看護師の病院以外の働き方!職場や仕事内容を解説

看護師の病院以外の働き方!職場や仕事内容を解説
画像:shutterstock

看護師として、看護師資格を活かしながら病院以外で働きたい、と思ったことはありませんか。

実際に病院以外で働いた経験がある看護師の体験談をもとに、病院以外の働き方を仕事内容と共にご紹介していきます。

また、以下でご紹介している病院以外での働き方は一部であり、他にも沢山看護師として働くことができる職場はあります。

病院の世界が窮屈に思えるようだったら、是非以下のような職場や職種にも目を向けてみてください。きっと、「あなたの人生」も「看護師としての可能性」もますます広がるはずです。

1.一般企業での働き方

一般企業で看護師としての働き方は多く、以下で紹介する他にも沢山存在します。看護師たちが経験した一般企業での働き方を確認していきましょう。

 

(1)企業の医務室(産業看護師)

企業の医務室(産業看護師)

画像:shutterstock

看護師として、外資系を含む一般企業内や工場の医務室に勤務し、従業員を健康面でサポートする仕事となります。

また、採用される企業によっては看護師資格のみで良い場合や、保健師の資格が必要な場合など様々であり、産業看護師や産業保健師などとも言います。

具体的な仕事内容としては従業員などに対し、

  • 長時間労働者の産業医面談調整
  • ストレスチェックの実施、実施後のフォロー
  • ハラスメントの相談対応業務
  • 人事部と連携し欠勤が多く目立つ社員のフォロー
  • 健康教室やセミナーの開催・運営
  • 健康だよりの作成

などが主になります。

看護師に非常に人気がある求人のため、以下の関連記事などを参照してください。

看護師の体験談

看護師 体験談私は企業医務室で看護師として働き、楽しいことは沢山ありましたが、その分辛いことも多かったのが現実でした。

しかし、医療現場では経験できない関わりや、スキルアップができる勤務場所だと私は感じます。

企業医務室で働く看護師の仕事内容と体験談

2019.02.16

 

(2)コールセンター

コールセンター

画像:shutterstock

看護師資格を活かしてコールセンターで働く場合、主に公共の医療相談、製薬・サプリメントなどのメーカー、介護関連の施設や企業、医療機器関連会社などに勤務することになります。

仕事内容は職場によって様々ではありますが、電話相談者に対し、医療関連の相談、健康相談や育児・介護相談・メンタル相談などを行うことが仕事となります。

ずっとパソコンに向かいながら電話対応する仕事のため、病院とは真逆の仕事だと言えます。詳しくは、以下の関連記事を確認しておきましょう。

看護師の体験談

看護師 体験談私が勤務した医療機器業界のコールセンターは、「くすり相談室での服薬相談」「医療機器の使用方法の相談」「注射機器についての相談」などが主で、基本マニュアルがありました。

コールセンターは1人の仕事だと思っていましたが、スタッフと回答内容を一緒に探すことや、受電が続いたときは代わりに対応すること、と相談者へ適切な回答ができるようにチーム内で協同することが多く、仕事としても楽しかった印象です。

コールセンターで働いた看護師2人の仕事内容体験談

2019.02.21

 

(3)テーマパーク内の救護室

テーマパーク内の救護室

画像:shutterstock

規模が大きく、有名なテーマパークであれば、利用者の体調不良時などをケアするために救護室を設けています。

テーマパーク内の救護室で働く看護師は、

  • 病人・けが人の一時的な看護
  • テーマパーク内の来園者の救護
  • 救急車への来園者の引継ぎ

などが主な仕事内容となります。

一度は、看護師として夢と魔法の王国で働いてみたいものです。

看護師の体験談

看護師 体験談テーマパーク救護室では、そのテーマパークが好きな看護師が集まっていたため、共通の話題で盛り上がれて楽しかった思い出があります。

そのおかげで、先輩や上司ともすぐに打ち解けることができましたし、新しいアトラクションに先行体験できたのも嬉しかったです。

テーマパークで働いた看護師の体験談!給料や求人の探し方

2019.01.17

 

(4)旅客船で働くシップナース

シップナース

画像:shutterstock

シップナースは、クルージングなどの船に添乗し、船旅の期間中に体調や悪くなった人の対応及び、怪我をした際の応急処置などを行うことが主な仕事内容となる看護師を言います。

求人数は非常に少ないですが、船舶会社の正社員となり働く方法やクルーズ会社と直接委託契約して働く方法があります。

半年以上は船の上で生活することも多く、英語で医療業務などを行わなければならないという制限もあります。

青い海を見ながら船に揺られる生活は、看護師としてチャレンジしたい仕事ではないでしょうか。

看護師の体験談

看護師 体験談船の上でも夜間に患者さんの体調が悪くなれば起きて対応することはありますが、毎晩というわけではありませんし、基本的には手術を行ったりするわけではありませんから、命にかかわる状態の患者さんの看護をするわけでもありません。

しかし、一度航海に出ると、帰港するまで自宅に帰れないです。

シップナースになるためには?働くメリット・デメリット

2019.03.25

 

2.製薬関連会社・医療機器メーカーでの働き方

製薬関連会社や医療機器メーカーで看護師が働く場合、以下にご紹介している職種が多いですが、その他、MR(医薬情報担当者)として働くことや、CRO(開発業務受託機関)に勤務する働き方もあります。

 

(1)治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーター(CRC)

画像:shutterstock

治験コーディネーター(Clinical Research Coordinator)は、治験業務の現場において全体を統括する役割(治験を依頼する製薬企業と、治験を実施する医療機関の間に立ち、病院側のサポート)を担う仕事です。

その仕事の性質上、看護師や薬剤師から転職する場合が多く、

  • 被験者のスケジュール調整
  • 治験項目チェックや治験薬の管理
  • 治験計画書の確認と把握

などが主な仕事内容となります。

看護師資格が必ず必要な仕事ではなく、治験コーディネーターになるためにも特別な資格は必要ありません

看護師の体験談

看護師 体験談CRCの仕事は、臨床現場で療養上のお世話をするといった一般的な看護師のイメージからはかけ離れると思います。

しかし、院内CRCの場合、看護師との仕事を兼務する場合もあるため、院内CRCとして働くことができれば、給与体系もこれまでと変わりありませんし、他の病院に派遣されることもありません。

さらに、空いた時間は外来などの応援に回り、看護技術を継続して実践していくことが出来ます。そのため、教育制度が整っているのであれば院内CRCがお勧めです。

治験コーディネーター(CRC)看護師2名の仕事内容体験談

2019.01.30

 

(2)臨床開発モニター(CRA)

臨床開発モニター(CRA)

画像:shutterstock

臨床開発モニター(CRA)は、新薬の治験が適切に行われているかモニタリングすることがメインの仕事になる職業です。

基本的には製薬会社に勤務しながら、治験全体を管理し進めていきます。

主な仕事としては、

  • 医療機関の選定
  • スタートアップミーティング
  • 治験薬の搬入
  • 原資料の直接閲覧(SDV)
  • 被験者登録の進捗状況を把握
  • 治験終了後のデータ回収

などとなります。

看護師としてカルテを正確に読むことが出来れば、臨床開発モニター(CRA)として重宝されます。

また、看護師資格が必ず必要な仕事ではありません。

看護師の体験談

看護師 体験談私は、2年間CRAとして働きましたが、患者と直接関わりたい、やっぱり臨床に戻りたいと思うようになり、看護師に戻りました。

しかし、CRAを経験できたことはとても貴重な体験だったと思っていますし、違う医療分野に触れることで自分の世界観は広がったと感じています。

看護師から未経験のCRA(臨床開発モニター)へ転職!仕事内容と私の体験談

2019.08.29

 

(3)医療機器メーカー(クリニカルスペシャリスト)

医療機器メーカー(クリニカルスペシャリスト)

画像:shutterstock

医療機器メーカーなどに勤務し、開発した機器・用具を顧客(病院や施設などの医療機関)に販売するために、さまざまな営業支援や使い方の指導を行う仕事をクリニカルスペシャリストと言います。

医療に関する専門的な知識が求められ、看護師を始め、臨床工学技士や放射線技師などの募集が多く存在します。

主な仕事内容としては、営業支援(営業職への同行)、導入前支援、医療器具のアフターケアなどを行います。

クリニカルスペシャリストとは?看護師としての働き方

2019.09.19

 

(4)電子カルテインストラクター

電子カルテインストラクター

画像:shutterstock

電子カルテインストラクターは、電子カルテを導入する医療機関に出向き、スムーズに電子カルテを使った業務ができるよう、医療スタッフに対し操作や入力の説明、サポートをする仕事です。

看護師の資格がなくても可能な仕事であり、また、電子カルテインストラクターとして働くための資格は必要ありません

電子カルテを医療機関に提供しているメーカーや、電子カルテをサポートしている会社の電子カルテインストラクター職として転職することで働くことが出来ます。

看護師の体験談

看護師 体験談医療の現場を知る看護師の電子カルテインストラクターは、いわば「通訳」のような形で、医療機関のスタッフの要望をわかりやすくシステムエンジニアに伝えていくことができます。

看護師の電子カルテインストラクターは、これまでの看護師経験を活かしそれを伝えることができる仕事だと私は感じます。

行政保健師に看護師が転職するために!体験談から説明

2019.03.26

 

3.子どもや学生と関わる働き方

病院や病棟以外で、子どもや学生と関わる看護師の働き方を、看護師の体験と共にご紹介します。

 

(1)保育園

保育園

画像:shutterstock

保育園で働く看護師の仕事内容は、園児の健康管理や健康指導、保育園で働く職員の健康管理・指導などが主な仕事となります。

定時で仕事が終わりやすいことや、病院と比較し夜勤がないことで看護師に人気の働き方です。

看護師の体験談

看護師 体験談私は、病院や介護など様々な現場を経験していますが、保育園は全く違う看護師の仕事であるということを痛感しています。

子どもたちはとても可愛く元気をもらえ、やりがいも感じますが、働く看護師の年齢によっては心身の負担は大きく、保育士や保護者との関わりも密接なため、転職を考える場合は、まずは派遣や非常勤などで働いてみると良いと思います。

保育園で働く看護師の役割と仕事内容、働いた体験談

2018.12.21

 

(2)看護教員

看護教員

画像:shutterstock

看護師が看護教員として働くことができる職場は「大学・短大の看護教員、専門学校の専任教員、高校(看護科)の看護教員」などになり、学生や生徒と関わる仕事となります。

看護師資格の他に、看護師としての臨床経験や、看護教員養成課程などの研修が必要な場合もあります。

また、臨床研修に参加する場合は、教育という観点ですが病院で働くことと変わらないと感じる方もいるため注意が必要です。教育職に興味がある方は一度検討してみてください。

看護師の体験談

看護師 体験談私が勤務した看護大学の助手は、1年間のうち、20週間ぐらいを病院で過ごしており、勤務時間は、臨床で勤務しているのと変わりはありません。

また、指導者(講師以上の職位)から看護の方針を確認し、看護方針を学生にかみ砕いて分かりやすく解説することも助手の仕事の1つでした。

看護教員になるには?大学・専門学校・高校の3つの方法

2018.12.21

看護大学・看護学部の助手として働いた看護師の体験談

2019.04.09

 

(3)大学の保健室

大学の保健室

画像:shutterstock

大学の保健室で働く看護師の仕事内容は、体調不良時の生徒の看護や制作物や事務処理や他部署との打ち合わせ、生徒の健康診断時のサポートが主な仕事となります。

看護師にとても人気がある病院以外の働き方の1つです。

大学によって様々ですが、看護師資格のみで募集を行っている場合もありますが、正職員として所属することは難しく派遣やパート看護師としてまずは勤務することをお勧めします。

看護師の体験談

看護師 体験談私は「とにかく大学保健室では暇だ」と感じることが多く、2名体制の保健室は同僚の看護師が良い方だったため、楽しく仕事を行うことが出来ましたが、人間関係があまり良くないと大変だろうなと感じました。

興味がある看護師の方は、是非、一度短期で仕事を行ってみることをお勧めします。

大学保健室で働く看護師の仕事内容と体験談

2019.09.20

 

(4)ベビー専門の訪問看護ステーション

ベビー専門の訪問看護ステーション

画像:shutterstock

ベビー専門の訪問看護ステーションは、主に利用者は小児(主にNICUを退院した児)となり、患者・家族のニーズに合わせた専門性の高い訪問看護を提供していきます。

主な仕事内容は、医療行為、看護計画の作成、成長発達支援、家族のケアなど多岐に渡ります。

訪問看護ステーション経験者や、NICUなどの経験がある看護師にはお勧めの職場といえます。

看護師の体験談

看護師 体験談私が勤務したベビー専門の訪問看護ステーションでは、一般の訪問看護と同じように訪問時は1人ですべてを行わなければならないため負担が大きな仕事でした。

しかし、これまでの経験を生かし責任を持って行うため看護師として大きく成長できると私は感じます。

私は訪問看護に興味があり、転職を考えている方の中でNICU・GCU・小児科を経験したことがある方は、是非、ベビー専門の訪問看護ステーションで経験を生かし活躍して欲しいと願っています。

ベビー専門の訪問看護ステーションで働く看護師の仕事内容と体験談

2019.08.30

 

(5)乳児院

乳児院

画像:shutterstock

乳児院は、児童福祉施設の1つで、様々な事情により保護者との生活が困難である、1歳未満の乳児や孤児に対して医療的や精神的なケアを提供する施設となります。

看護師としては、乳児の健康管理や医療処置、投薬管理、その家族への対応などが主な仕事となり、保育士、栄養士、臨床心理士、児童相談員などと連携しながら、乳児をサポートしておきます。

看護師の体験談

看護師 体験談やむを得ない事情で子供を乳児院へ預けているケースでは、両親から「本当にありがとうございます」と感謝の言葉を言われると、乳児院で働いていて本当に良かったなと、やりがいを感じるときもありました。

乳幼児の医療にかかわった経験がある方や、社会的に役立ちたいと考える看護師の方に是非勤務してほしい職場だと感じます。

乳児院で働く看護師の仕事内容と体験談

2019.09.24

 

4.介護施設での働き方

現在、看護師資格を利用しながら介護施設で働く看護師が多く、その職場は多岐に渡ります。

看護師が病院以外の介護施設で働く職場をご紹介します。

 

(1)特別養護老人ホーム(特養)

特別養護老人ホーム(特養)

画像:shutterstock

特別養護老人ホームは、自宅での生活が困難な高齢者(65歳以上、要介護3以上、入院・治療が必要ない利用者)が入居するための終身利用を行う施設であり、入居者への看取りケアも行っている施設もあります。

看護師の仕事内容としては、

  • 入居者(利用者)の健康管理
  • 医療処置
  • 介護スタッフとの連携
  • 医師との連携
  • オンコール対応

となり、看護師にとって育児や、家事などに重点を置かなければならない時期には、病院勤務よりも働きやすい職場だと言えます。

看護師の体験談

看護師 体験談特別養護老人ホームの仕事は、病院での経験を積み、年齢を経てから働くところだという考え方もありますが、そうは言い切れないと考えています。

育児や、家事などに重点を置かなければならない時期には、病院勤務よりも働きやすい職場だと私は働いて感じます。

特別養護老人ホームで働く看護師の仕事内容、3人の体験談

2019.04.03

 

(2)介護老人保健施設(老健)

画像:shutterstock

介護老人保健施設では、その他の介護施設で治療が難しい患者(要介護1~5認定者で65歳以上の高齢者)が在宅への復帰を目標として入居しており、医療依存度の高い高齢者の看護が仕事内容となます。

具体的には、日常生活の介護ケア、入居者の健康管理、急変時の対応などが看護師の仕事内容となり、介護施設の中では看護師が一番医療行為を行う職場となります。

看護師の体験談

看護師 体験談私が転職し、仕事内容や働いて感じたことを説明してきましたが、改めて介護老人保健施設で働く看護師は、色んな意味で「余裕を持って」働きたい看護師に向いていると思います。

さらに、技術に自信がない看護師や、ブランクがある潜在看護師にとっても、働きやすい職場なのではないでしょうか。

介護老人保健施設(老健)で働いた看護師の仕事内容と体験談

2019.09.09

 

(3)有料老人ホーム

有料老人ホームは、介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームがあり、看護師が働く職場としては、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホームが一般的です。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホーム

画像:shutterstock

有料老人ホームで看護師が働く場合、そのほとんどが「介護付き有料老人ホーム」となります。

また、「介護付き有料老人ホーム」は一般企業や病院などが運営しており、働く職場によって様々なサービスが展開されています。

主に看護師の仕事内容としては「医療行為・ケアのリスクマネジメント・外部の他職種や医療機関と連携・健康相談や指導・感染予防対策」など豊富にありますが、一般的に看護技術を利用する場合が少なく、医療行為も検温や内服薬の管理となります。

有料老人ホーム看護師の役割と仕事内容、働いた体験

2018.12.27

また、富裕層向けの高級有料老人ホームもあります。

超高級有料老人ホームで働いた看護師の体験談

2019.08.28

 

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム

画像:shutterstock

住宅型有料老人ホームは、介護付き有料老人ホームと異なり、看護師の配置基準は特に定めがなく、入居条件(利用者)が幅広いのが特徴的です。

また入居者の条件も様々であり、自立している高齢者のみの場合もあれば、ターミナル期の方を受け入れている施設もあります。

看護師の仕事内容として、

  • 入居者の健康管理
  • 協力医との連携
  • 介護士との連携

などが主な仕事になり、施設によっては、オンコール対応・ターミナル期の入居者への対応なども業務に含まれます。

「じっくりと看護を行いたい」「在宅領域の終末期医療に関心がある」看護師にはお勧めの職場といえます。

超高級有料老人ホームで働いた看護師の体験談

2019.08.28

 

(4)サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者住宅

画像:shutterstock

サービス付き高齢者住宅は、要介護度が低くほとんど介護を必要としない、基本60歳以上の高齢者が入居している高齢者向けマンションとなります。

主に、介護スタッフがメインで働く職場となり、「安否確認」や「生活相談」などが主な仕事となります。

看護師特有の仕事としては食事の見守りや軽度な医療処置、緊急時の対応などとなりますが施設によって仕事内容は違うため注意が必要です。

看護師の体験談

看護師 体験談サービス付き高齢者住宅は、介護スタッフがメインで働いている職場となります。

そのため、看護師求人は正社員が少なく、パート看護師として勤務していることが一般的といえます。

職場によっては、直接的な医療行為が少なく日勤のみの仕事である場合が多いことから、ブランクのある看護師にも人気が高い施設といえます。

サービス付き高齢者住宅で働いた看護師の仕事内容・体験談

2019.09.20

 

(5)訪問看護ステーション

訪問看護ステーション

画像:shutterstock

訪問看護ステーションで働く、訪問看護師の仕事は、利用者の自宅で医師やケアマネジャーのプランに沿って看護サービスを提供することが仕事となります。

現在では、

  • 一般の訪問看護
  • 精神科専門の訪問看護
  • 自費でのプライベート看護

など、働く職場によって看護師の仕事内容は多岐に渡ります。

訪問看護師の役割と仕事内容、1日のスケジュール

2018.12.21

精神科訪問看護ステーションで働く看護師の仕事内容と体験談

2019.09.20

プライベート看護を行った看護師の仕事内容と体験談

2019.09.13

 

(6)デイサービス(通所介護)

デイサービス(通所介護)

画像:shutterstock

デイサービスは、「高齢で介護が必要だけれども、入院はしていない方」「入浴・食事・排泄等の身の回りに介助が必要な方」「他の方と交流して孤独から解消されたい方」などが利用している介護施設であり、基本的には元気な高齢者が多いことが特徴です。

働く看護師の仕事内容としては、創傷処置などの医療行為や利用者の体調管理、入浴時のバイタルチェックなどを行います。

のんびりと楽しく働ける施設が多く、看護師には人気の職場と言えます。

看護師の体験談

看護師 体験談デイサービスは地域に密着した福祉サービスとなり、看護師として病院やクリニックで働くこととは、また違う経験ができると感じます。

病棟のように、療養上の世話をすることが少ないため自分に合ったところを選べればライフワークバランスを維持することができます。

デイサービスで働く看護師の役割と仕事内容「4人の体験談」

2018.12.19

 

(7)ショートステイ

ショートステイ

画像:shutterstock

ショートステイは、利用者が常生活介護や機能訓練などを受けるために、数日から数週間程度、短期的に施設に入所する、介護サービスであり、病床数は20床以上あります。

働く看護師は、利用者の体調管理や緊急時の対応、服薬管理などを行います。他の介護施設と比べても医療行為は少なく、インスリン注射程度です。

病院と比較し、ゆったりと仕事を行うことが出来ますが、看護師求人は思ったより少ないとえるので注意しましょう。

看護師の体験談

看護師 体験談ショートステイでは看護師の人数も少ないため、介護士やその他職種のスタッフから意見を求められる機会が多く、自分で考え、判断しなければならない状況も沢山ありました。

そのため、看護師としての様々な知識、技術が必要とされる職場ではないかと感じます。

ショートステイで働く看護師の役割と仕事内容:体験談

2019.01.23

 

(8)訪問入浴

訪問入浴

画像:shutterstock

訪問入浴は、1日5件程度介護スタッフと看護師が一緒に利用者の自宅を訪問し、入浴支援を行うサービスです。

看護師の仕事内容としては、利用者が入浴できるかどうかの確認(バイタルサインの計測)などを行い、介護スタッフと一緒に入浴介助や見守りなどを行います。

ただ入浴の手伝いをするのではなく医師の指示書に従い、その日の利用者の身体の状態を把握し、速やかに判断を下し、対処することなどが必要となりますが、看護技術はあまり必要がない仕事です。

アルバイト・パートなどの看護師求人も比較的多いと言えます。

看護師の体験談

看護師 体験談入浴することを心待ちにしている利用者が多く、入浴時にはたくさんの笑顔や感謝の言葉をもらえます。ただ、入浴を喜んでもらうためには「安全」が守られなければなりません。

「初めて関わる方(利用者)だから分からなかった」というわけにはいきません。

分からないことや不安に思ったことは、一緒に回っているスタッフに速やかに聞くことも大切だと感じます。

訪問入浴で働く看護師の仕事内容と体験談

2018.12.26

 

(9)障がい者施設

障がい者施設

画像:shutterstock

障がい者施設は、「障がい者の更生施設」「障がい者の生活施設」に分かれ、看護師としては「障がい者の生活施設」に勤務することが一般的となります。

看護師の仕事内容としては、

  • 入所者の生活補助・健康管理・観察・薬の管理
  • 医療行為
  • 施設の感染予防
  • 入居者の家族への対応

などが主な仕事となります。

病院と比較しても身体的や仕事内容は楽であると言え、正職員での採用も多く行っており、「病院での経験」や「臨床経験」を問わないケースも多いことが特徴です。

看護師の体験談

看護師 体験談障がい者施設では、正社員採用に「病院での経験」や「臨床経験」を問わないケースも多くあります。

また、身体的や仕事内容的には楽で、メリットも多いですが、病院の看護師より精神的に大変な思いをすることが多いと私は感じます。

そのため、正社員希望者は、未経験だからパート看護師でと考えずに、正社員採用で臨んでみることをお勧めします。

障がい者施設で働く看護師の仕事内容と体験談

2019.08.30

 

5.特殊な仕事での働き方

特殊な仕事での看護師の働き方は、一般的にあまり聞かない職種の場合や、公務員看護師の場合など、看護師免許を持っている方でも採用までのハードルが比較的高い働き方となります。

実際に働いた看護師の経験をもとに興味がある仕事は是非チャレンジしてみてください。

 

(1)献血ルーム

献血ルーム

画像:shutterstock

献血事業は、日本赤十字社が行っており、血液製剤を作るためにも、献血ルームで働く看護師は重要な役割を担います。

主な看護師の仕事内容としては、血液検査、採血の実施、記録などとなり、採血が苦手でなければ看護師としてスムーズに働くことが可能です。

看護師の体験談

看護師 体験談献血ルームは直接的に一人一人の善意を感じられるという唯一の場所です。

病院では、「また来たよ、お世話になります」という言葉を聞きたくないのが看護師の本音だと思います。しかし、献血ルームでの「また来たよ、今日もよろしく」の言葉は本当に前向きな気持ちにさせてもらえます。

きっかけは献血をすることによって貰える粗品だったり、震災時の献血の呼びかけだったり、単に時間が余ったからだったりと理由は様々ですが、私たち看護師の声掛けによってリピーターとなってもらえる時は喜びも一入です。

献血ルームで働く看護師の役割と仕事内容、働いた体験談

2018.12.25

 

(2)健康相談員

健康相談員

画像:shutterstock

健康相談員は、生命保険会社や民間企業、学校・役所などから依頼を受けて訪問や電話対応などで個人や団体に対し、健康指導を行う仕事です。

テレワークで仕事を行うことも多く、依頼される企業によって健康指導の内容が異なる場合があります。

看護師の体験談

看護師 体験談健康相談員は、従事している看護師がまだまだ少ないと感じます。

一対一で多くの人と話す仕事なのでコミュニケーション能力が向上し、仕事を通して成長できたと感じます。

電話健康相談員の場合は、プライベートの時間が確保しやすく、オフィスワークで体力的負担が少ないので、ダブルワークにも最適です。

健康相談員として働く看護師の仕事内容と体験談

2018.12.26

 

(3)介護保険認定調査員

介護保険認定調査員

画像:shutterstock

介護保険認定調査員は、介護を必要とする高齢者に対し介護度(要介護認定)の調査を行い一次判定する仕事となります。

注意点としては、

  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格が必要になる場合があること
  • 働く職場は地方自治体や関連法人又は、介護保険施設、介護老人福祉施設などになること

などが挙げられ、地方自治体などで正職員として働く場合には地方公務員となります。

看護師資格だけでも募集している地方自治体や施設もありますが、求人数は少ないと言えるでしょう。

看護師の体験談

看護師 体験談介護負担を抱えている家族も多く、実際の現場を訪問する事で、介護の大変さを身にしみて私は感じ、介護の仕事の重要性を知る事ができました。

介護保険認定調査員の仕事は、看護師として多くの事に気づき、学べる仕事だと感じます。興味がある方は是非一度チャレンジしてみてください。

看護師から介護保険認定調査員へ!仕事内容と私の体験談

2019.09.13

 

(4)メディカルエステ

メディカルエステ

画像:shutterstock

メディカルエステは、普通のエステと違い、医師が監修・運営し医療機関で行われるエステのことを言います。

利用する方は、シミ、肝斑、そばかす、ニキビ、傷痕などの肌トラブルを改善する治療や、エステティシャンによるフェイシャルマッサージなどを受けることができます。

医療機関ではなく、エステのため看護師の仕事としては、

  • 医師の介助
  • 施術メニューの説明
  • 化粧品の勧誘
  • 販促活動(チラシ配りなど)

などを行います。

美意識が高く、美容皮膚科に興味がある看護師にはお勧めです。

看護師の体験談

看護師 体験談勤務内容、勤務条件共に看護師に人気の高いメディカルエステですが、転職ための条件は厳しかったり、採用人数が少なかったりと採用に至るまではなかなか大変な道のりであるかもしれません。

転職したいと考えたなら、採用される年齢もあるため、なるべく早いうちから行動に移していくことをおすすめします。

また、メディカルエステに興味がある方は、一度「美容皮膚科クリニック」なども検討してみましょう。

メディカルエステとは?看護師の体験談と転職する注意点

2019.03.18

 

(5)自衛隊の防衛技官

自衛隊の防衛技官

画像:shutterstock

自衛隊の防衛技官として働く看護師は、陸海空いずれかの自衛隊に入隊し、駐屯地の医務室で診察の補助業務や看護師業務、隊員の健康管理、健康指導、健康相談が主な仕事内容となります。

防衛技官の採用には、年齢制限があまりなく、募集要項も60歳未満となっている場合が多いと言えます。また、自衛隊で働く看護師は「特別国家公務員」となり、福利厚生などの面から好待遇と言えるでしょう。

中途採用で自衛隊の看護師になるためには?

2019.09.18

 

(6)検疫官

検疫官

画像:shutterstock

検疫官(看護師)は、海外で流行している感染症が日本に入ってくることを防ぐため、空港や港湾で勤務する人のことで、厚生労働省の認可を受けて勤務します。

主な仕事内容としては、検疫業務、予防接種や相談、感染症の情報収集、消毒作業と感染者の隔離などが挙げられます。

募集要項も3年以上の臨床経験と、年齢制限はありますが、専門試験・論文試験などをクリアすることで、国家公務員の看護師として働くことが可能です。

看護師が検疫官になるには?転職をする時のポイント3つ

2019.06.12

 

(7)行政保健師

行政保健師

画像:shutterstock

行政保健師は、都道府県や市区町村など、自治体の職員として働く保健師を言います。

仕事内容としては、健康診断の実施や予防治療、地域で起こる問題を解決することなどが主な仕事となり、働く職員は地方公務員の保健師となります。

募集要項に保健師資格が必須である場合が多く、看護師と保健師資格保有者が働ける職種となります。

看護師の体験談

看護師 体験談私は行政保健師として働き、健康教育や保健指導、健診等に来た住民と様々な話をして、仲良くなったり時には頼ってくれたりして嬉しかったです。

しかし、行政保健師でなくてもできる事務仕事が非常に多く、1日中事務をしていることもありました。

例えば、「健康教室を開催するチラシ作りの場合は1からパソコンで作成、輪転機で印刷する」「新聞折り込みをする場合は、新聞業者に持ち込む」等、とにかく事務仕事が多く非常に辛かったです。

行政保健師に看護師が転職するために!体験談から説明

2019.03.26

 

5.短期の仕事での働き方

以下では常勤(正職員)で働くことは難しいですが、病院以外で働くことが出来る短期の職場、職種をご紹介していきます。

 

(1)イベントナース

イベントナース

画像:shutterstock

イベントナースは、イベントに帯同し会場などでの救護業務(救護室で待機)を行う看護師を言います。

イベントの内容は様々で、

  • ライブ会場・野外フェス
  • アーティストのコンサート会場
  • お祭り・花火大会
  • スポーツ大会・イベント
  • 野球・サッカーなどのプロスポーツ
  • 子供があつまるイベント
  • 国際カンフェレンス、学術発表・展示会

などが該当し、体調不良・怪我をした人の救護がメインの仕事内容となります。

看護師の体験談

看護師 体験談イベントナースはイベント参加者を守る責任のある仕事ですが、楽しみながら仕事ができる特殊な仕事だと感じます。

また、病院や施設などで働くよりも、看護の仕事としての視野が広がり、やりがいを感じられ息抜きにもなると思います。

イベントナースとして働いた看護師の仕事内容と体験談

2019.03.27

 

(2)ツアーナース

ツアーナース

画像:shutterstock

ツアーナースは旅行添乗ナースとも呼ばれ、参加者と一緒にツアーや旅行などに帯同し、健康管理や安全管理の仕事を行う看護師のことを言います。

小中学校のサマーキャンプから、大学の部活、個人や企業の旅行など様々です。

また、求人によっては海外旅行に帯同する場合もあり、看護師に人気な短期アルバイトとなっています。

看護師の体験談

看護師 体験談私がツアーナースをした中で一番印象に残っている仕事が、一番長い期間でもあった8泊9日の「日中韓の子ども童話交流」という合宿です。

何回か韓国・中国の学生が通訳を連れて私のもとへ体調不良を訴えて来たことがありますが、大きな事故や病気はなく、全員が無事に合宿を終えることができてとても嬉しかったです。

ツアーナース(旅行添乗)の仕事内容と良くある質問

2018.12.19

 

(3)スポーツチーム専属の看護師

スポーツチーム専属の看護師

画像:shutterstock

スポーツチームで働く看護師はチーム専属の看護師です。

スポーツチームには、大体専属の医師やトレーナーがおりその2つの職種で選手のケガの処置や体調管理をするため看護師が専属でつく場合があります。

スポーツに関わりたいと考える看護師は、まずは求人探しから検討してみてください。

スポーツチームで働く看護師の仕事内容とは?

2019.03.15

 

(4)介護タクシーの看護師付き添い

介護タクシーの看護師付き添い

画像:shutterstock

「介護タクシーの看護師付き添い」は、他の病院へ転院する患者、入院している病院から大学病院等の受診に行く患者、一時的外泊許可が出ている患者、自宅外出介助を行ってほしい利用者などのサポートをする仕事となります。

主に、移動中の医療処置や患者の急変対応などを看護師が行います。特殊な仕事ですが、ニーズがあり利用者も増えつつあります。

看護師の体験談

看護師 体験談実際に私が行って感じたことですが、毎月定期的に求人が出るわけではなく、病院や利用者からの依頼があって初めて成り立つ仕事です。

そのため、立て続けに週に2回仕事の依頼がある月もあれば、1ヶ月に2~3回の月もあるなど介護タクシーの付き添い看護師は、仕事が不安定でした。

介護タクシーで看護師付き添いを行った仕事内容と体験談

2019.09.10

 

(5)医療ドラマ監修

医療ドラマ監修

画像:shutterstock

医療ドラマ監修は、病院を舞台にした医療ドラマや病院のシーンが出てくる場面でリアリティを持って視聴者に見てもらえるよう、演出や演じる役者に指導を行う仕事です。

医療部分に関わる台本を書くことや、演技指導は主に医師と看護師で行いますが、医師がいない現場に看護師1人で行くこともあります。

非常に希少価値が高い仕事内容ですが、一度は体験したい方も多いのではないでしょうか。

看護師の体験談

看護師 体験談医療監修の仕事は、探すことはハードルが高いため、医療ドラマの中のちょっとした看護師役を演じるためのエキストラ募集に応募してみるのも1つの手だと思います。

エキストラに応募して撮影現場に行き、医療シーンの現場には必ず医療監修をやっている医師もしくは看護師に「今度医療監修のバイトをやってみたいので紹介してほしい」と声をかけてみてください。

看護師体験談:医療ドラマ監修の仕事内容とは

2018.12.28

 

7.最後に

看護師免許を活用し、病院以外で働く看護師の働き方はまさに多様と言えるではないでしょうか。

病院以外で働いた看護師の中には「こんな仕事だと思っていなかった」「病院の転職のように希望条件を伝えたら面接で落ちた」などの事例が多い印象があります。

そのため、注意点としては、

  • 病院とルールが違うことを理解しておく
  • 社会人としてのマナーは最低限必要となる
  • 仕事内容に不満が出ないようにリサーチする
  • 看護師不足ではない場合もあるので面接対策なども必要

などです。

希望の求人を探すとともに、転職活動のサポートをしてもらうことができる看護師転職サイトなどを利用しながら、仕事内容の情報収集や面接・履歴書対策を行っておきましょう。

実際に病院以外で働いた経験を持っている看護師の方も多く、自分のキャリアと相談しながら是非チャレンジしてみてください。

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

条件が良い病院や施設の求人は10月~12月にかけて、非公開求人で募集する場合が多くあります。インターネットに出回らない求人のため、看護師転職サイトを活用して転職活動を実行しましょう。

また、看護師転職サイトは、専任の担当者のレベルによって大きく活動が変わります。そのため、以下の看護師の皆様が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年12月16日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?