お礼奉公中に他の病院へ看護師として転職や退職するのは可能?

お礼奉公中に他の病院へ看護師として転職や退職するのは可能?

看護師の業界ならではの制度になっている「お礼奉公」ですが、このお礼奉公は、3〜5年、学費を負担してくれた病院へ務めることが約束事になっています。

お礼奉公中に他の病院へ看護師として転職や退職するのは可能でしょうか?

実際には労働基準法の観点から、お礼奉公中に退職することは可能です。

もちろん、この観点から転職を行うことも可能ですが、大抵の人が現実的には転職せずに働き続けるということがほとんどではないでしょうか。

以下では、お礼奉公中に他の病院へ看護師として転職や退職するのは可能かどうかを詳しく説明していきます。

1.お礼奉公の一般的な仕組み

お礼奉公は、病院側が将来の看護師として働く人材を確保するために、看護師学校への学費を肩代わりしてくれる仕組みです。

奨学金と同じような仕組みですが、無事、学生が看護師となり、学費を払ってくれた病院で3〜5年勤めれば、学費の返納は必要なくなります。

将来、その病院での仕事を勤め上げれば、学費は実質免除となるこのお礼奉公の制度は、昔は他の業界でも行われることがありました。

しかし、最近ではほとんど行われていません。

お礼奉公の制度は、看護師業界だけに残っている制度と言ってもいいでしょう。

お礼奉公をしなければならない期間は、多くの病院が奨学金を借りた年数分としている場合が多いです。

自分が勤めていた病院も例にもれず借りた年数分だけ働かなければならないという決まりです。

多くの看護師が1年生のうちに奨学金を借り、3年間借り続けるという場合が多く、3年間お礼奉公をするという看護師が大半となります。

ちなみに私はこのお礼奉公の制度が嫌でしたが、3年生になり実習や国家試験勉強との両立が難しくなったため、最後の1年間だけ奨学金を借りました。

そのため、お礼奉公の期間は他の看護師よりも短い1年間で済ますことができました。

 

2.お礼奉公に関する労働基準法について

看護師のお礼奉公に関して、関連する労働基準法をご紹介します。

以下のことから、看護師がお礼奉公中に退職することが可能と結論付けることが出来ます。

 

(1)労働契約期間3年を超える期間は契約出来ない

労働基準法第14条では、労働期間に定めがないものを除き、3年を超える期間について条件などにする雇用契約を結べないことになっています。

しかし、例外として以下の場合は5年を超える契約期間となります。

  1. 博士の学位(外国において授与されたこれに該当する学位を含む)を有する者
  2. 専門的な知識、技術又は経験であって高度のものとして厚生労働大臣が定める基準に該当する専門的知識等を有する労働者との間に締結される労働契約
  3. 満60歳以上の労働者との間に締結される労働契約

以上のような定義をされています。

2番目の「専門的な知識、技術又は経験」が看護師にとっては気になりますが、資格としては主に「公認会計士、医師、歯科医師、獣医師、弁護士、一級建築士、税理士、薬剤師、社会保険労務士、不動産鑑定士、技術士、弁理士」が該当し、例外には看護師は該当しません

そのため、看護師と雇用契約を結べる期間としては最大3年間となり、「4年、5年などの働く約束をお行っている病院」などは、労働基準法に違反している可能性があります。

 

(2)違約金や損害賠償額を予定する労働契約はできない

労働基準法第16条には、使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

以上のように記載されています。

上記のことにより、お礼奉公中の看護師が退職を申し出た場合に違約金や損害賠償金などを決めた労働契約を結ぶことを禁止しています。

お礼奉公の制度の際に申し込んだ契約書などを改めて確認しておきましょう。

 

3.もし、お礼奉公の期間に転職したくなった場合

もし、お礼奉公の期間に転職したくなった場合でも、先ほどお伝えしたように退職することは可能です。

例えば、

  • お礼奉公中に退職する場合には奨学金を即時返還すること
  • お礼奉公中に退職する場合には違約金を支払うこと

等を決められていた場合でも、先ほど説明した労働基準法16条の労働契約の不履行について違約金を定めることが出来ません

しかし、盲点として看護学校などの費用を「純粋な金銭貸借(お金の貸し借り)」であれば、返済する義務があります。

そのため、自身のお礼奉公の契約書を確認し、病院側としっかりと話し合うことをお勧めします。

例えば、奨学金の返済は行い、一分を即時返還ではなく分割でお願いできる場合などがありますし、奨学金の返済が不要の場合もあります。

 

最後に

参考資料にもあるように、お礼奉公で裁判となるケースもあります。

奨学金の返済が不要になったケースや、一分のみ返納したケースなどが存在しますが、まずはお世話になった病院と一度話し合いをすることが大切だと言えます。

もし、本格的なトラブルとなった場合は専門の弁護士等にも相談することを検討しましょう。

また、看護師専用の転職サイトなどのコンサルタントやエージェントなどの方は相談に乗ってくれるケースが多く、一度相談することも一つの手です。

おススメの看護師転職サイト

看護のお仕事
働く前にどんな職場かよくわかる!リアルが分かる転職
4.04
[口コミ27件]

ナースではたらこ
看護師さん・医療従事者の皆さまに感謝し、医療現場を応援します
4.0
[口コミ28件]

マイナビ看護師
ベストな転職を叶えるために。本音で話せるパートナー
3.7
[口コミ27件]

この記事を書いた人

看護師監修者・執筆者について


この記事はお役に立ちましたか?

コメントを残す

内容へのご意見、ご感想を是非、お願いいたします。