CCU(冠疾患治療室)で働いた看護師の役割・仕事内容の体験談

CCU(冠疾患治療室)で働いた看護師の役割・仕事内容の体験談

CCUは、「coronary care unit」の略で日本語にすると冠疾患治療室です。看護師にとってCCUという部署は、人間の心臓を治療する部署になります。

私は、看護師として医療センター(700床)で働いた際にCCUを経験しました。

病院によってCCUの位置づけは様々で、

  • 冠疾患のみ扱うCCUがある病院
  • その他の大血管疾患も扱うCCUがある病院
  • ICUの中の一角にCCUとしての部屋を併設している病院

などがあり、形態としては病院によって様々で、病院の規模や設備によっても患者の合併症リスクや重症度が変わってきます。

以下では、私が働いた一般的なCCU(冠疾患治療室)について説明していきます。

CCUで働く看護師の役割や仕事内容

CCUで働く看護師の役割や仕事内容

CCUは冠動脈疾患を主に扱うため、その特徴故、看護師にとって大変シビアな職場でした。

また、患者が急変することも多いため、看護師のCCUでの役割や仕事内容はとても重要になってきます。

時には患者に鎮静剤を使用してでも安静にすることを求められ、多くの点滴や生命維持装置を使用する部署でした。

そのため、CCUで働く看護師は、肉体的にも精神的にも強いストレスを抱えた患者と接するのは勿論ですが、精神的に大きなストレスを抱えた患者の家族と接することも多い部署となります。

以下CCUで働く看護師の役割や仕事内容を私の体験から特徴的な部分を説明していきます。

 

(1)日勤帯の看護師の1日

8:00 〜医師の回診
8:30〜申し送り、カンファレンス
9:00〜点滴作成、内服チェック
9:30〜転出、転入の準備
10:00〜転出  検温、心臓リハビリ 清潔ケア
11:00〜13:00食事介助など(交代で休憩)
14:00〜オペ迎えや冠血管の内科的治療後の患者受け入れ、心臓リハビリ
16:00〜申し送り

(※適宜緊急入院の受け入れを行います。)

簡単に列挙すると上記のような感じになります。

文字にすると全く忙しさが伝わりませんが、患者が重症であるということは医師の頻回の診察もあり、状態が変わればその都度指示も変わります。

患者の看護ケアよりも優先されるのは治療のスケジュールであることが多いので、その日の朝に計画した自分の行動プランで仕事ができる日は少ないでしょう。

看護師に対して臨機応変に、応用力が求められる職場でした。

(2)患者のモニタリング、異常の早期発見

私が勤務していたCCUに入院している患者は、必ずと言って良いほど心電図などのモニターが付いていました

そのCCUで働く看護師は常に、そのモニターを監視し、患者の急変にいち早く気づくことや、異常の早期発見をしなければならず、大きな役割でした。

 

ある程度モニターの数字を分析し異常値を確認する

医師は手術や検査、その他の治療でCCUに常駐しているわけではないので、看護師もある程度、モニターが示す数字を分析することや、異常値に敏感にならなければなりませんでした。

また、モニターの数字のみを見ていれば良いわけではなく、患者に寄り添い、五感をフル活用して患者の状態を把握することも当然ですが求められました。

 

(3)診療の補助

CCUでは重篤な患者が多く、CCU内で行う検査や治療も多くありました。

例えば、

  • X線撮影
  • 動脈血酸素飽和度測定
  • 心臓超音波検査
  • 軽食道超音波検査人
  • 工透析
  • IABP、PCPS、SGCモニタリング

など、24時間継続的に治療とモニタリングが行われます

そのため、CCUで働く看護師は医師が行う治療や検査の介助が必要になり役割となります。

 

看護師の体験談

CCUの看護師として迅速に対応するためには検査や治療の目的や手技を熟知しておく必要がありました。

また、使用する医療機器のセッティング方法や使用法も熟知し、患者の準備や周りの環境整備まで配慮しスムーズに治療や検査が行われるようにしなければなりません。

 

(4)看護師の視点で患者に寄り添うこと

前述した異常の早期発見や診療の補助もとても大切ですが、看護師として、医師とは違う視点で患者に寄り添うことも求められ、重要な役割であり仕事内容でした。

医師は患者全体を診るというよりも、疾患に焦点を当て、治療を行います。

とても大切なことですが、場合よっては意識のある患者に24時間の安静を強いることや、患者にとって苦痛が多くあることも確かです。

その時に患者の代弁者になり、

  • 医師と患者の苦痛緩和について話し合う
  • 許される安静度の中で少しでも患者が楽になる方法を考える
  • 患者の入院中の生活の質を向上させることに焦点を当てて働きかける

などのことも、CCU看護師の大切な仕事でした。

 

私がCCUで働いて感じたこと

私がCCUで働いて感じたこと

私がCCUで働いた際に感じたことや、働くメリット・デメリットについてご紹介します。

 

(1)心電図に強くなれた

CCUで看護師として働いて感じたことは、心電図が読めないことには仕事にならないことです。

そのため、どんなに心電図が苦手な看護師でも、必ず読めるようになります

他の診療科や部署では、

  • ちょっとした不整脈が読める
  • 致死性不整脈が分かる

以上のような心電図レベルで十分ですが、CCUの看護師は、心電図を見て心臓のどこが悪いかなど具体的に分かることが必要でした。

私は、心電図が読めることが面白くなり、自主的に勉強したり研修に行ったりと夢中になりました。

また、心電図も詳しくなると、ほかの部署でも大変役に立ちます。

ほかにも患者の水分出納の計算や電解質の検査データの見方などにも詳しく、より精密にできるようになります。

 

(2)点滴管理が得意になり医師からの信頼も厚くなった

CCUでは、点滴で循環作動薬をたくさん使用するため、点滴管理なども他の一般病棟に比べて経験数が違うので、得意になりました

同時に毒薬、劇薬の扱いにも精通しますので、その副作用などにも詳しくなり、副作用の出現時の対応などにも慣れてきます。

そうなると、一般病棟では医師からの信頼も厚くなったことを今でも良く覚えています。

 

(3)厳しいが「やりがい」がある

CCUは厳しい部署ですが、その分、やりがいも多く感じることがありました。

「鎮静剤を使用して安静にしていないといけなかった患者が、目を覚まし、食事を取れるようになり、座れるようになり、歩くことができる」

そこまでを見届けて一般病棟に送り出せるのは、目に見えて患者の変化を感じることができるので、とてもやりがいを感じます。

また、悲しいですが、CCUでは患者の死亡退院ということも起こり得ます。

だからこそ、一般病棟に患者を送り出せるのは、軽快退院と同じくらいに嬉しいものがあります。

 

(4)医師の行う治療と看護が結びつきやすい

CCUは患者の治療が優先される部署であるが故に、医師とのカンファレンスを持つ機会も多かった印象です。

医師が何を考えゴールをどこに設定し治療にあたっているのか、それを身近で聞きながら自分も参加できるので、

  • 医師の行う治療と看護の結びつき
  • 自分の看護が患者の状態をよくするために役に立っている実感

などを感じました。

私は他の部署では感じなかったことでした。

 

(5)扱う医療機器が多く覚えることが多い

CCUには様々な生命維持装置があり、点滴一つに関しても輸液ポンプの使用、シリンジポンプの使用をしなければなりませんでした。

その機械のメーカーによっても微妙に使い方や、メンテナンス方法が違うことは多々ありました。

全てを覚えることも大変ですが、スタッフ全員が使用方法やメンテナンス方法を間違いなく行うことができるように、マニュアルの整備をしたり、勉強会を開いたりなど、純粋に看護に費やす時間と同じくらいに、時間がかかり、必然的にCCUで働く看護師の仕事は多かったです。

 

(6)医療機器は次々と新しいものが入ってくる

CCUでは、医療機器が次々に新しいものやサンプルが入ってきました。

それらは、一度マニュアルを整備すればそれでおしまいというものではなく、

  • 皆が間違えることなく医療機器の使用方法を確認
  • メンテナンスできているかのフィードバック

なども必ず必要になり、家で持ち帰って行う仕事も多かったです。

時間外勤務が遠慮なくつけられる職場は理想ですが、CCUで働く看護師の場合、家で行う雑務などで時間外勤務をつけられない職場の方が圧倒的に多かったです。

最近は、分業化も進んで来て臨床工学技士がマニュアルの整備をしてくれたりする施設もあるかと思います。

しかし臨床工学技士は学校で医療機器の勉強をしており、そもそもの基礎知識で看護師と大きな差があります。

 

(7)看護師としてのストレス度は高かった

仕事量の多さと、患者の重症度が高いことによる看護師としてのストレス度が高い職場でした。

また、それ以外のストレスの原因としては、夜間も気の抜けない時間が続くということです。

一般病棟であれば、ある程度、患者の状態は落ち着いており、患者が眠る時間には看護師も休息をとったり、記録をしたりと、デスクワークができる時間があります。

しかし、CCUのように患者の重症度が高いと、夜間も急変の可能性はあり、24時間の持続点滴は当たり前のため、点滴更新や、バイタルサインを見ながら、医師の指示に従い、与薬量の調整を行わなくてはなりません。

患者の緊急入院など、日勤帯よりもスタッフの人数が少ない中での夜勤は、受け持ち患者数も増えるので、体力的になかなか厳しいことが良くありました。「超急性期は若いうちに経験しておいた方がいい」と言われるのはこういった所以かもしれません。

 

CCUの看護師が勉強しておくべきこと

私がCCUで働いた経験から、CCUに転職や異動を考える看護師の方に向けて、勉強しておいた方が良いことをご紹介します。

 

(1)心臓に関する基礎知識

心臓に関する基礎知識

CCUの看護師と働くには、心臓に関する基礎知識が基本になるため、おさらいしておくことが必要です。

血液循環

CCUの看護師になるためには、「心臓から出た動脈血がどのように全身状態を回って静脈血となり心臓に戻ってくるのか」血管の解剖生理は押さえておくことが必要です。

さらに、「頸動脈・橈骨動脈・大腿動脈が触診で触れる血圧はどのくらいか」を知っておくと急変時の対応に役立つでしょう。

心臓の解剖生理

心臓の解剖心理は、看護学校・国試でも出る問題であるため知っていて当たり前ですが、意外と混同している看護師がいます。

先天性疾患でもともと3尖弁でなく2尖弁の方もいるため、異常を認識するには、正常をよく知る必要があり「心臓の部屋はどう分かれていて、弁はそれぞれどういう構造をしているのか」等を確認することが大切です。

冠動脈の位置と栄養部位

CCUでは、冠動脈疾患の患者が多く搬送され、心筋梗塞や狭心症がその多くを占めるため、患者情報として「何番のAMI(急性心筋梗塞)です」等、病変冠動脈の番号がよく飛び交います。

そのため、「冠動脈がどのように心臓の表面を走っていて、どの筋肉を栄養しているのか」、栄養部位と合わせて立体的に捉えて番号を勉強しましょう。

十二誘導心電図を読む

CCUでは、入室時・毎朝・病状変化時・治療後の観察時など何度も心電図を取り、変化を確認します。

前日、心電図や前回心電図と見比べて変化を医者に伝えることもあるため、心電図の波形が一体何を示しているのか知っておくことは必須です。

「刺激伝導系の流れ」「胸部誘導・標準/単極肢誘導の違い」「波形(P波・Q波・R波・S波・T波)の上下の意味」を理解して、疾患ごとに特徴的な波形が分かると良いでしょう。

十二誘導心電図を正確にとる

前述の通り、心電図を正確にとることはCCUで必須の看護技術ですが、大抵緊急で早く・正確であることが求められます。

緊張するとますます位置が分からなくなってしまうこともあるため、慣れるために多くの患者の心電図をとらせて貰いましょう。

不整脈の種類を知ること

心電図波形を読む上で不整脈を知ることは大切です。

不整脈の種類については、以下の表の通りです。

頻度の高いもの・af
・AF
・PVC
・PACなど
放っておいても大丈夫なもの・単発のPVC
・単発のPAC
・房室解離など
頻度の低いもの・洞不全症候群
・洞房ブロック
・脚ブロックなど
緊急性が高いもの・QT延長
・高度房室ブロック
・完全房室ブロックなど
致死性不整脈VT、Vfなど即対応が必要なもの

不整脈の種類を勉強する際には、「緊急性が高いもの」「致死性不整脈」を早めに押さえた上で「頻度の高いもの」「放っておいても大丈夫なもの」「頻度の低いもの」を勉強し、それぞれの心電図波形を見て不整脈の名称が出てくるようにしましょう。

 

(2)押さえておきたい疾患

押さえておきたい疾患

CCUに入室する患者の多くを占める疾患は、

  • 急性心筋梗塞
  • 狭心症
  • 不整脈
  • 心不全
  • 心原性ショック

等があります。

上記の疾患は、似ているようで違いがあるため、それぞれの病態生理・分類・治療・合併症・看護を整理しておきましょう

また、心臓と他臓器の影響について、例えば「狭心症から心筋梗塞に進行」「不整脈が原因で心不全を引き起こす」等のこともあります。さらに広く考えると、「肺が原因で心機能が悪化」「腎機能低下から心不全そして呼吸不全」等、影響は大きいです。

CCUでは、心臓疾患だけに限局せず全身臓器との関連や全身状態への影響を考えて全身管理をすることが一般病棟との違いと言えるでしょう。

 

(3)看護におすすめの本

CCU看護師の所有率が高い、初心者向けの分かりやすい参考書をご紹介します。

「CCU看護マニュアル」

「CCU看護マニュアル」
タイトルCCU看護マニュアル
著・編集国立循環器病センターCCU看護部
出版社メディカ出版
出版日2013年2月26日
「新人・CCU未経験の看護師でもこれさえ勉強すれば大丈夫」というくらい基礎や知っておくべきことが載っているため、参考書を買おうと考えている看護師におすすめです。

私は、このマニュアルを基本に現場で学んだことを書き込んで復習しました。

「ナースのためNEW心電図の教室」

ナースのためNEW心電図の教室
タイトルナースのためNEW心電図の教室
著者中村恵子・柳澤厚生(監修)
出版社学習研究社
出版月2005年4月
図や解説がとても分かりやすく、心電図と主な不整脈を勉強するのに役立ちます。CD-ROMもついています。

「ハート先生の心臓カテーテル教室」

ハート先生の心臓カテーテル教室
タイトルハート先生の心臓カテーテル教室
著者市田聡
出版社医学同人社
出版月2016年8月
ハート先生シリーズは、看護学生・循環器系に従事する看護師向けのセミナーで使用するテキストであり、とても分かりやすい内容です。

根拠がよく分かり、漫画でポイントが書いてあるため楽しく学べます。ハート先生の講では、心電図からペースメーカー、ACLSまで色々あるため興味があったら受けてみると良いでしょう。

「ICU CCU心臓血管外科循環器病棟の看護のポイント147」

ICU CCU心臓血管外科循環器病棟の看護のポイント147
タイトルICU・CCU・心臓血管外科・循環器病棟の看護のポイント147
著者関口敦
出版社メディカ出版
出版日2007年10月1日
ハートナーシングは、多くの循環器系看護師のバイブルであり、心臓疾患領域の専門看護誌で毎月発行されている月刊誌です。

毎月購読するのも勉強になりますが、増刊号は特に情報が濃いため気になるタイトルがあればバックナンバーを取り寄せてみることをおすすめします。「ICU・CCU・心臓血管外科・循環器病棟の看護のポイント147」では、写真が多くて観察ポイントが具体的であるため、ベッドサイドでのイメージがしやすいでしょう。

 

最後に

最後に

CCUの看護師が診る疾患の代表的なものとして、急性心筋梗塞が挙げられますが、40代や50代の働き盛りの一家の大黒柱がある日突然倒れ、緊急入院となることも少なくありません。

そういった現実と必死に戦う家族を精神的に支えるのもCCUの看護師としての大切な仕事だと考えています。

患者やその家族に大きなストレスがかかっている現場での仕事は、看護師としても多くの心の葛藤や、体力的な負担を感じます。

しかし、死と隣り合わせである現場で仕事をすることは「生きるということ」「死ぬということ」を考えさせられる機会を与えてもらい、自分の人生観に良い変化をもたらしてくれる仕事ではないかなとも思います。

おススメの看護師転職サイト

看護のお仕事
働く前にどんな職場かよくわかる!リアルが分かる転職
4.04
[口コミ27件]

ナースではたらこ
看護師さん・医療従事者の皆さまに感謝し、医療現場を応援します
4.0
[口コミ28件]

マイナビ看護師
ベストな転職を叶えるために。本音で話せるパートナー
3.7
[口コミ27件]

この記事を書いた人

看護師監修者・執筆者について


この記事はお役に立ちましたか?

コメントを残す

内容へのご意見、ご感想を是非、お願いいたします。