看護師が新しい職場・転職先に慣れるまでの期間は?私の体験談

看護師が新しい職場・転職先に慣れるまでの期間は?私の体験談
画像:shutterstock

看護師として転職先が決まると、「やっと転職活動が終わった」とほっとしてしまうのが一般的ではないでしょうか。

実際に私は看護学校を卒業後、新しい勤務先を1年ほどで退職し、転職を経験しました。その時感じたことは、転職先を見つけること以上に転職先で慣れることの方がとても大変だと痛感しました。

私の体験談を元に、看護師が新しい職場で慣れるためのコツをご紹介していきます。

【執筆した看護師のプロフィール】

山村真子 看護師
山村 真子 看護師資格確認済み
  • 東京都/32歳
  • 病棟経験:大学病院、総合病院
  • その他施設:デイサービス、ツアーナース、イベントナース、特別養護老人ホーム、訪問入浴、外来(整形外科)、健診センター、有料老人ホーム
  • 診療科経験:脳神経科、循環器科、内分泌科、一般内科、血液内科、腎臓内科、老年精神科(療養型)
看護短大にて看護師資格を取得後、大学病院に1年、総合病院に7年勤務し、その後様々な分野を経験。現在は看護師ライターとして活躍中。

1.私が新しい職場に慣れるまでに要した期間

私が新しい職場に慣れるまでに要した期間

画像:shutterstock

看護師として自身の転職経験から、新しい職場に慣れるまでの期間は「最低でも1ヶ月」はかかると感じます。

看護師が新しい職場に慣れるまでの期間を1ヶ月間に分けて体験談とともに説明していきます。

 

(1)入職1週目の体験談

配属後、2~3日は師長(上司)の元、病棟の案内や一日の流れの説明、そして入院患者さんの情報収集などに多くの時間が使われることが一般的ではないでしょうか。

病棟勤務が決まっている場合などでも入職1週目は病棟に在籍していますが、まだ病棟の流れを把握できていないため、業務を行うことはない場合が多いと言えます。しかし、即戦力で採用されている場合は、入職後1週目からバリバリ働く看護師の方もいます。

看護師の体験談

私が転職した病院では、1週目後半からは少しずつ職員のシャドーイングを行い、病棟全体の動きを覚えていきました。

1週目は受け持ちをもたないか、持ったとしても比較的軽症な方を受け持つ程度で、まだ本格的な勤務とはいえない期間でした。

 

(2)入職2週目の体験談

2週目は、患者さんの名前と疾患名が一致しないだけでなく、配属された診療科の特徴(例:循環器は多数のモニター管理、整形外科はトイレ介助の多さなど)にも慣れなくてはいけないため、まだまだ一人で業務をこなすことは一般的にできません

また、患者さんを受け持つことで少しずつ「病棟で働くにあたり最低限身に付けるべき知識」がわかってくるので、この時期になると仕事の後も勉強等自己学習が必要となってきます。

看護師の体験談

私の経験ですが、慣れない仕事内容と自己学習により、この時期はかなり大変だといえます。

また、同僚看護師とともに何名か患者を受け持ちながら、仕事を行っていきました。

 

(3)入職3週目の体験談

入職3週目になると、患者への清潔ケアや食事介助など、職員全員で行う仕事や業務についてはおおまかに把握できるようになるため、自分から「介助に行きましょうか」「先に陰洗へ行ってきます」等、自分で判断して動くことができるようになってきます。

「自分で判断して動けるようになる」という部分が増えることで、少しずつ「自分も職員として働けている」という自己肯定ができるようになり、自信につなげることができ、慣れることにつながります。

看護師の体験談

転職直後は「早く職員の一人として働きたい」という焦る気持ちと「でも、どう動いていいかわからない」という戸惑いが交互に現れ、もどかしい気持ちになりがちです。

私の体験ですが3週目の勤務では、1日あたり受け持つ人数が少しずつ増えてくるとともに、患者さんの容態も軽症の方中心から、容体が安定していない方まで、より広い範囲の患者さんを受け持つようになりました。

 

(4)入職4週目の体験談

入職4週目になると患者さんの受け持ち人数も増える一方、仕事についてわからないことが出てきたとしても、「誰に話しかけるべきか」「誰に相談すべきか」など、職場内での人間関係もわかってくるため、仕事そのものがしやすくなります。

また、周囲も仕事を勧める上で話しかけてくれる機会が多くなり、コミュニケーションも取りやすくなるため、この時期になって初めて「少しずつ、慣れてきたかな」と実感できるようになります。

看護師の体験談

私の場合、4週目になると患者さんの名前と症状がある程度把握できるようになり、この頃になるとナースコール対応もできるようになりました。

 

2.新しい職場に早く慣れるためのコツ

新しい職場に早く慣れるためのコツ

画像:shutterstock

  • 「もう1ヶ月以上たったけど、新しい職場に慣れた実感が全然ない。」
  • 「あまりにも環境が違い過ぎるから、慣れるまでまだまだ時間がかかりそう」

と感じる看護師もいるのではないでしょうか。

私の体験談を元に、新しい職場に早く慣れるためのコツをご紹介したいと思います。

また、まだ新しい職場に勤務していない看護師の方は「看護師転職で新しい職場で最高のスタートをきるための4つのポイント」も参考にしてください。

 

(1)仕事や業務に早く慣れること

仕事や業務に早く慣れること

画像:shutterstock

新しい職場や転職先に慣れないと感じる原因の一つとして「仕事内容・業務内容」が挙げられ、職場に慣れるためには早く業務等を覚える必要があります。

仕事や業務に早く慣れるためには、

  • 郷に入っては郷に従うこと
  • 職場のマニュアルを読み込むこと

などで意外にすんなりと解決する場合があり、それぞれ詳しく説明していきます。

 

郷に入っては郷に従うこと

仕事や業務になかなか慣れない、という方の多くは、「これまで自分が経験してきた仕事」が根本にあり、その仕事内容を元に行動を起こしています。

よって「郷に入っては郷に従え」ということわざのように、これまで自分が経験してきた仕事内容はいったん頭の隅に置き、一から転職先の仕事内容を吸収することを意識してみることをお勧めします。

「なんでこの職場はこんな業務をしているのだろう」と否定や疑問など、負の感情として受け止めるのではなく、「ここの職場ではこうやって業務を行っているのだ」と負の感情をもたずにまずは一度自分の中で受け止めることが大切です。

 

職場のマニュアルを読み込む

看護師の転職によって困ることの一つに「職場によって同じ処置であっても手技が違う」ということが挙げられます。

この違いに「どっちが正しいのだろう」と疑問に持ってしまえばしまうほど、業務に慣れるまでには時間を要してしまいます。そこでお勧めしたいのが、「職場の看護手技マニュアルを読み込む」ことです。

ある程度、どの職場でも看護手技についてのマニュアルが病棟毎に設置されているはずです。

新人看護師でもないのに、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、転職先のマニュアルを読み込むことで、「そうか、この手技はこういったエビデンスがあるからこの病院ではこの手技なのだ」と根拠を確認することができます。

 

(2)なるべく職場内で勉強すること

なるべく職場内で勉強すること

画像:shutterstock

看護師という職業柄、今までに経験したことのない診療科へ配属されることもあります。

よって早く職場に慣れるためには診療科についての自己学習は欠かせませんが、私は自己学習をあえて上司に許可を得た上で、カンファレンス室など職場内で行うようにして「早く慣れる気持ちがあることをアピール」していました。

そして何より、わからない部分があれば、手の空いている先輩へ質問することができ、質問を通してコミュニケーションを取ることもできるので、お勧めです。

また、予め用意した参考書の他に、病棟に置いてある書籍、そして何より現在入院している患者さんの実際の経過やデータも参考にすることができるので、より診療科に対する理解を深めることができます。

 

(3)1日の行動表を自作すること

1日の行動表を自作すること

画像:shutterstock

新しい職場に慣れるにあたり、苦労することの一つが「1日の流れを把握するまでに時間がかかる」ということです。入職時のオリエンテーションにて、病棟の流れを掲載した資料をもらえることはあるのですが、それはあくまで大まかな内容しか記載されていません。

そこで、実際に自分が体験した「1日の行動」を(もらった資料などに)書き込み、休日にパソコンで綺麗に清書することで、「自作の1日の行動表」を作成しましょう。

そうすることで、一日の流れを把握しやすくなるとともに、曜日によって起こるイベント(例:循環器で週に2回、カテーテル検査入院がある等)も把握しやすくなります。

 

(4)人間関係をクリアすること

人間関係をクリアすること

画像:shutterstock

看護師が働く職場によって雰囲気は大きく変わるため、転職後に「こんなはずじゃなかった」と思い、多くの看護師が人間関係に悩むのではないでしょうか。

看護師が人間関係に早く慣れるためには、

  • 「前の職場では」とは絶対に言わないこと
  • 特定の人とだけコミュニケーションを取ろうとしないこと

などがポイントとして挙げられ、詳しく説明していきます。

 

前の職場のことは言わないことが大切

転職にあたり、人間関係を崩しかねないのがこの「前の職場では…」という一言です。

迎い入れる側としては「前の職場は関係ないよね」と不快感を覚えやすいフレーズであり、良い印象をもたれることはまずありません

転職後、まだ慣れていない期間は特に出てしまいやすい一言ではあるのですが、この一言を使わない様、常に意識することを強くお勧めします。

 

コミュニケーションは幅広く取ること

職場に慣れていない間は、つい話しかけやすい人にばかり声をかけてしまいます。

しかし、特定の人とだけ積極的にコミュニケーションを取ることは、他の職員とコミュニケーションを取る機会を減らす行為ともいえます。

よって職場に慣れていないと感じている期間こそ、あえて意識してたくさんの人へ自分から声をかけ、コミュニケーションを取るよう努力することが、人間関係を良好にするポイントといえます。

 

3.最後に

最後に

画像:shutterstock

新しい職場で、自分なりに慣れるように精いっぱい努力しているにも関わらず、なかなか慣れず。もしかして転職先の職場が自分に合っていないのかも知れないと感じる方もいると思います。

しかし、私は「自分に合う職場という場所はなく、いかに自分がその職場に合わせることができるかが大切」だと感じています。

私が感じる看護師の転職において最も大切なことは、「転職先に明確な条件を提示しているかどうか」という点です。

「あなたはなぜ、今の転職先を選んだのでしょうか?」

その理由をもう一度思い返すことで、「そうだ、自分に合うかどうか以前に、私はこの条件があったからだ」と初心に戻ることができるはずです。

学校とは違い、職場は複数の方がそれぞれ、様々な目的をもって働いています。

そのため、職場が自分の全ての要求を叶えてくれるとは考えず、「ここの職場は、この要望をかなえてくれた」と妥協点を見つけることが、仕事を続けていく上では大切だと考えます。

まずは、

  • 「職場に合わせるためにはどうすればいいのか」
  • 「受け入れてもらうためにはどうすればよいのか」

を考えるようにしてみてください。考えを変えるだけで、周囲の対応は実感できるほど変わっていくはずです。

自分に職場が合っているのではなく「職場に自分を合わせる」という考えは、このような思考に基づいたものです。

転職は、体力・精神共に大変なイベントです。

慣れるまでには様々な努力を要しますが、行う努力は必ずあなたに良い結果をもたらしてくれるはずです。

それでも自分自身合わないと感じる場合やその他の理由の場合(私は過去にいじめに合ったこともあります)、あらためて、

  • 今回の転職は何が駄目だった
  • どのような理由で慣れることが出来なかったのか

などを検討した上で、転職を行ってください。

看護師の転職活動は前向きな気持ちで行うことで上手く行く可能性は高くなり、「後ろめたい気持ち」「逃げる気持ち」を持っていたら上手くいかないと私は感じます。

逃げても良いので是非、前向きに取り組んでください

 

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

1月~3月は、求人が最も多くなる時期であり、病院・クリニック・施設・企業などの看護師求人数が最も充実します。転職に細かい希望条件がある方や、現在の職場よりも待遇が良い求人を探したい方、キャリアアップなどのステップアップをしたい看護師の方には転職が最適な時期と言えます。

しかし、看護師転職サイト(会社)などでは一番の繁忙期となり、忙しい中でもしっかりとあなたのサポートを行ってくれる、良い看護師転職サイトを選びましょう。

専任の担当者のレベルによって大きく転職活動が変わり、出会える求人も違います。そのため、以下の看護師の皆様(執筆している看護師の方)が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2020年5月26日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?