かく行う
  • 些細な事でも不明点は相談する
  • 担当者(エージェント)に遠慮をしない

担当者(エージェント)と良い関係を築けるだけで、多少なりとも対応も変わってきます。感謝の気持ちも忘れずに、利用をしましょう

以下で良くあるデメリットと対処方法について解説していきます。

ポイント!

患者でも名前を憶えやすいインパクトがある患者や、丁寧な患者は何事も忘れませんよね。そのため、看護師転職サイトを利用するときはなるべく覚えてもらう努力を忘れない方が転職はうまくいきます。

1人で転職するのではなく、また他人に任せるのではなく、一緒に転職活動を成功させるイメージが大事です。

 

1.電話が多く、出るまで繰り返し連絡がある

電話が多く、出るまで繰り返し連絡がある

画像:shutterstock

看護師転職サイトに登録すると、サイトから直接のメールや担当者(エージェント)から電話で求人紹介を受けることになるため、必然的に増えます。届く連絡は転職に必要な情報なのですが、人によっては煩わしいなどと感じる看護師も多いのです。

  • 担当者(エージェント)からの連絡がしつこい
  • 電話連絡のタイミングが悪くストレスに感じる
  • 必要ないメールが届く
  • メールが多くて必要な情報を見落とす

他にも、連絡が多くなることで上記のようなデメリットが発生します。看護師転職サイトの紹介方法は色々ですが、求人紹介の電話に出られない場合はメールでも案内をする方法を取る転職サイトは多いです。

 

【対処法】連絡方法の指定や時間帯指定を行う

電話やメールの交換が増えることにデメリットを感じるのであれば、あらかじめ最初に対応しておくことが必要です。特に複数の看護師転職サイトを比較して使いたい場合は注意するポイントでもあります。

  • メール配信は細かく設定できるのか
  • 担当者(エージェント)からの電話連絡の時間帯指定

多くの看護師が看護師転職サイトに登録後、上記した設定などを行っていません。必ず設定をする必要はありませんが、電話やメールにストレスを感じるのであればしっかりと意向は伝えましょう。

電話連絡時間を指定する他に、メールなどの電話以外の連絡手段を希望として伝えると緩和され、夜勤明けで寝ているときは携帯を「おやすみモード」などにしておくことで解決することができます。

また、それでも無視して連絡を繁盛に掛かってくる場合は、その会社の利用をはやめ、他の看護師転職サイトを利用することがお勧めです。

 

2.登録、ヒアリングから求人紹介がされない・遅い

登録、ヒアリングから求人紹介がされない・遅い

画像:shutterstock

現在、とても多くの会社が看護師転職サイトを運営しています。

一概にどのサイトが非常に優れているとは言えませんが、看護師転職サイトの中には登録後の連絡や、求人紹介をしてもらえない、連絡がとても遅いといった場合もあります。

登録の時間帯にもよるのですが、一般的には遅くても登録後、数時間後、または1~2日で担当者(エージェント)からの連絡はきます。

 

【対処法】一度は連絡を入れ、他社も検討する

例えば登録後の連絡が3日以上経っても届かない場合は一度こちらから連絡してみると良いでしょう。その時、連絡は早めに欲しいことは伝えてください。

それでも改善しない場合は、別の転職サイトへ登録・利用を変えることをおすすめします。

看護師転職が活発になる1月~3月の時期は、担当者も通常の2倍以上の連絡をする場合があります。そのため、こちらから約束の時間にかけるなどの配慮を行い、それでもだめなら、他社に切り替える方法がベストです。

 

3.自分の希望とは異なる求人を紹介される

自分の希望とは異なる求人を紹介される

画像:shutterstock

看護師転職サイトは自社で転職先を紹介し、入職が決まることで報酬を受け取る仕組み(成果報酬型)になっており、報酬率や紹介手数料は各病院によって違う可能性もあります。

そのため、担当者(エージェント)の中には伝えた希望条件とそぐわない求人の紹介を勧める方もいます。

担当者に提案力があり、新しい分野も看護師に見てほしくて、違う求人を紹介してもらえる場合を除きます。

希望と異なる求人紹介をしてくる担当者(エージェント)の特徴は以下の通りです。

  • 強引な求人紹介や面接をすすめてくる
  • 自分のスキルには限定的な職場でしか働けないと言う
  • 希望条件では求人紹介はできないと言う
  • 看護スキルが足りないと言う
  • 紹介できる求人を保有していない場合もある

このように、担当者側の希望しか感じることが出来ない提案になる場合が多いと言えます。

もちろん、希望条件が過度に多い場合や、臨床経験がなく応募基準に達していない場合などは除きます。

 

【対処法】他の担当者と比較すること

自分が無理な転職をしようとしているのか、担当者(エージェント)の紹介力や看護師転職サイトが持っている求人に問題があるのかは、他の看護師転職サイトを利用し、担当者を比較することで解決することが出来ます。

比較にする時のポイントは以下です。

看護師転職サイトごとに保有の求人は異なるため、比較しながら使う中で希望にそった求人と出会う確率も高くなります。

少しやり取りには手間がかかりますが、看護師転職サイトの評価や口コミ、友人の紹介は担当者(エージェント)によって大きく変わってきます。そのため、3社程度を自分自身で比較することがおすすめです。

「3社」というのは、3社比較すると、サービス、対応、求人内容などがある程度自分の中で比較検討できる数だからです。

 

4.担当者(エージェント)の質が悪く相性が合わない

担当者(エージェント)の質が悪く相性が合わない

画像:shutterstock

看護師転職サイトの担当者(エージェント)は転職のプロフェッショナルであり、看護師の転職を斡旋しているので看護の道に詳しい方が多いです。(元看護師なども担当者としている場合があります。)

しかし、担当者(エージェント)の「質」や「自分との相性」に良し悪しがあることは、無数の企業が参入してきているので否めません。

  • 担当者の口調が上から目線で癇に障る
  • 看護について無知だと感じる
  • 専門的な質問には明確な回答がもらえない
  • 要領が悪くストレスを感じる

最初から担当者(エージェント)を選ぶことはできないからこそ、こうしたデメリットを感じる看護師もたくさんいるのです。

良くない!悪い?看護師転職サイトの苦情やクレーム」を確認いただけたら、担当者によるものが多いことが分かります。

 

【対処法】担当者を変更してもらう、見極める

質の良い担当者(エージェント)に転職をサポートしてほしいのは皆さん当たり前のことです。

そのため、以下のような対処法を行いましょう。

担当者を自分で見極めること
  • 分かりやすく丁寧かどうかを初めに確認する
  • 相談しやすい雰囲気を感じるかどうか
  • 急かすことなく対応をしてくれるかどうか
  • 的確なアドバイスをくれるかどうか
  • 自分の見解と違う内容を伝えてくれるかどうか
担当者を変更してもらう
  • 求人は良いけど担当者がという場合に変更を伝える
  • 変更はカスタマーセンターに連絡すればほとんど可能
他社を検討する
  • 担当を変更しても駄目な場合
  • 会社を信頼できなくなった場合

転職をする際に担当者(エージェント)との相性は重要視した方が良いのですが、中には言葉はぶっきらぼうだけれど、紹介求人やサポート力は信頼できる担当者(エージェント)もいます。

基本的に、相性が合わない場合は担当者(エージェント)の変更が有効な対処法でありますが、利用する側としても、担当者の変更は行いづらいため、転職会社を変更することをお勧めします。

また、看護師転職は履歴書や面接のから始めると思っている方も多いですが、担当者(エージェント)も人間であり、登録した看護師さんの良し悪しを同じようにチェックしているのです。そのため、担当者とのやり取りを始めたときから、看護師は転職が始まっている心構えでいることも重要です。

 

5.入職後のアフターフォローが不十分

入職後のアフターフォローが不十分

画像:shutterstock

看護師転職サイトごとに入職後のアフターフォローサービスの充実度は違います

まずはよくある入職後感じた看護師転職サイトのデメリットを見てみましょう。

  • 就業条件が違っていても対応してもらえなかった
  • トラブルが発生しても対処してもらえない
  • 相談をしたのに改善が見られなかった

求人紹介時に職場見学や面接で綿密に条件などを確認したにも関わらず、入職したら条件が変わっていた、環境は良くなかったというトラブルは起こります。

看護師という職業だからこそのデメリットとも言えるのです。

 

【対処法】サービスや内容を確認しておく

入職後のトラブルに対応してもらえる看護師転職サイトは最近増えてきています。増えてきていると言っても、サービス内容にバラつきはあるので、事前に担当者(エージェント)へ入職後のフォローをどこまでしてもらえるのか確認しておきましょう。

思い込みで「アフターフォローが受けられる」と考えていると失敗の種になり兼ねません。

また、登録時から対応が少し悪いなと感じた場合に、後々トラブルとなるケースが多いです。そのため、伝えることは伝える、早めに担当または会社を変更するなどの対処が必要となります。

就業条件への対策について

就業条件は雇用先と看護師で結ぶものなので決定後に関しては、転職会社がなかなか口を出しにくい場合が多いです。雇用先、看護師共に、転職会社から見るとお客様に当たるからです。

そのため、以下の対策を行いましょう。

  • 決定前に雇用先に自分で確認を行う
  • 決定後は書面にて条件内容をもらう

自分が転職する病院等になるため、自分自身で確認作業をした方が間違いないといえます。

 

6.採用側にコストがかかり、採用されにくい場合もある

採用側にコストがかかり、採用されにくい場合もある

画像:shutterstock

病院などの応募者側は採用コストを看護師転職サイトに支払い、採用をしています。

そのため同じ技術レベルの看護師が看護師転職サイトから、もう一方は費用が掛からないハローワークから応募してきた場合、看護師転職サイトを利用する看護師の採用は難しい場合もあります。

「転職会社に通じて応募したら、募集していないと言われ、ハローワークや直接応募すると募集していた」などのことは、このような採用コストに関係して起こる場合があるといえます。

 

【対応策】自分で求人を探すことも必要

看護師として求人を探す方法は、ハローワークや直接応募(ホームページを確認する)など様々な探し方があります。

最終的に看護師転職サイトを利用するとしても、必ず自分自身で求人を確認することは大切だといえます。

また、看護師転職サイトの担当者(エージェント)に任せきりになる場合は、トラブルも多く発生するため、自分の転職は自分で最後まで行う意識を持ちましょう。

 

最後に

看護師は職に困ることはないと言われており、実際に多くの病院や医療施設、クリニックなど看護師不足の職場も多く存在します。

そのため、独自のサービスを展開している看護師転職サイトや、担当者の質に注力しながら、サポートを強化している会社も増えています。

この記事では看護師転職サイトのデメリットに着目し紹介しましたが、実際はデメリットを上回るメリットが多いのも事実です。どんなに良いものでもデメリットは必ずあります。そのデメリットを理解したうえで利用すると失敗しない、成功する転職に一歩全身します。

転職は自分の大事な働き方を決めるひとつのイベントです。成功させるため、少しでも良い活動を行っていきましょう。


   
この記事はお役に立ちましたか?

看護師の転職サイト選びなら

看護師転職サイト口コミランキング