ヘッドハンティング・引き抜きで看護師が失敗しないための確認3つ

ヘッドハンティング・引き抜きで看護師が失敗しないための確認3つ
画像:shutterstock

看護師にもヘッドハンティングや引き抜きは存在します。

例えば、知り合いの医師や看護管理者から声がかかった、活動や取得した資格をもとに声をかけてもらったなどです。

ですが、「ヘッドハンティングされた」「引き抜きされた」事実に浮かれてしまい細かな労働条件や求められた役割を確認しなかったことで転職に失敗してしまうこともあります。

そのため、実際に私がヘッドハンティングされた経験を元に、ヘッドハンティングによる転職で失敗しないために確認すべきことについてご紹介します。

【執筆した看護師のプロフィール】

看護師
看護師資格確認済み
  • 年齢/エリア:48歳/神奈川県
  • 資格:がん看護専門看護師、消化器内視鏡技師、心理相談員
  • 経歴:がん専門病院、総合病院、クリニック、総合病院、訪問診療クリニック
  • 経験がある診療科:消化器内科、腹部外科、透析室、内視鏡室、相談室、放射線治療室
看護師をして20年以上。外来・病棟・検査室・クリニックなど、様々な場所での業務を経験と実績があり、現在も現役看護師として活躍中。
看護師転職サイトランキング

1.ヘッドハンティングされた理由を確認する

ヘッドハンティングされた理由を確認する

画像:shutterstock

ヘッドハンティングされたからこそ、看護師としての自分の何に魅力を感じたのかを確認することが大切です。

ヘッドハンティングという言葉は、自分の能力を買ってくれたという印象を与えます。しかし、相手もその言葉の魅力は心得ているものです。

その言葉を使うことで、すでに相手が必要以上の期待を秘めていることを利用しようとする可能性もあるのです。

 

(1)現実に求められる業務は何なのか

転職した後に、現実に求められる業務は何かを確認することは、「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために大切なことです。

そして、当面の間自分がやるべき業務を理解した後は、自分が譲れない希望を明確に伝えることが大切です。

自身の病気や育児や介護問題などに直面している場合

自身の病気や育児や介護問題などに直面している時期にヘッドハンティングを受けた時には、すぐには仕事上で期待された結果を出せない可能性があることについても、確認することが大切です。

ヘッドハンティングは、する側にとってもリスクがあります。

あなたが自分に有利になることだけを考えて、実際に抱えている問題を隠して転職した直後に、休職や退職を願い出た場合には、双方が損をしてしまうことも考えられます。

ヘッドハンティングされたからこそ、自分の抱えている問題を伝えて、お互いがクリアな条件で、転職することが、将来の自分の立場を守ることにつながります。

 

(2)自分の能力と未来のポジションに対し適切な答えをもらえるか

自分の看護師としての能力と未来のポジションなどについて、相手が適切な返答を用意していない場合があります。

その場合、ただの人手不足を補うための声掛けの可能性もあります。

ヘッドハンティングや「引き抜き」という表面的な言葉に騙されないことが大切です。

 

2.勤務条件・福利厚生を確認する

勤務条件・福利厚生を確認する

画像:shutterstock

ヘッドハンティングだからと言って、地に足をつけて確認しなければならないことは、勤務条件です。

口頭で、良い条件を提示されていたとしても、ただの口約束だと転職した後で勤務条件を反故にされる可能性もあります。

 

(1)条件は書面で提示してもらう

ヘッドハンティングの話合いが行われると同時に、話し合った内容を書面で作成してもらいましょう。

逆に、書面で提示されない場合には、転職に慎重になった方が良いと考えます。

自分の能力を欲しくて、ヘッドハンティングするのです。こちらが話し合う際に提示した書面での話し合いを納得してくれないということは、誠意がないと考えることもできます。

 

(2)「年俸制」という言葉に騙されない

一般的にヘッドハンティングされる場合には、今の職場よりも好条件の場合が多いです。

また、年棒で提示されることもあります。

年棒制という言葉も魅力があり、そのことで実態がマスキングされてしまうこともあります。

年棒制であっても、

  • 活動次第によってはプラスアルファがあるか
  • 社会保障(社会保険など)が充実しているか
  • 諸手当はどうなるのか

など、今の職場との差異を確認し、本当に自分にとってプラスになっているのか確認することが大切です。

友人の体験談

私の知人は、新規クリニックのヘッドハンティングに同意し、働き始めましたが、最初に提示された社会保障が完備されていない、健康診断や受診などの療養費補助などの福利厚生もなく、結果として以前の職場よりもかなりの収入がマイナスになってしまいました。

ヘッドハンティングが、どこまであなたを好条件で雇用するかは未知数です。

だからこそヘッドハンティングされた時には、今の病院の福利厚生や自分の給与明細を見直して、自分が今おかれている現状を認識しなおすことが大切です。

 

3.ヘッドハンティングされた勤務先の情報を確認する

ヘッドハンティングされた勤務先の情報を確認する

画像:shutterstock

ヘッドハンティングされたからと言って、相手(雇用先)を詳しく調べないまま、表面的な情報で転職することはとても危険です。

相手から与えられた情報をうのみにするのではなく、自分もヘッドハンティング先の情報を確認し、具体的な転職条件や情報の信憑性に付いて話し合う準備をすることが大切なのです。

 

(1)口コミや病院・施設の動きをチェックする

例えば、地域に密着した病院やクリニックであれば、最近の口コミをチェックしたり、スタッフの入れ替わりが頻繁にされていたりしないかを確認することが大切です。

場合によっては、看護師転職サイトなどを利用して、ヘッドハンティング先の情報を得ることもできるでしょう。

 

(2)新規開業クリニックは不確定要素が大きいため要注意

新規クリニックでは、人が集まらずに知り合い程度の看護師に声をかけてヘッドハンティングと称している場合もあります。

また、新規クリニックの場合、開業して1,2年はスタッフの給料を払うために、自分は他の病院にバイトに行っていることも良くある話しです。

勤務時間を短縮して、給料を予定以下に抑えることもあります。

経営に影響を受けるリスクを負うことは必須

そのため、新規クリニックからのヘッドハンティングは、経営に影響を受けるリスクを負うことを覚悟することを念頭に置いて、転職の条件を確認しあうことが大切です。

また、新規開業の訪問看護ステーションなども同じことが言えます。

 

最後に

看護師をヘッドハンティングや引き抜きする行為が悪いことではなく、あなたにもたらすメリットもあります。

しかし、注意しなければならない点が多いと言えるでしょう。

また、ヘッドハンティングはお見合いです。

ヘッドハンティングはお見合い

画像:shutterstock

お互いを知ってもらい、将来の「あるべき姿」を共有しながら、まずは現実問題について話し会う姿勢を持つことが大切です。

そして、話し合った内容は、文書で取り交わすくらいの慎重さがある方が、ヘッドハンティングによる転職で失敗しないで済むはずです。

くれぐれも、「ヘッドンティング」や「引き抜き」という心をくすぐる言葉の魅力と、相手への気兼ねや情に流されないことは心に留め置いてください。


   
この記事はお役に立ちましたか?

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年7月24日
看護師転職サイトランキング

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ