看護師転職サイトの転職支援サービス内容!看護師は使わない方がいい?

看護師転職サイトは専任のキャリアアドバイザーが担当を担い、看護師の転職求人の提案、面接、内定・入職までの完全無料でサポートする「看護師専用の転職エージェント」です。

看護師転職サイトの一般的なサービスの仕組み

看護転職サイトを利用するにあたって一般的なサービス内容や利用するための流れ、利用すべき方と使わない方が良い看護師などを解説していきます。

看護師転職サイトの転職支援サービス内容!看護師は使わない方がいい?
おすすめの転職サイト3選
順位 転職サイト名 評価 登録
おすすめ1位 看護のお仕事 3.9 無料登録
おすすめ2位 マイナビ看護師 3.8 無料登録
おすすめ3位 ナースではたらこ 3.7 無料登録

看護師転職サイトのサービス内容

看護師転職サイトのサービス内容

初めに看護師転職サイトを利用する場合の期間は以下の通りです。

勤務中
★利用期間:2ヶ月から3ヶ月

働きながら転職する場合は、看護師転職サイト登録から1ヶ月程度で内定、1~2ヶ月程度で退職手続きと入職準備を進めます。

退職済み
★利用期間:期間:1ヶ月から3ヶ月

既に退職済みの場合は、1ヶ月から3ヶ月程度で新しい職場へ転職します。

おおよそ転職支援サービス開始から、上記の期間で進む場合が多く、働きながら転職活動を行う場合は、退職決定から最終出社日までを1ヶ月~2ヶ月程度の期間を見ることが一般的です。

以下より一般的な看護師転職サイトの転職支援サービス内容をお伝えしていきます。

1.選定・登録・ヒアリング

選定・登録・ヒアリング
看護師 数ある看護師転職サイトの中から利用する転職会社を決め、無料会員登録を行います。
担当者 登録情報を元に詳細な希望条件をヒアリング行います。また、転職の相談希望がある場合も受け、面談を行う場合もあります。

看護師:看護師転職サイトの選定・登録

看護師が利用することが可能な看護師転職サイトは、全国で見るとかなりのサイト数(100社を超える)があり、どの看護師転職サイトを利用すべきか選定することが、まずは必要です。

看護師が選定する条件に選ぶポイントとしては大きく分けて以下の3つとなります。

  1. 提案される求人内容の質
  2. 担当者につく転職エージェントの対応の良し悪し
  3. 受けることが出来る転職支援サービス内容

また、看護師はすべて無料で利用できることから、上記を比較するために看護師転職サイトを複数登録(掛け持ち)する場合も多くあります。

転職する地域によって差があるため、2社から3社程度、実際に利用することが一番比較を行いやすいと言えます。

選定が終われば、看護師転職サイトに登録することから転職支援サービスは始まります。

看護師転職サイトへの登録項目

1 看護師の氏名
2 電話番号・メールアドレス
3 希望する働き方(常勤、夜勤有無など)
4 保有する資格(正看護師、准看護師など)
5 希望の勤務地
6 希望する転職時期(1ヶ月後・3ヶ月後・6ヶ月後など)

以上の会員登録フォームから問いに答えていくことが一般的です。

また備考欄に「担当者(転職エージェント)から連絡を受ける際の希望する時間や条件」なども記載することが出来ます。

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

看護師転職サイトによって登録する内容は違いますが、一般的に看護師に求人を提案するために必要な情報をまずは登録してもらいます。

登録が完了したら転職サイトの担当者(転職エージェント)から連絡を待ちます

看護師転職サイト内に公開されている求人もありますが、基本的に求人を問い合わせても、雇用側には連絡がいかず、看護師転職サイトを運営している転職エージェントに連絡が入り、折り返し連絡を待ちます。

転職エージェント:ヒアリング・相談・希望条件の確認

看護師転職サイトの担当者(転職エージェント)は、転職する希望条件のヒアリングを行います。

看護師が登録した際の条件を元に掘り下げて、以下の内容を確認していきます。

1 お互いの自己紹介
2 今までの看護師としての経歴
3 現在の転職活動状況の確認
4 どのような場所や形態で働きたいか(施設・職種等や志向性の確認)
5 転職先についての細かい条件の確認
6 転職市場の相場観の共有
7 面談が必要な場合、面談の日程調整
8 今後の進め方や連絡手段の確認

また、転職を悩んでいる看護師の相談も受け付けているケースがあります。

ヒアリングは主に電話やメール、LINEなどが利用されます。

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

面談を希望する場合は勤務先や自宅近くのカフェなどで行う面談が一般的です。また、状況に合わせてスマホを使ったオンライン面談も行うことがあります。担当者(転職エージェント)との面談は必須ではないことが多く、初めは電話でのヒアリングで終わる看護師がほとんどです。

2.希望条件に合う求人の選定・提案

希望条件に合う求人の選定・提案
担当者 希望条件に合う求人を3~8件程度、看護師に提案します。
看護師 提案を受けた求人を確認し、面接を受けるかどうかを判断します。合わない場合は提案を繰り返してもらいます。

転職エージェント:求人情報のピックアップ

転職する看護師の希望する年収や休暇日数、諸手当などの他に、看護師転職サイトの担当者(転職エージェント)が感じた転職する看護師の志向性や雰囲気を考慮し、マッチングすると判断した求人を探します。

その後、看護師転職サイトの担当者は、調べた求人情報を募集要項と共に、看護師に案内します。

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

この際に紹介される求人件数は3~8件程度が一般的です。(看護師転職サイトや希望条件によって異なります。)

看護師:求人の提案を受ける

看護師は担当者(転職エージェント)から求人を提案・紹介してもらいます。

メールなどで募集要項と共に紹介されるのが一般的で、紹介された求人に満足がいかない場合には、断ることも、再度依頼することも可能です。

応募する求人が決定するまで、求人の紹介を繰り返し貰います。

ここで面接や病院見学を行う求人かどうかを看護師が判断します。

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

新卒看護師違い、中途採用の看護師は、面接を受ける病院・施設を3つから5つ程度に絞り込み、複数応募・面接を行います。働きながら転職を希望する場合は、面接の時期を集中させて行います。

※院内・施設内情報を把握している場合がある

看護師転職サイトの担当者(転職エージェント)や運営している会社は、これまでに何度も雇用先の施設とやりとりをしてきたため、職場の雰囲気や上司となる師長などの人柄を把握しており、職場の看護師のリアルな口コミを聞くことも可能な場合があります。

その為、インターネットでは知ることが出来ない内部事情を転職前に確認することができる点が利用する価値があるといえます。

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

看護師にとって実際に働いてみないとわからない内部事情を把握できることは転職後のミスマッチを防ぐための大きな材料になります。しかしながら、看護師転職サイトによっては、情報量に差があるため、院内情報や施設情報は全く分からないというケースもあります。

3.応募書類の作成と添削・アドバイス

応募書類の作成と添削・アドバイス
看護師 応募する病院・施設ごとに履歴書・職務経歴書等を作成し担当者へ提出します。
担当者 看護師から提出された履歴書・職務経歴書等を添削・アドバイスを行います。また、看護師の許可を得て面接する病院・施設とあらかじめ情報共有します。

(※1:履歴書のアドバイスは看護師転職サイトによっては、サービスとして提供していない場合があります。)

看護師:応募書類の作成

看護師は、担当者(転職エージェント)の指示で希望する施設に応募する履歴書や必要に応じて職務経歴書を先に作成します。

看護師転職サイトによっては、履歴書作成マニュアル等を貰うことが可能な場合もあります。

履歴書や職務経歴書は看護師自身で作成する必要があり、代行を行っている場合はありません。

看護師が作成できた履歴書・職務経歴書を担当者(転職エージェント)に提出します。

転職エージェント:応募書類の添削・アドバイス

看護師が作成した履歴書等を応募する病院・施設の傾向に合わせて添削を行い、修正が必要な場合は依頼します。

書類選考などがある場合や必要に応じて、履歴書や職務経歴書を担当者(転職エージェント)が看護師の許可を得た上で転送・郵送する場合があります。

一般的に履歴書を、先に応募先病院・施設へ担当者(転職エージェント)が情報を共有し、面接時に看護師が持参するケースが多いです。

(看護師は担当者の指示に従います。)

4.面接対策や面接の日程調整・同行

面接対策や面接の日程調整・同行
看護師 看護師は面接日の希望日程を担当者に伝え、担当者から面接対策を受け、病院施設の面接を行います。
担当者 希望日程を病院・施設と交渉し、面接対策を行った上、看護師面接に同行します。また、面接前にすでに条件交渉を行う場合もあります。

(※1:面接対策・面接同行は看護師転職サイト差があり、サービスを提供していない場合もあります。)

看護師:面接希望日程を伝え面接対策を受ける

看護師は看護師転職サイトの担当者に面接を希望する日程を伝えます。

そのため、雇用先の施設との直接的なやり取りはなく、転職する看護師の時間的負担が少なくて済みます。

看護師の希望や必要に応じて担当者(転職エージェント)から想定質問の準備や模擬面接の指導を受ける場合もあります。

面接当日は、予め看護師転職サイトの担当者(転職エージェント)から転職する看護師の詳細が病院へ伝達しているため、面接から採用までスムーズにいくケースがほとんどです。

また、昨今の感染症対策も含め、面接と同時に病院や施設の見学を行う場合がありますので注意しましょう。

転職エージェント:日程調整・面接同行

看護師転職サイトの担当者(転職エージェント)看護師から聞いた日程で雇用先の施設側の面接や見学の最終日程調整を行います。

100%ではありませんが、面接には看護師転職サイトの担当者(転職エージェント)が同行し、面接中に同席することが一般的です。

(地域や転職会社によって異なるので注意してください。)

その際に、雇用先の施設に合った点を踏まえて看護師を客観的に売り込むフォローをしてくれる心強い存在となり、面接に不慣れな看護師も安心して臨むことができます。

5.内定・入職手続き

内定・入職手続き
担当者 応募先の病院・施設から採用の可否の連絡を代行して看護師に伝えます。また、伝える前に条件交渉を行う場合もあります。内定が決まれば入職手続き・退職を支援します。
看護師 内定・入職が決まれば、退職手続き・入職手続きを行います。内定を断る場合は担当者に伝えるだけで断ることが可能です。

(※1:退職支援は看護師転職サイトによっては、サービスとして提供していない場合があります。)

エージェント:採用の可否報告・条件交渉

看護師転職サイトの担当者(転職エージェント)は、雇用先の施設からの採用の可否を聞き、看護師に連絡する代行を行います。

このことにより、不合格の場合でも不合格である明確な理由を聞き出すことも可能で、次の面接等に活かしてくれます。

また、雇用先の施設に直接看護師が言いづらい給料面や休日などの働く条件面の交渉を看護師転職サイトの担当者(転職エージェント)が看護師に代わって条件交渉を行ってくれるケースがあります(転職先の雇用先の施設や転職会社によって異なるので注意)。

転職後のミスマッチを防ぐためにも看護師転職サイトの担当者による交渉は積極的にお願いすることをおすすめします。

看護師:合否確認・入職確認・退職手続き・入職手続き

担当者(転職エージェント)から合否の確認を聞き、内定が出た場合、最終的に入職するかを判断します。

また、条件面が少し不満な場合も双方から相談します。

入職を決意した場合、働いている場合は勤務先の退職手続きを行います。

退職についても担当者(転職エージェント)から詳細なアドバイスを行ってくれる場合があり(転職会社によって異なるので注意)、看護師は転職先に迷惑を掛けないように退職を行います。

また、入職する手続きに関しても担当者(転職エージェント)から準備物や書類などの仲介を受け、準備していきます。

6.転職後のアフターフォロー

転職後のアフターフォロー
担当者 看護師の入職後1ヶ月から6ヶ月程度の間、アフターフォローを電話・メール・LINEなどで行います。

(※1:転職後のアフターフォローは看護師転職サイトによっては、サービスとして提供していない場合があります。)

エージェント:看護師に電話やメール

看護師が転職した後のフォローに関しては、電話やメール・LINE等となり、現在の状況の把握などを定期的に行ってくれます。

働きだして雇用関連のトラブルが合った場合には、看護師転職サイト側にも相談が可能です。

ただし、雇用主と交わした雇用契約は、看護師がしっかりと確認しておくべき事項のため、必ず自身で確認することが大切です。

看護師転職サイト独自のサービス内容

看護師転職サイト独自のサービス内容

退職相談・退職支援サービス

働きながら転職活動を行う看護師の場合、内定後に退職が必要となります。

そのため以下のサービスを独自で行っている看護師転職サイトもあります。

  • 看護師の円満退職のノウハウ提供
  • 看護師の退職時のアドバイス・相談
  • 場合によっては退職代行

退職相談や退職支援は、どの看護師転職サイトでも行っているわけではありませんので注意しましょう。

以上の看護師転職サイトが退職支援サービスを行っており、2社とも全国で対応可能です。

(転職支援サービスを受け、内定・入職を決めた看護師が限定のサービスです。)

逆指名転職サービス

逆指名転職サービスは、応募が出ていない病院・施設に対し、看護師転職サイトの担当者(転職エージェント)が条件交渉を行い、入職できるようサポートしてくれるサービスです。

転職したい病院・施設が決まっており、求人募集がでていない場合はおすすめのサービスです。

しかし、行っている看護師転職サイトが限られます。

以上が逆指名転職を行っている看護師転職サイトなり、2つとも全国対応となります。

※逆指名転職を行う場合、看護師転職サイトは少ないため、2社は複数登録(掛け持ち)を行っておきましょう。

応援ナース・トラベル―ナース

応援ナース・トラベルナースとは、看護師が不足した地域(都心部や離島・沖縄・北海道など)に派遣され、一定期間を看護師として働くという「制度」のことを言います。

日本では応援ナースと言う名前で定着しており、雇用形態は派遣もしくは契約社員が多いと言えます。

こちらも行っている看護師転職サイトが限られます。

上記3社が求人数も豊富です。3社とも全国対応となりますので気になる方は利用してみてください。

看護師転職サイトを使わない方が良い看護師

看護師転職サイトを使わない方がいい?

これまで説明した看護師転職サイトの転職支援サービスを使わない方が良い看護師の方もいます。

以下のような場合、看護師転職サイトの利用を検討してください。

6ヶ月以上の時間かけて転職したい方

看護師転職サイトの場合は、少なからず短期間で転職出来る看護師をサポートすることが前提となっています。

6ヶ月以上先で転職を考えている看護師が利用した場合、「強引に進められた」「相手にされなかった」「急がされた」などのトラブルを生む原因にもなります。

そのため、看護師転職サイトは利用しない方が良いでしょう。

自身の転職を行いたい時期やタイミングで看護師転職サイトを利用してください。

自分のやり方で転職活動が行いたい方

説明した看護師転職サイトのサービス内容を見て分かる通り、履歴書・職務経歴書の作成以外、すべての物事が看護師転職サイトの担当者の経由で進みます。

自分のやり方で転職活動したい看護師の方は看護師転職サイトの利用に向きません。

看護師転職サイトのサービス内容を理解し、利用しても良いと感じたときに使いましょう

転職したい病院・施設が決まっている方

すでに転職したい病院・施設が決まっている場合、まずは自分で転職活動を行う方法を試してみましょう。

理由としては、病院・施設がホームページなどで求人を出している場合、直接応募を行うことで看護師転職サイト側の広告費が掛からないからです。

そのため、可能性としては採用されやすい可能性もあるからです。

看護師転職の直接応募の方法

注意点

以下の条件に該当する場合は、看護師転職サイトの利用がおすすめです。

  • 病院・施設の求人募集がない場合
  • 入職はしたいが細かい条件交渉を行いたい場合
  • 管理職クラスの看護師の場合

このような場合、直接応募すると看護師の方が思うように転職することが出来ないケースがほとんどです。

看護師転職サイトに登録を行い、転職活動の経緯を説明して相談しましょう。

看護師転職サイトを利用すべき方

看護師転職サイトを利用すべき方

以下の条件に該当する場合、看護師転職サイトの利用はおすすめです。

働きながら転職活動をする方

働きながら看護師転職を行う場合、仕事と転職先の絞り込みや情報の整理にとても時間を取られます。

また、退職相談や手続きなど、転職活動以外にも行う必要があり、とても忙しくなります。

看護師転職サイトは、手間なく看護師が転職するためのサポートを行ってくれるサービスため、働きながら転職する場合は利用が必須といえます。

転職するか相談から行いたい方

看護師転職サイトの担当者は、転職の相談や自己分析のサポートも行ってくれます。

そのため、「転職しても良いか分からない」と考える方にも利用がおすすめです。

また、転職活動の情報収集だけでもOKの看護師転職サイトも多いため、最終的に転職活動を行わない場合でも利用可能です。

病院・施設の内部事情を知りたい方

各看護師転職サイトによって違いがありますが、看護師の転職をサポートしているため、院内情報を把握している場合が多いと言えます。

もちろん、すべてではありませんが、派遣を行っている病院・施設や、看護師を紹介した病院・施設などの院内・施設内情報は、働いている看護師に直接確認してくれる場合もあります。

そのため、担当者の第三者の意見、実際に働いている看護師の意見も合わせて確認できるため、内部情報を詳しく知りたい看護師はおすすめです。

特に、人間関係や福利厚生、勤務時間、残業の有無や時間などを気にする場合は利用しましょう。

転職するための希望条件がある方

看護師はライフスタイルの変化で転職する場合も多く、結婚・出産などで希望条件が明確な看護師転職に利用がおすすめです。

特に外せない条件がある場合は、看護師転職サイトの担当者に伝えることで求人をピックアップしてもらうことが可能なため、転職活動がスムーズです。

また、希望条件が多い看護師は、自分や求人サイトで探すことが困難なため、必ず利用しておきましょう。

転職活動が初めての方

看護師として転職活動が初めての場合、ビジネスマナーや履歴書の書き方などの不明点が多い傾向があります。

転職活動のプロである看護師転職サイトが指導・サポートしてくれるため、初めての転職活動では利用をおすすめします。

看護師の年数や年齢に限らず、初めての方は利用しておきましょう。

サービス充実の看護師転職サイト3選

サービス充実の看護師転職サイト3選

看護師転職サイトの中でも転職支援サービスが充実している看護師転職サイトをご紹介します。

比較のため3社とも登録しながらサービス面を比較してください。

1.看護のお仕事「院内・施設内情報に強い!」

看護のお仕事

転職相談 面接対策 条件交渉 退職相談
2重丸 2重丸 2重丸 2重丸
総合評価 担当対応 求人の質 サービス
3.9 4.1 3.6 4.0

どの転職会社よりも公開している求人が豊富で、公開されている看護師も定期的に更新されています。病院やクリニック・美容クリニック、介護施設に看護師転職を考える場合は必ず利用しておきましょう。

公式サイト https://kango-oshigoto.jp/
公開求人数 127,190件
非公開求人 豊富
対応職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応
雇用形態
常勤(夜勤有り)、日勤常勤、夜勤専従常勤、夜勤専従パート、非常勤、派遣、紹介予定派遣
対応施設 総合病院、一般病院、クリニック、特別養護老人ホーム(特養)、訪問看護、有料老人ホーム、デイサービス、重症心身障害者施設、保育園、検診センター
対応
診療科目
内科、精神科、心療内科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、産婦人科、眼科、歯科、美容外科、美容皮膚科
対応配属先 病棟、外来、施設、訪問、手術室(オペ室)、透析、内視鏡
対応エリア 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴 ・看護師の転職求人が豊富
・転職支援サービスが手厚い
・転職の相談から行える
・院内・施設内情報に強い

おすすめする理由

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

看護のお仕事をお勧めする理由としては、病院・クリニック、美容クリニックはもちろんのこと、介護施設や保育園などもカバーする看護師求人数の多さが、一番に挙げられます。また、転職の相談から、現在勤務中の退職の相談、アフターフォローまで転職サービスがきっちりしており、利用した看護師(現在40万人を突破)の人気の高さの理由と言えます。

さらに、年間5000を超える病院・施設へのインタビューを実施し、求人を新しいものに更新しながら病院・施設の情報を集めています。

そのため、人間関係で悩む看護師の方や、プライベートを充実させたい場合、結婚・出産後の働きやすい勤務先を探す看護師転職サイトとしては一番おすすめです。

無料会員登録へ

2.マイナビ看護師「丁寧な転職のプロ!」

マイナビ看護師「丁寧な転職のプロ!」

転職相談 面接対策 条件交渉 退職相談
2重丸 2重丸 2重丸 2重丸
総合評価 担当対応 求人の質 サービス
3.8 3.9 3.7 3.7

看護師転職サイトの中でも担当者(キャリアアドバイザー)が「転職が良く分からない」「悩みがある」などの転職の相談から受けてくれることが一番の特徴です。また、情報収集に利用するだけでも現在の看護師市場の説明を行ってくれます。

公式サイト https://kango.mynavi.jp/
公開求人数 54,994件
非公開求人 とても豊富(保有求人全体の約40%非公開)
対応職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師、ケアマネージャー
対応
雇用形態
正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託その他
対応
勤務形態
常勤(二交替制)、常勤(三交替制) 、夜勤なし、夜勤専従
対応施設 病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設 、その他
対応
診療科目
美容外科、小児科、産科、婦人科(レディースクリニック)、整形外科、循環器内科、心療内科、消化器外科、心臓血管外科、スポーツ整形外科、脳神経外科、眼科、形成外科、消化器内科、歯科、精神科、血液内科、外科、内科、神経内科
対応配属先 病棟、外来、手術室、内視鏡室、ICU、透析、救急外来、訪問看護、管理職の仕事
対応エリア 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴 ・転職の相談から行える
・キャリアアドバイザー親切丁寧
・退職交渉も可能
・企業系のレア求人を豊富に保有

おすすめする理由

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

マイナビ看護師をおすすめする理由としては、特に転職が初めての看護師の方や不慣れな方、ベテラン看護師の方に利用しやすい点です。転職の相談から、情報収集のみで利用することができ、引き止めに合いやすい若い世代の看護師の方の退職交渉も行ってくれます。一方ベテラン看護師の方にお勧めする理由としては、担当者がビジネスマナーをわきまえており、病院以外の求人情報が豊富で、キャリアに合わせて提案してもらうことや選択することが可能です。

無料会員登録へ

看護師転職サイトの利用を検討している方の利用は特におすすめです。

3.ナースではたらこ「希望条件の求人が見つかる」

ナースではたらこ

転職相談 面接対策 条件交渉 退職相談
まる 2重丸 2重丸 三角
総合評価 担当対応 求人の質 サービス
3.7 3.8 3.5 3.8

ナースではたらこはバイトルなどで有名なディップ株式会社が運営している看護師専用の転職エージェントです。非公開求人が豊富で、看護師の希望条件を満たす求人が見つかりやすいと言えます。

公式サイト https://iryo-de-hatarako.net/
公開求人数 93,746件
非公開求人 豊富
対応職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応
勤務形態
常勤、非常勤、日勤のみ、夜勤専従
対応施設 病院、クリニック、介護施設、デイサービス、訪問看護、企業その他
対応エリア 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
特徴 ・非公開求人が豊富
・希望条件に合う求人が見つかりやすい
・希望する病院・施設へ転職可能な逆指名転職がある

おすすめする理由

看護師転職キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザー

ナースではたらこをおすすめする理由としては、掲載していない非公開求人が豊富なことです。希望条件等を伝えるだけで、掲載されていない看護師求人を提案されることが多く、働く時間、エリア、託児所、看護寮利用の有無など、希望条件が多い場合の看護師に特におすすめです。

また、行きたい病院・施設が決まっている場合でも条件交渉を担当者(キャリアアドバイザー)が行ってくれるため(逆指名転職)、求人の応募がない場合でも相談しましょう。

無料会員登録へ

使わない方がいい看護師転職サイトの13つの特徴

日本の転職エージェント(職業紹介事業者)は2万社を超え、看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)だけでも100社以上存在しています。

「こんな看護師転職サイトは使わない方がいい!」と感じる、良くない看護師転職サイトの特徴を実際の看護師の体験談からご紹介します。

1.提案される求人が条件に合っていない・更新されてない

提案される求人が条件に合っていない・更新されてない

  • 「非公開求人を紹介されたが、全然希望条件に合っていない」
  • 「その求人は募集が終了していると言われた」
  • 「自分で調べられる程度の病院の情報しか得られなかった」
  • 「情報量がすべてにおいて少ない、または古い」

看護師転職サイトを運営している以上は新しい情報を確認したいものです。

また、看護師転職サイトは担当者(転職エージェント)から提案されるため掲載されている求人はあまり関係がないとも言えますが、情報量が古かったり、少なかったりする場合は利用する看護師が困ります。

独自に担当者が病院のリサーチに行ったりしている良い看護師転職サイトは多く存在しますので、情報が少ないと感じた看護師転職サイトの利用は見合わせておきましょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例HPに記載されている求人はほとんど存在のないものでした。問い合わせると個人情報を聞かれます。その後問い合わせた件についても、返答が全くなくなる。

看護師の体験事例自分で何度かホームページをチェックしていたところ、深夜勤の求人があったのでその病院の話を聞きたいと担当者に聞いてみたら「その病院の求人は終了しています」との返答。求人の更新もしていないのかとがっかり。

2.病院・施設のリサーチが甘い・情報がない

病院・施設のリサーチが甘い・情報がない

  • 「病院のことを何も分かっていなかった」
  • 「面接は1度といっていたのに2度あった」
  • 「実際に働くと院内情報が伝えてくれる内容と違った」

看護師の求人を紹介する担当者(転職エージェント)の情報提供が甘い看護師転職サイトが存在します。

まだ、分からないなら確認し、聞いてくれるのであれば納得がいきますが、違う情報を伝えられる看護師はたまったものではありません。

入職後にも条件面トラブルの可能性があるので注意が必要になります。

看護師の体験事例

看護師の体験事例評判の悪いであろう病院を紹介されたので評判の悪さを伝え、なにが良くて紹介してきたのかメールしたらそれから連絡が来なくなった。内部事情知っている風に書いているのに何も知らない印象がある。

看護師の体験事例担当の方は、1度も顔を見たことがありませんでした。面接が決まり、一緒に面談に行った方に、残業代がしっかり出るか聞いたら「もちろん、でますよ」と言われて、入職したら残業代をつけることが出来ない病院でした。その後、担当者に連絡すると「残業代は当たり前だと思い、確認してなかった」との事。その上「病院に言ってみたらどうでしょう」と。これから働いていく病院にそんなことが言えるわけがない。

3.利益が第一の印象を受ける

利益が第一の印象を受ける

  • 「断っているのに電話がしつこい」
  • 「内定が出たら連絡がなくほったらかし」
  • 「お金になると動きが早く、ならないと遅い転職会社」

看護師転職サイトの仕組みでは、紹介する病院・施設から紹介料を貰もらうことで運営していますが、利益第一主義の会社の特徴は、担当者に厳しい目標(ノルマ)があるケースが多く、焦らされることや、お金目当ての転職を進めてくる看護師転職サイトも残念ながら実在します。

これは、利用した看護師の感じ方となるため、感じた場合は他の看護師転職サイトを利用しましょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例希望の求人を見つけられたのはよかったのですが、担当者の女性が、せかすような雰囲気を出してくることがとても不満でした。また、会社にも行きましたが、事務所の雰囲気も薄暗かったので、それもマイナス評価の要因です。

看護師の体験事例他の看護師転職サイトで、内定が決まったため、お断りの連絡をさせていただいたところ、「じゃあ、この病院は断っていいのですね!?」と苛立ったような声で言われたように感じました。目標(ノルマ)があるお仕事だと思いますが、もうちょっと常識のある担当者が良かったです。

4.担当者が途中でコロコロ変わる

担当者が途中でコロコロ変わる

  • 「退職してしまったのでと伝えられ変更された」
  • 「登録してから希望もしていないのに3回も担当変更があった」
  • 「変更ごとに再度同じ情報を伝えなくてはならなかった」

看護師転職サイトの担当者の退職は企業としては必ず存在しますが、期の節目ではなく辞めてしまう、引継ぎが全くされていないなどのトラブルの場合は、社内体制や教育体制が整っていないケースがありますので、注意が必要です。

また、良い看護師転職サイトは基本的に担当者(転職エージェント)の変更はなく、変更したい場合でも快く変更してくれます。

看護師の体験事例

看護師の体験事例LINEを登録したにもかかわらず、LINEで連絡が来る事はなく、電話が度々かかってきていました。また、電話のたびに担当者も変わっていて、段々と不信感ばかりが募りました。

看護師の体験事例担当者からヒアリングを受け、紹介してもらう時には担当者が変わりました。病欠とのことで仕方ないと思いましたが、面接前のやり取りでまた担当が変わりました。忙しいので、変更したとのことでした。情報が大丈夫かと思いましたが、案の上、希望条件などが間違えており、一からの説明。時間が掛かるため辞めました。

5.担当者からの連絡がなくなる・とにかく遅い

担当者からの連絡がなくなる・とにかく遅い

  • 「条件を伝えると4つ求人を紹介されたが、急いでない旨を伝えると連絡がなくなった」
  • 「連絡希望日を伝えても電話がかかってこない」
  • 「電話面談を言われたのに、すっぽかされ、謝罪もない」
  • 「厳しめの希望条件を伝えるとほったらかしになる」
  • 「連絡が遅く、予定が立たない中転職するのは不安だった」
  • 「連絡が遅いと思ったら手際も悪かった・・・」
  • 「連絡が遅く対応も遅く2倍疲れた」

看護師の転職繁忙期の1月から3月頃によくあるトラブルです。

電話連絡を忘れてしまうのは駄目なことだとは思いますが、謝罪もない看護師転職サイトも存在します。

また、何のための担当コンサルタントか分からなくなってしまう場合が連絡の遅さです。

自分に合わないなと感じたら他の転職サイトを利用してみて下さい。

看護師の体験事例

看護師の体験事例登録しても、問い合わせをしても、1か月辛抱強く待ちましたが・・・・・全く連絡がありません。何度か電話すると「調べて直ぐ電話します。」と言うがいっこうに電話こず。再度電話で「こういう所があるので聞いて見て貰えますか?」と話すと「じゃあ調べて直ぐ電話します。」と言うが連絡は来ない。

看護師の体験事例求人を問い合わせ、電話がかかってきて求人の希望を伝え、直後に言われた通りメールで履歴書と職務経歴書を送って、週明けに登録のための電話での面談をしてから問い合わせた求人が応募可能なため応募に入りましょうと言われ、その後1ヶ月程経ちますが音沙汰なし。

6.情報の違いやウソ!?がある

情報の違いやウソ!?がある

  • 「病院を指定したら、求人は募集していないと担当者に言われたが、病院に問い合わせたら募集していた」
  • 「今年に初めて出た求人だと言われたが、先月入った看護師がすでに退職していた」
  • 「公開している求人を問い合わせると募集していないといわれ、2ヶ月後もそのまま掲載されていた」

情報の間違いは、社内連絡ミスや担当者がその場しのぎの対応をしたことで起こります。

誠実に対応してくれる看護師転職サイトを選ぶべきです。

また、聞いた内容の答えが全く根拠なく適当に返答された場合は、こちらも後々トラブルになり転職失敗になってしまうケースがあります。

担当者を一度変えてみるか、他の看護師転職サイトを利用してみてください。

看護師の体験談事例

看護師の体験事例希望条件も良く、心機一転働けると思っていたのですが、たった3ヶ月で廃業となりました。担当者からは、クリニックでも母体がしっかりしていると言われて入職しましたが、3ヶ月で潰れました。結局、再度転職活動をすることになりました。

看護師の体験事例転職したい病院を相談したとろ、今この病院は埋まっていますので難しいですと言われました。希望していない他のところをお勧めされました。自分でハローワークに行って確かめると、新着情報として転職したい病院の求人情報がありました。この件について指摘すると、「すぐに面接できるようにします!」といわれたが、担当者が信用できないため次の日に断りました。

7.連絡が度を過ぎて”しつこい”

連絡が度を過ぎて”しつこい”

  • 「メールでも電話でも追い掛け回されて疲れた」
  • 「私は仕事をしているので24時間対応ではなく連絡が取れない」
  • 「検討しているというと、電話が嵐のようにかかってきた」

看護師転職サイトを利用した看護師の中で良くあるクレームが「しつこい」ということです。

人によって感じ方は様々ですが”しつこい”看護師転職サイトは存在します。

自分自身に合わないと思ったら、看護師転職サイトを変更しましょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例登録すると電話やメールが執拗にあります、実際に転職の際に利用すると良い求人がなく、しかも紹介時クラスターが発生した病院である事を隠して、その病院を勧められ面接の時にクラスターが発生しベテランナースがまとまって退職されて人欠で困っていると知りました。

看護師の体験事例一度、問い合わせ(登録)を行うと、複数の担当者から日替わりに電話がかかってきます。出ると仕事の状況について聞かれ、電話しないように断っても、またかかってくるので、煩わしくなり転職を辞めることになりました。もちろん、地域性や担当者のことあるかと思いますが、私はあまり良い印象がありません。

8.「ここしかない」とごり押しされる

「ここしかない」とごり押しされる

  • 「半ば強引なごり押しに合いました」
  • 「急いでいないと伝えているのに急ぐ担当者・・・」
  • 「ここを逃したらあなたに合う求人はありません。と言われました」
  • 「病院見学に行ったら面接でした」

看護師転職サイトを利用する場合には、この「ごり押し」が嫌な方も多いと思います。

転職は急いで行って良いものではないため、自分のペースで考えることを意識して利用しましょう。

また、迷うと言うことは情報が足りないと言うことです。情報収集をしっかりと行って選択しましょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例根掘り葉掘り細かい事を聞かれるのもより良い転職をと思い、上から目線のそりが合わない担当者の方にも素直に応じましたが…気乗りしない職場をごり押しされ、入職したがやはり酷い職場ですぐ退職しました。

看護師の体験事例退職したため、新しい仕事を探していました。そのため登録しましたが、残念ながら希望とは程遠い条件の会社を紹介されました。希望が合わないと伝えても、『ここは凄くいい所です』となかば強引に勧められました。結局、紹介された所の希望が合わないとお断りしました。

9.担当者が知らない・又は知ったかぶりをする

担当者が知らない・又は知ったかぶりをする

  • 「知ったかぶりで長々とメールや電話が多かった」
  • 「雇用の法律関係を話されたが私の方が知っていた」
  • 「自信満々の担当者で嫌だった」
  • 「根拠がない提案とトークで、まるめこもうとされた」

看護師資格を取得している皆様の方が知っていることは多いですが、知ったかぶりの担当者に当たる可能性もありますので、注意が必要です。

転職を失敗しないために相性の良い担当者を見つけることも重要です。

看護師の体験事例

看護師の体験事例サイトにて希望する案件に応募したく連絡しても、サイトに掲載している案件を担当者が把握しておらず全く話しが進みませんでした。その後サイト側が薦めてくる医療機関をこちらが希望しないと連絡はなくなりました。

看護師の体験事例一緒に面接行きましたが、先方病院からも相手にされていないように私は感じました。「ボーっと」した男性の担当者でした。

10.紹介された病院・施設は退職者が多い・評判が悪い

紹介された病院・施設は退職者が多い・評判が悪い

  • 「入職後にわかりましたが、劣悪な環境でした」
  • 「誰に聞いても次々と看護師が辞めてしまう病院だった」
  • 「入職前年度に20名の退職者がいた病院だった」

看護師転職サイトから評判が悪い又は、何らかのトラブルがある病院を紹介されるケースもあり、確信犯かと思う場合もあるようです。

転職は任せきりにならず、自分での病院のリサーチも重要になります。

また、こちらの「看護師転職時のブラック病院の10つの見分け方!」を参考に紹介された求人は劣悪な環境ではないかを確認することが大切です。

看護師の体験事例

看護師の体験事例病院とのつながりがどの程度なのかは不明ですが、入職時の条件などは違うことが多すぎます。また、病院の経営状況も全く把握できていない。転職後、担当者に連絡していたのですが、メール、電話での連絡のみですし、電話かけてくると言っていた日に電話もしきません。はじめは親身に話を聞き入職を決めたらそこで終わりのようです。

看護師の体験事例条件など調べればわかるものばかりで、実際に働いている人の話もなくこちらの転職サイトを利用する利点がなかったように思います。紹介してもらった所で面接に行く前に友人から良くない噂を聞いたので面接を辞退したい旨を伝えたが、行ってみて変わるかもしれないからと、こちらの気持ちを考えていないような対応でした。

11.入職後のトラブルは一切関与してくれない

入職後のトラブルは一切関与してくれない

  • 「内定決まったら各手続等をフォローするといわれたが、何も連絡がない」
  • 「内定後の聞きにくい質問を何もしてくれなかった」
  • 「関与ができないのは分かるけど、無視されるのはひどい」
  • 「問題点があっても相談にも乗ってくれず」

内定後のサポートがまったくない看護師転職サイトはあります。

また、面接で話したことも含め、しっかりと書面で雇用契約書(又は労働条件通知書)を貰うことや、少しとまどいを感じたら内定をもらった病院・施設でも入職を断りましょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例入職までの対応はとても親切で満足したのですが、入職後の電話対応は最悪でした。不安に思っていることを相談しても、「それはしょうがない」といった感じで、全然親身になってくれませんでした。向こうからかけてきたのに、そういう態度だったら、電話かけてきてほしくなかったです。余計に不安になり、ストレスでした。

看護師の体験事例紹介された求人は、どう考えても給与が低いものでしたが交渉すると言って入職。しかし、求人先に交渉をするとそれは難しいといった回答で、結局給与交渉はできませんでした。

12.親身になってくれない

親身になってくれない

  • 「あなたの見方だと難しいと言われた」
  • 「年齢をかなり指摘されて、自信がなくなった」

「親身」という表現が難しいですが、相性が合わない担当者などは変更するか、看護師転職サイトを変えてみましょう。

担当者も人のため、合う・合わないなどは必ず存在します。

また、そっけない対応や転職を任すことが出来ないと感じたら、きっぱりと看護師転職サイトを変更しましょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例育児の合間に働こうと思い、非常勤希望と伝えると急に態度が素っ気なく変わる。メールでもご希望に添える求人はございませんでした、と事務的な返信のみ。非常勤は求人少ないのもわかりますが、明らかに態度が変わり過ぎて気分悪くなりました。

看護師の体験事例スキルアップのため、今出ている求人について新規登録後、問い合わせしました。電話がかかってきて、転職時期や地域を聞かれました。すぐに辞められる職場ではないため、半年から1年先と答えると「すぐに就職できる方でないと募集はありません」「今、こちらには募集要項はありませんね」とひややかな対応。看護師転職サイトなのに相談も何もできませんでした。

13.一定のサービスを受けることができない

  • 「面接同行しますと言われたのに1人で行かされて引いた」
  • 「希望条件による求人のマッチングではなく、闇雲に募集している病院を紹介された」

看護師転職サイトは各社によって多少のサービス面の違いがありますし、各会社特徴も異なります。

ただ、看護師に伝えられたことや、公式ホームページに記載があるサービスを守らない看護師転職サイトも残念ながら存在しますので、しっかりと確認しながら転職を行いましょう。

看護師の体験事例

看護師の体験事例初回の担当者から昼食時や20時すぎなども含めてかなり頻回に電話があり、しつこい印象を持ちました。紹介してくださった施設も、ただ条件に合うというだけで実際には看護師を募集しておらず、不信感をもちました。とにかく契約してほしいという強引な印象が伝わり、希望に合わない施設でもこちらに確認せずに面接予約をされ、「もう少し考えたい」旨を伝えると逆ギレのような反応がきて不快感をもちました。

看護師の体験事例勝手に面接の予定を組まされた。もう連絡しないで欲しいと言ったのにショートメールが延々に届きます。電話も20時以降と非常識な時間にかけてきます。あまり利用したくない転職会社としてとても印象に残っています。

関連リンク

看護師転職サイト

良くある質問

はい、各看護師転職サイトのカスタマーセンターに連絡し、希望を伝えることで担当変更可能です。

自分と相性が悪いと感じたらすぐに変更を行いましょう。

また、他社も合わせて利用し、比較すると良いでしょう。

一般的にインターネット上や求人雑誌・広告などで掲載を行っていない求人のことを指します。

看護師転職サイトの非公開求人は応募が殺到する人気求人や条件が良い求人の場合もあり、詳しくは「看護師転職サイトの非公開求人とは?非公開になる理由と裏側について」を確認してください。

看護師転職サイト(看護師専用の転職エージェント)では、転職支援金やお祝い金を貰えるサイトありません

「転職お祝い金」「就職お祝い金」「支援金」などのこれらに関する名目で転職会社側から金銭等を看護師に提供して求人の申し込み勧誘を行うことが2021年4月から禁止されています。

さらに詳しい情報は「看護師転職サイトの転職お祝い金・支援金が貰えるサイトはあるの?」で確認をお願いいたします。

看護師転職サイトの退会は、専用の退会フォームから行うことが可能です。

また、利用を辞めたい場合は看護師転職サイトの担当者に連絡することでも退会が可能です。

はい、可能です。

看護師、准看護師、保健師、助産師の資格保有者は看護師転職サイトを利用することが出来ます。

また、働きながら転職活動をする際にも利用できます。

まとめ

看護師転職サイトの一般的な転職支援サービスは、看護師が利用する前に是非知っておいてほしい情報です。

サービス面を知ることで、看護師転職サイトを比較することや、サービスの良し悪しが分かりやすくなります

また、誰もが看護師転職サイトを利用し、うまく転職活動が出来るわけではありません。

使った方が良い場合、使わない方が良い場合を理解し、有意義な転職活動を行いましょう。

おすすめ

最新コンテンツ