新卒看護師でも美容クリニックに就職できる?先輩からのアドバイス

新卒看護師でも美容クリニックに就職できる?

美容に興味のある看護師であれば「新卒看護師でも美容クリニックに就職できるのかな?」と考えたことがありますよね。

結論からお伝えすると新卒看護師でも受け入れてくれる美容クリニックは存在します。(もちろん第二新卒・既卒でも可能です。)

しかし、臨床経験1年未満を受け入れる美容クリニックはそう多くはありません。ただ、面接官に貴方の強い思いを伝えることで採用される可能性はあります。

私が美容クリニックへ転職したのは新卒看護師の時期ではありませんが、美容医療に携わりたいという強い思いがあり、子どもが3歳の時に美容クリニックに転職しました。

子どもが小さく手のかかる時期の転職活動は難航しました。

事前に自分で4件ほど気になる美容クリニックに電話で問い合わせし、子持ちでも面接可能か確認することもありました。

面接官になぜ美容クリニックで働きたいのかという思いを伝えたところ、熱意に負けましたと採用していただき、今に至ります

条件的に不利でも「なぜ自分は美容医療に携わりたいのか」を面接官に理解出来るように伝えることでで、採用される可能性は高くなると思います。

美容クリニックで4年間、新人教育を担当していた経験から、新卒看護師が美容クリニックに就職を希望するとき参考になる情報をまとめてみました。

<【PR】看護師が評価した転職サイト>

1.就職は可能ですが、制限される可能性が高い

就職は可能ですが、制限される可能性が高い

新卒看護師でも美容クリニックに就職することは可能ですが、就職先はかなり制限されてしまう可能性が高いです。

理由としては、美容クリニックの多くは、臨床経験2年~3年以上の看護師を求めており、基本的な看護技術・知識がある看護師を募集しています。

美容クリニックの本音として、基本技術や知識がゼロの看護師に教える手間は省き、入職した看護師を早く即戦力として使いたいという希望もあります。

ただし、美容クリニックも看護師の安定的な雇用を行うために、新卒看護師を率先して採用している場合も増えてきています。

人材紹介会社や自分でクリニックに直接連絡をして採用担当者と話をすることで面接、就職への道が開けます。

 

(1)新卒看護師の美容クリニックの募集要項例

以下は、新卒の美容クリニック求人の募集要項例です。

資格正看護師
雇用形態正社員(常勤)
業務内容手術室でのオペ介助、診療補助、医療レーザー照射
(新卒の場合はレーザー脱毛専門看護師になる場合があります)
研修/教育・プリセプター制度(研修3~6ヶ月 ※その間は有期契約)
・スキルアップ研修あり
月給月給30万円~35万円(研修期間中は月給28万~32万円)
賞与昇給・賞与年2回(7月、12月)
・短期業績手当年4回(2月、5月、8月、11月)
福利厚生・社会保険完備(健康保険、厚生年金、労災、雇用保険)
・産休/育児休暇あり、制服貸与、退職金制度(正社員勤続3年以上勤務)
・時間外手当、交通費支給(上限3万円)
勤務時間・実働8時間、休憩1時間 ※繁忙期残業あり
休日・週休2日制(月9~10日休み/シフト制)
・年間公休110日

新卒看護師を受け入れている美容クリニックは、プリセプター制度などの教育制度が他より充実している場合が多いと言えます。

制限されるポイントとしては、「業務内容」にあります。経験のない新卒の看護師は、美容クリニックに勤める看護師同様の仕事は行えないケースが多いです。

 

(2)教育制度が整っている美容クリニックが増えている

美容クリニックは、全国にクリニックがある大手美容外科グループなどは教育制度が整っています。病棟の新人研修ほどではありませんが、先輩看護師が数か月間知識や技術の指導をしてくれます。

大手美容クリニックは、新人教育制度は個人クリニックとは比較にならないほどしっかりしています。

ただし医師の質や技術等は個人クリニック・中堅クリニックの医師のほうが高い場合もあり、経験を積んだ看護師の中には、数年で他の美容クリニックへ転職する人もいます。

 

(3)病棟の経験とは違う仕事が求められる

病棟看護師と美容クリニックでは看護師に求める技術や知識は異なります。病棟と共通している求められる技術は点滴、採血程度です。

そのため、病棟や臨床経験がなくても、新卒看護師が美容クリニックへ就職することが出来ます。

 

美容クリニックでも日々勉強は必要です

病棟では患者ですが美容クリニックでは患者様はお客様であり、社会的地位の高い人や芸能人などが多く通院する場合、高い接客技術が必要となります。

さらに、美容医療も日々進化しており、使用する機器や薬剤・化粧品等もエビデンスがあるものが多く出てくるため常に臨床とは異なる勉強が必要になります。

ずっと同じことをしているだけでは取り残される業界のため年々新しい施術メニューが登場します。変化にどんどんついていける柔軟な考え方が出来ることも求められるので、新卒看護師でも美容が好きで営業に興味のある看護師には向いている職場環境です。

 

(4)未経験者を好む美容クリニックもある

他の美容クリニックで教育を受けた(変な癖のついた)看護師を雇うなら、何も知らない新卒看護師を雇い「自分のクリニックで一から教育した方が良い」考える美容クリニックも少数ですがあります。

未経験者を好む美容クリニックも存在するため、個人クリニックでも新卒看護師でも就職が可能です。

 

(5)教育制度が整っている美容クリニックを選択しよう

新卒看護師が就職する美容クリニックは教育制度の整っているクリニックを選択することを強くお勧めします。

ただし入職してみて雰囲気がどうしても合わないこともあります。

その時は思い切って他の美容クリニックに転職することで上手くいくこともあります。

実際に私の後輩で初めて勤めた美容クリニックの人間関係が合わず1週間で退職し、私の勤務先の美容クリニックに入職してきた看護師がいます。

 

2.悩んでいる場合は病棟を経験することを検討しよう

悩んでいる場合は病棟を経験することを検討しよう

新卒看護師として、美容クリニックに就職しようか悩んでいる場合、病棟を経験することを推奨します。

理由としては、以下の3つとなり、詳しく説明していきます。

 

(1)臨床経験が3年以上あると今後の働き方の幅が広がるため

看護師の職場は病院・クリニック・特別養護老人ホーム・企業等様々です。

この中で病院の病棟勤務の看護師が、一番仕事内容は大変だと感じますが、看護師としての技術・知識は向上し、2~3年続けた場合、働き方の選択肢が飛躍的に増えます

理由として、看護師が転職する際の求人募集要項に「臨床経験3年以上」や「看護師歴3年以上」を求められるケースが多くあるからです。

そのため、今後の看護師として人生やキャリアを考えて、病棟勤務の経験を3年以上は積んでおくことをお勧めします。

 

(2)今後のライフステージで働き方が変化するため

看護師は女性が多く、美容クリニックで働く看護師は、ほぼ女性と言えます。(男性専用の美容クリニックを除く。)

そのため今後、結婚・妊娠・出産でライフスタイルが大きく変化しますが、現時点でライフイベントが計画的に決まっている新卒看護師は少ないのではないでしょうか。

そのことを考えると新卒看護師で年齢が若いうちに経験を積み、ライフスタイルに合わせて仕事を変化できる選択肢を多く持つことが大切だと思います。

 

3.最後に:先輩からのアドバイス

最後に:先輩からのアドバイス

新卒看護師が美容クリニックに就職する場合には、以下のケースを覚悟しておきましょう。

例えば、美容クリニックに就職後、もし合わないと感じて退職してしまった場合は一からやり直しです。

その後、基礎教育制度を中途看護師にも適応してくれる病院に入職しても大変苦労する場合が多く、大変となります。(病棟勤務から1年以内に転職してしまう看護師よりも大変だと思います。)

また、病棟勤務希望で面接した場合、美容クリニックの経験年数が5年以上あっても経験値として見てくれる面接官は少ないといえます。

そのため、自身のキャリアを今一度考え、美容クリニックに就職を検討することを推奨します。

私は、新卒看護師の場合、臨床経験を3年積んでから、美容クリニックなどの転職先を検討する方が選択肢は広がると感じます。3年は厳しいと考える方でも、最低でも1年積んでから美容外科・皮膚科への転職を検討したほうが働き方の幅を広げられます。

今後看護師として働いていくためにとても大切な経験になります。

これから看護師免許を使って仕事をしていきたいのであれば今は頑張り時です。

是非、今までの内容を参考に検討してみてください。

この記事はお役に立ちましたか?

この記事を書いた人

看護師監修者・執筆者について



コメントを残す

内容へのご意見、ご感想を是非、お願いいたします。