呼吸器内科で働く看護師の仕事内容の体験談と感じたやりがい

呼吸器内科で働く看護師の仕事内容の体験談と感じたやりがい
画像:shutterstock

私が働いていた呼吸器内科病棟では、主に肺炎、肺がん、じん肺、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの患者を扱っていました。それに加え、気胸・膿胸・喘息発作の短期入院、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査入院も定期的に一定数行っていました。

呼吸器内科は看護師として吸引や人工呼吸器の操作、酸素マスクの管理などの技術を習得でき、内科全般の疾患にも強くなるため、若手の看護師にも非常に人気の高い診療科です。

私が呼吸器内科病棟で働いた仕事内容や働いて感じたこと、やりがいについて説明していきます。

【執筆した看護師のプロフィール】

看護師
看護師資格確認済み
  • 年齢/エリア:32歳/静岡県
  • 経歴:総合病院、特別養護老人ホーム
  • 経験がある診療科:循環器科、内分泌内科、救急外来、小児科、整形外科
総合病院で7年間勤務後、子育てをしながら現在、特別養護老人ホームの施設看護師として活躍中。

1.看護師の仕事内容

呼吸器内科 看護師の仕事内容

画像:shutterstock

私が働いていた呼吸器内科病棟での仕事内容をご紹介します。

呼吸器内科病棟での看護業務・仕事内容は、基本的には他の内科系疾患を扱う病棟と大きな違いはなく、具体的にいえば、

  • バイタルサイン測定
  • 聴診器を使った全身状態の確認
  • SpO2測定
  • 採血
  • 指示の点滴施行
  • 医師の回診介助と処置介助

などが主になります。

喘息や肺炎や気胸の患者は、若い人が多く、入院期間も短いので治療が済むと、1週間から10日で退院して行く人が多いのが特徴的でした。また、睡眠時無呼吸症候群の検査のため一泊入院したり、治療器具を装着して実際に効果があるか脳波をとったりするための検査入院も多く、仕事は多様化しています。

私の1日(日勤)のスケジュールとしては以下の通りです。

8時30分~ ・出勤:情報収集、勤務帯に施行予定の点滴準備、処置準備
8時40分~ ・病棟全体朝礼、勤務帯引継ぎのための申し送り
9時00分~ ・受け持ちナースとリーダーナースとのショートカンファレンス
9時30分~ ・部屋巡回業務
10時30分~ ・必要時、医師への状態報告、介助が必要な患者の清拭や保清ケア
11時30分~ ・休憩
12時30分~ ・昼食後の内服薬を配薬、口腔ケア
14時00分~ ・必要時、医師への状態報告、介助が必要な患者の清拭や保清ケア
・チーム別にカンファレンス
15時00分~ ・必要時、医師への状態報告、介助が必要な患者の清拭や保清ケア
16時00分~ ・業務の漏れの確認、明日の検査の準備、申し送り準備
16時30分~ ・夜勤帯勤務者を交えた業務の引継ぎ、申し送り
17時00分~ ・終業時間(残った業務や記録を再開する)

その他、呼吸器内科病棟特有の看護師の仕事内容について説明していきます。

 

(1)受け持ち患者のケア

看護師は各受け持ち患者のもとへ順番に回り、バイタルサイン・SpO2測定・呼吸、全身状態の確認・酸素投与中の酸素流量のチェックや加湿水の補充、必要な患者には吸引施行、また点滴を開始することや、継続のための交換を行うことがメインの仕事になります。

集めた情報を元に早期に報告が必要な患者がいれば、外来中の医師に連絡し状態報告と指示受けを行います。さらに平行して、寝たきりの患者や点滴ルートが多く一人では着替えや入浴ができない患者の介助も行います。

 

(2)ターミナル期の看護

急性期病院、慢性期病院に関わらず、呼吸器内科病棟には肺がんのターミナル期の患者が入院しています。

そのため、呼吸器疾患に関する知識の他に、ターミナル期の疼痛コントロールや看護が仕事となります。

看護師の体験談

私が勤務していた呼吸器内科病棟では、重症患者になると一時的に人工呼吸器を装着している患者も少なくありませんでした。

そのため、人工呼吸器の機械そのもの操作方法、モニターの見方、またモードの設定の種類、人工呼吸器適応の呼吸状態、または全身状態なのかという緊急性の判断は医師でなく看護師にも必要な知識でした。

さらに呼吸器内科ではとにかく挿管や、人工呼吸器装着時の処置介助にも看護師は関わりました。

 

(3)酸素量の管理や酸素吸入に必要な物品の管理

呼吸器疾患を持つ患者たちの多くは症状の軽い・重いに関わらず酸素療法を行いながら入院生活を送っている方がほとんどでした。

そのため、酸素量の管理や酸素吸入に必要な物品の管理、また労作時に起きる呼吸の変化にすぐに対応して患者の呼吸症状の苦痛を軽減できるようにすることも大事な看護師の仕事になります。

さらに、痰の吸引も呼吸器疾患には必ずといっていいほど必要な処置になるので吸引施行も多くなります。

 

(4)退院支援や生活指導

急性期を脱し、退院を迎える患者たちには、生活指導も重要な看護師の仕事となります。

私が勤務していた病棟では、呼吸器疾患はタバコが原因といわれているものが多く、禁煙などの生活習慣の改善を進め、退院後も家庭での継続的なケアの必要性を理解してもらうことも大切でした。

 

(5)外来との連携

慢性閉塞性肺疾患の患者などが入院する場合、感染性肺炎を起こし症状が重症化した場合などが多い印象でした。

そのため、入院時以外にも自宅で酸素療法を行なっていることが多いため、外来との連携も呼吸器内科病棟の看護師の仕事の一つでした。

 

2.働いて感じたデメリットや辛いこと

働いて感じたデメリットや辛いこと

画像:shutterstock

すべての呼吸器内科病棟が以下の内容には当てはまらないと思いますが、私が働いて感じた他の診療科との違い(デメリット)や、辛かったことを説明していきます。

 

(1)患者の急変が多い職場だった

呼吸器内科では病気の性質上、患者が急変することも多い印象で、呼吸器は酸素を取り込むために必要な器官であり、そこに問題が起こると命に関わるためプレッシャーに感じることもありました

残念ながら急変からそのまま亡くなる患者も少なくありませんでした。

また、肺がんのターミナル期の患者が大勢入院しており、時期によっては毎日のように「お看取り」に立ち会う場面もあり「精神的な負担が大きい」と感じる看護師もいました。

看護師の体験談

患者に呼吸器を装着すると声を出すことができず、早期に離脱した患者はリハビリで発生を取り戻すことはできますが、なかなか離脱できない方や、今後は装着し続けなければ生命維持ができない患者もいました。

そのような患者から、ある日「家族や孫と一緒に声をだして話したかった」「生まれてきた孫の名前を呼べない」「声も覚えてもらえない」と涙を流して訴えた患者に治療上必要なことだったと理解していても、人間として心が痛くなりました。

自分がその立場なら、看護師の立場からという気持ちの整理がなかなかつけられない日々がありその期間は仕事がとてもつらく感じました。

 

(2)基本的に忙しい病棟だった

私が勤務していた呼吸器内科病棟は基本的に満床であることが多く、ナースコールが鳴り止まないことも多かったです。特に冬の時期は、肺炎をこじらせた患者の緊急入院も多く、毎日のように残業することもありました。

また、呼吸状態が悪化するとすぐに急変につながり、その発生は時間帯に関わらず起こる為、時間外勤務が多い印象でした。

私たちは、いつ起こるかわからないイレギュラーな緊急処置や急変に備え、レギュラー的な業務は早め早めにこなしていくように意識するので、せかせかとあわただしく業務にあたっていました。

 

(3)自己学習が多い職場でした

特に新人看護師の頃はとにかく、日々の業務をこなすにも時間がかかり、分からないことを家に持ち帰り、課題をひたすら学習する生活でした。

それをしなければ、疾患理解やカンファレンスについていけず、寝不足状態で疲れが取れないということもつらかった経験です。

また、機械管理に関しては新しい機械が導入されるたびに勉強会で学ばなければならず、いつも勉強に追われる日々で自信を持って管理できるようになるのに時間がかかりました。

 

3.私が感じたやりがい

私が感じたやりがい

画像:shutterstock

私が感じた辛いことを説明しましたが、辛い中にも「やりがい」を持って看護師として仕事が出来たことも事実です。

全ての方に当てはまるわけではありませんが、私が感じた呼吸器内科病棟での看護師のやりがいについて説明していきます。

 

(1)専門的な知識と介助スキルが向上し、やりがいを感じた

私は、勤務していた病院が3次救急指定の病院だったこともあり、かなりの急性期病棟で、挿管・抜管・人工呼吸器の装着や離脱はかなり頻繁に行っていましたが、その緊迫した医療現場では専門的な知識と介助方法を知らなければ仕事についていけませんでした。

そのため、自身で勉強し実践できた時は喜びを感じ、自分の成長にやりがいを感じました

また、勤務していた病棟では労災が絡む事が多く、その点での知識が増えます。労災で賄われる治療法、薬の種類はなんなのかについて詳しく知れるのは、その後の仕事にも役立ちました。

 

(2)スキルを高め合うことが出来る仲間に出会えたこと

患者の急変時にスピード感を持って、医師や他の看護師たちと救命に関わる際に、本当に全スタッフが患者を助けたいという強い信念をもって動いていました。

そのため、現場は「ひとつのチーム」となります

これも働いている上でやりがいと喜びを感じられるものでもあり、スキルを高め合うことが出来る仲間に出会えたのは私の財産だと感じます。

 

(3)患者指導を通して患者との関係性がより良いものとなる

退院指導や患者への生活習慣指導などから、患者、またその家族からも次第に信頼をしていただけるようになりました。

高齢患者の多い科と思われがちですが、若い患者も多く、退院後の目標を一緒に持って取り組めるのは楽しいひと時でした。私の場合、普段から患者との会話量も増え世間話や冗談なども言い合えるようになりました。

患者の身の上話も意外と入院生活を送る患者から想像もつかないような過去があったりとそのギャップに驚いたり、おなかを抱えて笑ったりと忙しい病棟でも楽しんで患者と関われました。

担当以外の日にも名前で声をかけてもらえるような雰囲気は働いていて楽しいですし、やりがいを感じました。

 

(4)症状の改善が目に見えて実感できる時もある

看護師として患者への働きかけの成果が出やすいのも呼吸器内科の特徴だと感じます。

呼吸器疾患は一時的に酸素投与の必要性から医療機器を身につける期間もありますが、治療を通して少しずつ活動範囲を広げたり、短時間の酸素投与を中止できる時間が設けられたりと、客観的に患者の症状の改善を実感しやすい診療科でもあります、私はやりがいを感じました。

また、呼吸器の疾患は、生活習慣が原因となっているものも多く、看護師として指導し生活習慣が改善することで病状が改善することも多くありました。

 

4.最後に

最後に

画像:shutterstock

呼吸器の看護スキルを極めたいと思った時は、大きな総合病院や大学病院などで高度な治療を行っている病院が非常に限られているので注意が必要です。

また、呼吸器内科病棟について紹介させていただきましたが、呼吸器内科はクリニックも沢山あるため、夜勤ができない看護師はクリニックへチャレンジしてみましょう。なお、クリニックの場合は病棟で扱われる疾患の他にも睡眠時無呼吸症候群を扱うところも多く、クリニックごとで特徴が異なり、こちらも下調べが大切です。

呼吸器内科は忙しい病棟であり、大変さもありますが、学びが多く、これからの社会で需要が増え続ける領域です。

興味がある看護師の方は一度経験してみてください。

私は、この記事を執筆している中で、もう一度、育児が落ち着いたら現場に戻りたくなりました。

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

1月~3月は、求人が最も多くなる時期であり、病院・クリニック・施設・企業などの看護師求人数が最も充実します。転職に細かい希望条件がある方や、現在の職場よりも待遇が良い求人を探したい方、キャリアアップなどのステップアップをしたい看護師の方には転職が最適な時期と言えます。

しかし、看護師転職サイト(会社)などでは一番の繁忙期となり、忙しい中でもしっかりとあなたのサポートを行ってくれる、良い看護師転職サイトを選びましょう。

専任の担当者のレベルによって大きく転職活動が変わり、出会える求人も違います。そのため、以下の看護師の皆様(執筆している看護師の方)が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2020年7月6日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?