看護師のシフト例を調査(病院の2交代制、3交代制、夜勤専従・クリニック・介護施設)

看護師のシフト例を調査(病院の2交代制、3交代制、夜勤専従・クリニック・介護施設)


看護師・保健師・養護教諭第二種

自分以外の看護師が、どのようなシフトで働いているのか、気になる方は多いのではないでしょうか。

今回は、他の看護師の方にもご協力いただきながら、様々な勤務体制の看護師のシフトを調査してみました。自分の現在のシフトと比較しながら、あなたに合った働き方を見つけるための、参考になれば嬉しいです。

働いた看護師の体験談と共に、病院の2交代制、3交代制、夜勤専従・クリニック、介護施設のシフト例をご紹介していきます。

一般的な事例のため、病院やクリニックによっては、大きく看護師のシフトが異なる場合があります。また、シフトでの感じ方は看護師それぞれのため、参照程度にしておきましょう。
看護師の病院口コミアプリ はたらきナース

<看護師が評価した転職サイト>

(1)2交代制(病院)

2交代制(病院)看護師のシフト例
  • 日勤:8:30~17:00
  • 夜勤:16:30~9:00

【体験した看護師の意見】

夜勤が12時間以上のため、2交代制の看護師として働き始めた時はとても長く感じました。また、夜勤最後の疲労がたまり、眠たくなる時間帯に早朝採血や点滴、バイタルサイン測定があるので、夜勤の時間帯に集中力を継続することがとても大変です。

長い時間担当する患者を自分で状態観察するのでより細かいことも見過ごせずに責任感も重大だと感じ、他のスタッフ間でのコミュニケーションがより必要な交代制勤務だと思います。

 

(2)変則2交代制(病院)

変則2交代制(病院)看護師シフト例
  • 日勤:8:00~16:30
  • 遅日勤:13:00~21:00
  • 夜勤:19:30~9:00

【体験した看護師の意見】

変則2交代制は3交代とは違い、夜中に帰ることや、夜中から出勤ということがないので仕事前後の無駄な時間が少なくプライベートが充実させやすいシフトだと感じました。しかし、夜勤の時間が長いので、その時のスタッフとの関係性が大事だと感じます。

また、勤務する看護師の人数が少ない場合や、自分より若く経験年数が浅い看護師の場合、「何かあったらどうしよう」と心配な時間を長く過ごさないといけないので、看護師として疲労感が強い印象でした。

仮眠休憩があるのですが、その時によって休憩に入る時間もバラバラで、仕事中という緊張感もあり、私はほとんど眠れませんでしたし、夜勤での残業時間が少なくなる分、給料は少し減りました。

 

(3)3交代制(病院)

3交代制(病院)看護師シフト例
  • 日勤:8:30~17:00
  • 準夜勤:16:30~0:30
  • 深夜勤:0:00~9:00
【体験した看護師の意見】3交代制の場合、夜勤と言っても短い時間のため、仕事中に眠たいということは、少なかったです。

しかし、私の場合、深夜勤は日勤後に入らなければならないシフトが多かったため、日勤で夕方に家に帰り、その日の夜中の0時前には出勤し、家で仮眠をとり寝過ごして遅刻することが何度かありました。

また、準夜勤では、仕事が終わるのが0時で、残業がある場合、帰宅は1時を過ぎます。準夜勤明けでは、次の日が休みになることが多いシフトでした。

 

(4)変則3交代制(病院)

変則3交代制(病院)看護師シフト例
  • 日勤:8:00~16:50
  • 中勤:11:25~20:40
  • 夜勤:20:50~8:30
【体験した看護師の意見】
私が勤務していた病院の場合、変則3交代の夜勤は「2日連続」となるシフトでした。夜勤明けの後に必ず2日連続「休み」になることは嬉しかったのです。2交代の職場へ異動した同期の看護師は「夜勤が1回で終わるなんて、本当に最高」と言っていましたし、様々な職場を経験してきた師長も、「変則3交代は2交代よりも残業が多くなりがち」と言っており、変則3交代は、「連休」ということ以外、メリットが少ないように案じます。

 

(5)夜勤専従(病院)

夜勤専従(病院)看護師シフト例
  • 夜勤:19:30~9:00
【体験した看護師の意見】
私が働いた夜勤専従の場合、連続夜勤は当たり前であり、かつ連休がほとんど取れない場合が多いといえます。しかし、夜勤明けを「休み」として考えれば、夜勤明けから次の入りの時間まで余裕があるので、決して大変な看護師のシフトではないと思います。

 

(6)クリニック

クリニック看護師のシフト例
  • 日勤:9:00~19:00
  • 午前のみ:9:00~14:00
【体験した看護師の意見】
多くのクリニックが「水曜日」もしくは「木曜日」という週の半ばで一旦休日となり、看護師にとって辛くはないシフトでした。変則性ではないため、休みの日がいつも一定となることや、出勤退勤時間がいつも一定になることは、働きやすいシフトといえます。また、クリニックは土曜日が、午前診療で終わり、遅くなったとしても14時前後には退勤することができる場合が多いといえます。

 

(7)介護施設

介護施設看護師のシフト例
【体験した看護師の意見】
看護師によってシフトに偏りが見られますが、介護施設の看護師は「2交代」なので、病院勤務の2交代とあまり大差ないのが特徴です。(私は、土日に働くことができたため、土日の勤務が多くなっています。)しかし、病院勤務の2交代制よりは、連休があることや、夜勤明けを1日とカウントされる場合が多かったため、働きやすいシフトといえます。

 

(8)最後に

自分に合ったシフトは看護師それぞれ違います。

生活スタイルに合ったシフトの職場で働くということは、看護師として長く働き続けるためのポイントとなる場合が多いのではないでしょうか。

看護師転職の際にはその職場のシフトもチェックし、無理なく働き続けられる環境かどうかを吟味していくこともポイントにしてみてください。

この記事はお役に立ちましたか?

この記事を書いた人

看護師監修者・執筆者について

看護師が評価した転職サイト



コメントを残す

内容へのご意見、ご感想を是非、お願いいたします。