30代看護師の転職注意点!平均年収から多い転職理由とは?

30代看護師の転職注意点!平均年収から多い転職理由とは?

30代の看護師になると結婚や子育てなどライフスタイルの変化が見られてきたり、職場では責任ある立場を任されて上と下の板挟みで人間関係に悩まされたりと転職のきっかけが増えてくるものではないでしょうか。

自分に合った働き方を求めて転職を考えるようになるのが30代の看護師となり、まだまだ遅くないキャリアアップへの道からブランクあり方の職場復帰まで悩みが多いと言えます。

ここでは、30代看護師の平均年収・平均給与から転職や復職の注意点をまとめています。

看護師転職サイトランキング

30代看護師の平均年収や平均給与

30代看護師の平均年収や平均給与

30代の看護師として転職を考える前に、現在の看護師の平均年収を確認しておきましょう。平均年収や平均給与を確認する理由としては、転職時の指標になるからです。

(データはすべて厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」より抜粋しています。また、年収の計算方法は「所定内の給与金額×12+年間賞与、その他特別給与額」となります。)

 

30代前半(30歳~34歳)看護師の平均年収・平均給与

平均年収4,506,000円
平均給与305,100円
平均賞与844,800円

30代前半で看護師経験年数1年未満の場合

平均年収3,307,200円
平均給与269,200円
平均賞与768,000円

30代前半で看護師経験年数1年から4年

平均年収4,122,400円
平均給与278,100円
平均賞与785,200円

30代前半で看護師経験年数5年から9年

平均年収4,523,500円
平均給与305,700円
平均賞与855,100円

30代前半で看護師経験年数10年から14年

平均年収4,791,400円
平均給与319,400円
平均賞与958,600円

 

30代後半(35歳~39歳)看護師の平均年収・平均給与

平均年収4,661,800円
平均給与318,000円
平均賞与845,800円

30代後半で看護師経験年数1年未満の場合

平均年収3,446,500円
平均給与283,000円
平均賞与505,000円

30代後半で看護師経験年数1年から4年

平均年収4,051,900円
平均給与282,200円
平均賞与665,500円

30代後半で看護師経験年数5年から9年

平均年収4,414,300円
平均給与305,700円
平均賞与745,900円

30代後半で看護師経験年数10年から14年

平均年収5,033,900円
平均給与334,400円
平均賞与1,021,100円

30代後半で看護師経験年数15年以上

平均年収5,148,300円
平均給与343,700円
平均賞与1,023,900円

 

30代看護師に多い転職理由とは?

30代看護師に多い転職理由とは?

30代の看護師は雇用側にとっては病院でも介護施設でも即戦力の看護師として重宝される年代と言えます。

看護師として一人前である事はもちろん、後輩への指導役割やチーム内のリーダー役割、管理者と若手の間に立ちチームの潤滑油の役割などが期待されやすいですが、看護師の転職では30代での転職が多く、以下のような転職理由が考えられます。

主に、向上心や職場への不満、ライフスタイルの変化などが30代看護師に多い転職となります。

 

妊娠・出産・結婚に伴う転職

妊娠や出産のライフスタイルの変化にともない30代で転職する看護師が多いと言えます。

また、1人目の子どもでは復職したものの、2人目、3人目の子どもが生まれ、現在の勤務体系では難しくなったと言う場合も多いです。

主に子育てに伴う家庭との両立が転職理由となります。

特に都心部の看護師であれば30代で結婚する看護師は多いと言えます。さらに、20代で結婚をし、夫の転勤に伴い転職を余儀なくされる場合が多いと言えます。

結婚後の働き方を考えて転職する看護師が多いと言えます。

 

家庭との両立による転職

30代の看護師は、育児、子どもの教育、介護、夫のサポートなど様々な家庭環境が変化する年代です。幸せな家庭を守っていくために、より家庭と両立しやすい働き方を求め転職する場合が多いと言えます。

例えば病院などに勤務している場合、中堅の役職をあたえられている場合が多く、自分だけが「早く帰りたい」「休日にまで病院に行かなければいけないのは困る」と言うのは苦しいものですし、残業や休日の勉強会への参加などが負担になります。

 

勤務体系や残業の負担

30代の看護師の中で特に後半になると夜勤がとても辛くなります。また、毎日2時間や3時間も残業がある場合は体を壊しかねません。

  • 夜勤の無い職場で働く
  • 定時で帰れるような職場で働く
  • 育児のため、午前中だけの勤務へ変える
  • 身体的に余裕のもてる職場へ転職する

以上のようなことを考えるようになり、転職が頭をよぎり始めます。

また、小さな子どもがいる場合、例え院内保育や夜間保育を利用したとしても、残業が多いと働き続けることが難しくなって、最終的に辞めてしまうことも多いです。

さらに、年齢を重ねていくにあたって、この忙しさの中で働き続ける必要もないので、もう少し忙しく無い病院へ移ろうかと考え、転職について考えるようになります。

 

さらなるキャリアアップのため

30代の看護師になると、専門看護師や認定看護師を目指すスペシャリストか、幅広い知識で師長や看護部長などを目指すジェネラリストかのキャリアアップを思い描くようになります。

  • 主任や師長を目指してやっていくのか
  • 認定看護師や専門看護師等をとっていくのか、
  • 何かしらの専門性をもっと高めていくのか
  • 訪問看護など地域の分野へ転身するのか

以上のようなキャリアアップについて様々な考えをめぐらせ、転職を検討するようになります。

スペシャリストの資格を目指す場合は、サポートが受けられる病院に勤務することが必要となりますし、看護部長や師長を目指す場合でも上が詰まっている場合は施設や病院の変更を検討するようになります。

 

人間関係に疲れたため

20代の頃より、30代の方が人間関係に疲れる場合が多いと言えます。

理由としては、多くの年代が勤務している病院などでは、上からと下からの年代からの板挟みになりやすいからという理由です。

また、ベテラン看護師に近づいていることもあり、職場の中でも中核をなすようになり、求められる役割も増え、負う責任も大きくなってきます。面倒臭く感じる看護師も多く、退職・転職理由の1つになります。

 

仕事内容や待遇への不満

30代の看護師の場合、長く病院・施設に勤務している場合や、他の病院などを経験していることから、仕事内容への不満や自身の待遇に関しての不満が出やすい年代と言えます。

さらに、新卒からずっと病院に勤めていたとしても、20代と30代の給与にそこまで差が出ないことから、給与や年収アップのために転職を考える看護師も多いです。

また、別の組織で仕事をしている看護師と比較した時に自分の給料の低さに気づくことや、30代の看護師になると他の医療職種に追いつかれたり、抜かれたりする事もあります。

 

30代の看護師転職で注意すべきこと

30代の看護師転職で注意すべきこと

30代の看護師転職で注意しなければならないことを私の経験も含めてご紹介します。

 

一時の感情で転職先を決めないこと

例えば、同じところに10年以上勤めていた場合や20代で転職をして職場の変更を30代で考えている場合など、疲労やストレスが蓄積している可能性があります。

そのため、今いる職場の色々なことが不満に思えるため、「とにかく現状を変えられる職場ならどこでもいい!」と考えてしまう場合もあります。

明確なキャリアアップや結婚のためなど、明確なものがあれば問題ありませんが、今勤めている病院を本当に辞める必要性があるのか、一時の感情で決めずに冷静によく考えた方が良いでしょう。

私自身、病院を辞める際に、当時の師長に「キャリアが途切れるわよ」と引き止められたことがありました。そのときは、キャリアなんてと思いましたが、今になってみると、もしあの時に辞めなかったら、ちがう看護師人生があったかもしれないと思うことはあります。

自分の将来性考える

看護師として働く上で報酬としてもらう「給与の金額」は大事な条件の1つです。しかし、30代の転職の場合、どのような職場に転職するかによって、今後の看護師人生を左右してくるとも言えます。

そのため、

  • 看護師としてずっと働ける職場
  • 将来的にキャリアアップできる職場
  • 自分が目指す看護が行える職場

など、年収や給料は一度考えずに将来性を考えながら職場を探してみましょう。

 

自分の看護師としてのキャリアを一度考える

自分の専門分野が定まることや、管理職の道を歩み始めたりするのも30代の看護師の特徴です。この年代は雇用側にとっては即戦力として期待できるため、看護師求人自体はたくさんあると言えます。

例えば以下のようなことを考えてみてください。

  • どんな分野で自分は働き続けたいのか
  • 看護師としてずっと働ける職場が良いのか
  • 自分が目指す看護が行える職場が良いのか
  • 何を大切にして仕事を行っていくのか
  • 看護師としてどのような働き方をしていきたいのか
  • あなたの仕事への活力は何から来ているのか

30代は、これまで平気で夜勤をこなしてきた看護師も、少しずつ体力の低下を感じ始める年代です。管理職やスペシャリストとして働く以外に、ジェネラリストとして色々な分野を経験し続けるのももちろん働き方の一つです。

家族と相談しライフプランも考えること

また、30代の看護師はすでにパートナーや子どもがいる場合が多いと言えます。そのため、自分だけではなく家族のライフプランを考えながら自分の働き方を検討する必要があります。

例えば、以下のようなことを考えてみましょう。

  • 何年後に子どもが何歳になり、そうすると自分はどんな働き方ができそうか
  • 子どもが中高生になってくると教育費が掛かりそうだ
  • 子どもができる可能性があること
  • パートナーのキャリアプランなどを考慮し確認する

プランはあくまでもプランではありますが、実際に考えてみると自分のキャリアプランも考えやすくなるでしょう。

 

キャリアアップ転職は「希望」を伝えること

例えば、30代の看護師で転職によって「主任や師長になりたい」「認定看護師を取って活躍していきたい」等のキャリアアップを考えている場合、面接で自分の希望をはっきりと伝える必要があります

理由としては、自分の希望が通る環境があるのかどうかや、キャリアアップ転職でキャリアを積んで行こうと考える場合には、転職を繰り返さない方が良いからです。

そのため、転職先と自分自身に相違がないように、面接では自分がどのようにキャリアアップしていきたいと考えているのか、必ず伝えるようにしましょう。

転職先でどのように活躍できるのかも伝えよう

キャリアアップ転職を望まない場合でも、30代の看護師は雇用先に即戦力として見られてしまいます

何が出来るか、どのように活躍できるのかのアピールも重要ですが、出来ないことはできないと伝えることが大切です。

 

福利厚生はとても大切になること

30代の看護師として、転職を多く行っている場合は気づくかもしれませんが、ずっと同じ病院(特に大規模)で働いていた場合、「病院勤務は福利厚生が整っていて当たり前」と思ってしまう方もいます。

しかし、それまで当たり前だと思っていた「福利厚生」が、転職先の病院や施設では当たり前では無くなることがあります。

例えば以下のような福利厚生も確認しましょう。

  • 産休・育休が十分とれるのか
  • 子供がいながらも長く働いている看護師がこれまでにいるのか
  • 短時間正職員制度はあるのか等

そのため、これまで福利厚生が整っている病院で働いていた看護師は、希望する福利厚生の制度は十分整っているか、細かく確認した方が良いでしょう。

 

30代看護師で復職を希望する場合の注意点

30代看護師で復職を希望する場合の注意点

30代の看護師になるとそろそろ復職を考える年代にもなってきます。例えば、実際に子どもが幼稚園や小学校に行っている間に仕事をしようと考える看護師も多いです。

おそらく初めての復職になるため、注意点をいくつかご紹介します。

 

看護師の復職には家庭の協力が不可欠であること

私の経験からですが、看護師として復職する際には家族の協力が不可欠だと考えています。

今まで家事や育児はほとんど一人でこなしてきたことも、看護師として復職をすれば出来ないことも多々出てくるため、そんな時に頼りたいのが夫や家族です。

実際に仕事を始めてしまうと、朝もバタバタ、仕事から帰宅してから夕食作りや洗濯物など家でも休まる暇がなかなかありません。何もかも一人でやらなければならない状況は、心身ともに疲れてしまい、復職が失敗するケースが多いと言えます。

そのため、なるべく自分自身のストレスを減らすため家族への相談、協力をお願いすることをお勧めします。

 

子育てや家庭に負担のない働き方から始めること

多くの看護師は、復職すると決めたときまず「正社員」か「パート・アルバイト」などの雇用形態で悩みます。子育て中のママ看護師が働きやすい職場では「夜勤がない」「残業が少ない」「子供の突然の病気で休みがとりやすい」といったところではないでしょうか。

特に子育て中の場合は子どもを優先的に考えれば、パート・アルバイトから働き始めていくことをお勧めします。

パートで働き始めて数年も経てば、子供は段々と自分のことが出来るようになり手がかからなくなってきます。その時に正社員を考えるのも遅くはありません。

大きな病院などは、パートでの働きぶりで優遇されることもあります。子供のかわいい時期を仕事で見失うことがないように、少し先のことまで計画を立ててみることも大切です。

 

無理はしないこと

看護師に復職をすることで大切にしていきたいことは、無理をしないということです。働き始めて慣れてくると、無理なことを頼まれてしまうことや、自分自身無理をしてしまうことがあります。

出来ないこと出来ることを自分で決め、仕事の負担は、そのまま家庭の負担となることを忘れないでください。

自分に無理をしない働き方こそ長く続けるコツだと私は思います。

また、看護師としてのブランク期間が長い場合は、比較的「医療行為」が少ない職場を選ぶことをとお勧めします。実務経験が数年あれば徐々に仕事にも慣れてきますので、落ち着いて仕事に取り組むことが大切です。

 

30代看護師の転職は人気の転職会社を利用する

30代看護師の転職は人気の転職会社を利用する

看護師専用の転職サイト・求人サイトは多くの場合、エージェントタイプの転職会社が多いと言えます。エージェントタイプの転職会社は、利用する看護師は無料で転職完了までサービスが受けられ、転職後のアフターフォローも行ってくれます

 

転職会社をお勧めする理由

以下でご紹介する看護師専用の転職サイトは、利用する看護師が希望条件を伝え、履歴書の作成・面接を行うのみの作業で転職が完了し、働きながら看護師転職を行うことや、家事や育児をしながら転職活動をスムーズに行うことが可能なためです。

(無料会員登録を行うことで、転職完了まで完全無料でサポートしてくれます。)

また、転職サイトであれば、どれでも良いという訳ではありません。「看護師専用の転職サイト・求人サイト」は多くありますが、以下で30代の看護師にお勧めの転職会社をご紹介します。

30代の看護師は転職会社を利用するケースが多いですが、担当者の態度や話し方、やり取りに不満を持つ場合が多いです。だからこそ、お勧めする理由としては、以下の通りです。

  • 病院や施設系の求人が豊富であること
  • 担当者の対応がしっかりとしていること
  • 細かな希望条件でも探してくれること
  • 全国で対応できること

以上の条件でお勧めの転職会社をピックアップしました。

地域によって多少求人に偏りがあるため、出来れば3社は同時登録をしながら、転職活動を進めてみてください。

また、特に地方の場合などは「ハローワークの看護師求人」にも多く求人が出回りますので、合わせてチェックすることをお勧めします。

 

30代看護師に人気の転職会社

マイナビ看護師

マイナビ看護師

担当者がとても丁寧なため、利用する看護師に人気がある転職サイトです。ただ、地域によっては求人数が少ない場合もあるため、希望条件に合う求人が見つからない可能性もあるため、注意してください。

他の転職会社と並行して進めることが一番良いと思います。

 

看護のお仕事

看護のお仕事

大規模、小規模病院やクリニック、施設や企業などの求人が、どの転職サイトよりも豊富にあります。かなり厳しい希望条件以外は見つかります。

また、病院などを検討している場合は、担当者が院内情報を把握、又は確認してくれるので、メリット・デメリットを聞くことが可能です。

 

ナースではたらこ

ナースではたらこ

こちらもマイナビ看護師同様に、担当者が丁寧で人気が高いと言えます。

また、「ナースではたらこ」の特徴として、気になる病院や勤務したいと考える病院があり、求人がなかった場合でも担当者を通じて交渉してくれる「逆指名転職」という対応も行ってくれます。

転職後のアフターフォローも含め、看護師の転職支援サービスとしてはとても充実しています。

 

30代の看護師は雇用側にどのように見られるか?

30代の看護師は雇用側にどのように見られるか?

30代の看護師転職は、雇用される病院や施設等にどのように見られているのでしょうか。

以下を確認しながら転職活動をスムーズに行いましょう。

 

即戦力だと思われる

30代の看護師は経験、未経験の有無に関わらず、まずは即戦力だと判断されることが多いと言えます。(例えば病棟で経験があれば、施設看護師は大丈夫だと思われる。)

また、多少のブランクがあった場合でも、そのような評価が変わらない可能性があるため注意が必要です。

経験分野は有利になり、未経験分野にチャレンジするなら早めに!

雇用側としては、これまで経験してきたことを生かしてもらえればより即戦力と考えるため、転職はかなり有利となり好条件で決まる場合も多いです。

より良い条件を求めるのであれば、今までの看護経験が活かせる職場を選ぶと良いでしょう。

また、新しい分野であれば、なるべく早めに経験を積んだ方が良いため、即戦力になるか分からない旨をしっかりと伝え、チャレンジしましょう。

 

既婚の30代女性看護師の場合

既婚女性看護師で育児中の場合は、一般的にはキャリアダウンの時期と言え、雇用側もそのように見る場合が多いです。

いわゆる「バリバリと仕事をこなす」のは困難な事が多く「できるだけ残業を避けたい」「家庭を一番に考えたい」「急な休みが取りやすい職場が良い」という看護師が多いと、雇用側は考えています。

そのため、残業が出来ない旨などは言いにくいかもしれませんが、しっかりと伝えることで後々トラブルが少ないと言えます。

もちろんこれは一般論で、各自がどれほど仕事に取り組みたいか、現実的に夫や祖父母などの協力者にどれほど依頼できるかで状況が変わってきます。

また、現在育児中でなくとも、夫の転勤のような本人以外の問題や、今後の妊娠・出産で仕事に影響する可能性はあると雇用側は捉えています。

 

30代の未婚の女性看護師の場合

30代未婚という事であれば、現時点ではこれまでの経験を活かしてバリバリと働く事を期待されるでしょう。

しかし、一般的な30代前半女性と同様に、いつ結婚・出産といったライフイベントが生じるかわからないとも雇用側は捉えています

そのため、クリニックなどの場合は面接時にそのようなことを聞かれる可能性もあり、回答を準備しておいた方が良いでしょう。急に事情が変わる事は誰しもありますが、現時点での状況は率直に伝えておきましょう。

 

30代の男性看護師の場合

30代の看護師の場合、雇用側も基本的に男性看護師の転職はキャリアアップを目指したものであると捉え、組織に根ざして長く働く事を期待します。

また、今までのキャリアを変更するため、前職をなぜ退職したのかは必ず詳しく聞かれるので準備しておいた方が良いでしょう。

ただ、これはあくまでも雇用側の捉え方ですので、男性看護師といえ家族など周辺の事情や今後のキャリアビジョンについて率直に雇用側に伝える事は女性看護師と変わりありません。

 

最後に

最後に

ライフスタイルの変化に伴い30代で転職活動を行う看護師は多いと言えます。

初めて転職活動を行う方もいれば、複数回転職を行っている方もいらっしゃると思いますが、当記事の転職注意点を確認して、自分自身に合った転職を行ってみてください

30代前半(30歳~34歳)の看護師は、ライフイベントがありかつ、自分のキャリアプランにも悩む年代です。30代後半(35歳~39歳)は、今後看護師としてどのようなビジョンを持って仕事に取り組んでいくのかを考える年代でもあります。

こちらの記事で記載したことで、すべてが解消されるわけではありませんが、参考にしながら他の看護師の方の記事も参考にしてみてください。

是非、あなたに合った働き方や看護師のキャリアプランを見つけてください。

この記事はお役に立ちましたか?

PR:看護師が評価した転職サイト

看護師転職サイト

転職会社を利用した看護師の方の口コミで利用しやすい看護師転職サイトをご紹介しています。是非、評判の良い転職会社を利用しましょう!



この記事を書いた人

看護師監修者・執筆者について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。