ICU(集中治療室)看護師の志望動機<例文付き>

ICU(集中治療室)看護師の志望動機<例文付き>
画像:shutterstock

ICU(集中治療室)に看護師として転職を希望する場合、面接時や履歴書に記載する志望動機をどのように書いたら印象が良いでしょうか。

ICUの場合、看護師の経歴や経験年数よりも「看護師の印象や志望動機を重視する」という採用者(病院等)も多いことが特徴的といえます。

理由としては、ICUに勤務することを憧れる看護師が多い一方で、実際は「厳しく」「辛く」「気が張る」ことも多い仕事であり、現実にギャップを感じて退職する看護師も多いためです。

だからこそ、ICUに転職する場合、志望動機は大事な項目の1つといえます。

このページではICUに転職を行う看護師に向けて、経験有無やブランクがある場合の志望動機のポイントと例文を挙げて説明していきます。

1.ICU経験者の場合のポイント

ICU経験者の場合のポイント

画像:shutterstock

ICUをすでに経験済みの看護師の場合、志望動機について記載したいことは、

  • これまでの看護師としてICU経験で得たことは何か
  • 経験をどのように活かし、(転職先に)貢献していきたいのか

という「自分のICU経験をどう活かし貢献できるか」ということを考え、記載しましょう。

ICUと一言で言っても、実態は術後管理を主に行うHCU(高度治療室)のような病院もありますし、救命救急センターの後方部署の位置付けであることや、「小児/循環器/脳外科」が多いなど、ICUに入室する患者の重症度や診療科目に偏りがある病院もあります。

転職を希望する病院のICUの特徴を捉え、「看護師としてのこれまでの経験をどのように活かすつもりか」が、採用担当者に分かるように志望動機を書きましょう。

 

志望動機の例文

<例文>

私はこれまで5年間ICUで集中ケアに携わり、集中治療における患者のケアに関する技術経験を積んできました。しかし、患者主導でなく医療者主導での支援が多かったため、もっと患者や家族の思いに寄り添いたいと考えるようになりました。

貴院ICUでは患者の精神的ケアや家族ケアを重要視されており、自分の持つ経験を活かしながら更にスキルアップを目指したいと考え、志望いたしました。

謙虚な姿勢を示すことも重要

ICUの看護師として経験がある場合、どこのICUでも通用すると思ったら違うこともあります。

先に述べたように病院のICUの医療レベルや受け入れ患者数の規模などは病院や地域によって異なりますし、自信があっても看護師として通用しないこともあるのです。

プライドが高い看護師は、新しい環境に慣れようとしないことや、人間関係をうまく築けないのでは、などと懸念されるので、なるべく謙虚な姿勢を示しましょう。

 

2.ICU未経験者の場合のポイント

ICU未経験者の場合のポイント

画像:shutterstock

看護師としてICU未経験の場合、ICUを目指すきっかけや、転職する理由があるはずです。

ICUでは対象が全疾患であることがほとんどですが、看護は一般病棟と異なるため、病棟経験やこれまでの経歴が有利になるとは期待できません

なぜ未経験ながらICUを目指すのか、という明確な理由が、採用側も一番知りたい点だといえます。

 

志望動機の例文

<例文>

私は内科病棟で3年間勤務してきました。その中で患者の急変や状態の変化があったときに、呼吸・循環をはじめとした全身状態の把握と予測ができればもっと患者に適切な対応ができるのでは、と感じるようになりました。

貴院は教育体制も確立されており、是非貴院のICUで看護師として全身管理を学び、スキルを磨きたいと考え志望いたしました。

一から学び、自分の力にしたいことを書く

ICU未経験であれば、機器の管理から観察方法など全てが勉強になることでしょう。

それを承知した上で自分から積極的に学んでいくこと、吸収したことを自分の経験としてもっと成長していきたいという意気込みが感じられるように書きましょう。

 

3.ブランクがある看護師の場合のポイント

ブランクがある看護師の場合のポイント

画像:shutterstock

ICUに今まで勤務しており、産休や育休、または他の仕事を行っており、ブランクがある看護師の場合の志望動機の書き方について説明していきます。

このような場合、復職でICUを志望するという熱意と覚悟が志望動機から読み取れる「強い意思」が必要になります。

たとえ看護師としてブランク年数が3年以内でも新しい治療法や機器の導入など、以前と状況が変わっています。

そのため、ICU看護師として経験がある場合でも、現実は単純に活かせる状況ではないこともあるため、新しい現場に対する勉強の姿勢や仕事へ取り組む積極性など、前向きでやる気が感じられる内容にまとめましょう。

 

志望動機の例文

<例文>

私は5年間総合病院のICUで勤務した後、約3年間、臨床から離れていましたが、他の仕事を経験すればするほどICUに勤務していた際に患者様やそのご家族の気持ちに寄り添っていなかったことに気づきました。

もう一度、患者の命の瀬戸際に向き合い、生きる力の手助けができるICU看護師の仕事をしたい、もっと患者様のケアを行いたい、と考え転職を希望しています。

貴院のICUは最先端医療と高い看護技術を提供されおり、復職支援制度を利用させて頂きながら今までの経験を活かし、是非貴院で研鑽を積みたいと思い志望しました。

なぜその病院のICUを選ぶのか?という理由も大事

看護師としてブランク後の復職では、

  • 「業務や役割を果たすことができるか」
  • 「自分の知識や技術が古くなって通用しないのではないか」

などの不安もあるでしょう。

その中でも、復職支援制度が充実していることや、知り合いのスタッフが生き生きと仕事をしている、患者のケアが充実している、などその病院のICUであれば不安なく働けるだろう、と考える理由があれば挙げておきましょう。

なぜ他の病院ではなく当院を選ぶのか、は面接でも聞かれる可能性があります。

 

4.志望動機に書かない方が良いこと

志望動機に書かない方が良いこと

画像:shutterstock

ICUへ看護師として転職を考える場合には、志望動機に書かない方が良いことが2つあります。

それは、「待遇面」と「ICUへの憧れの気持ち」です。

理由は以下で詳しく説明していきます。

 

(1)給料・休日などの待遇面について書くこと

ICUの看護師は一般病棟に比べると給料に特別な手当てが含まれることや、看護師の人数が多いために休日が取りやすいことがあります。(もちろん勤務する病院によります。)

そのような待遇面を志望動機に書く場合、採用側はICUという部署の責任感や緊張感を持っておらず、待遇に不満があるとすぐに退職するかもしれない、という印象を受けます。

そのため、待遇の良さはICUで働く魅力のひとつであり、実際に志望動機にもなり得るのですが、文章に具体的に挙げない方が良いと言えます。

 

(2)憧れなどの空想やイメージについて書くこと

テレビドラマなどの影響でICUや救命救急、ERなどに抱かれる「かっこいい」「すごい」などのイメージは現実的ではありません

ICUで働く看護師の実際は「厳しく」「辛く」「気が張る」ことも多い仕事です。

そのため、自分自身が憧れるICUのイメージが大きくなりすぎていると、現実とのギャップに悩むことや辞めてしまうこともあるため、採用側は敬遠します。

憧れのイメージを先行させず、「堅実に真面目に努力することができる看護師だ」と、相手に伝わるように志望動機には記載しましょう。

 

5.最後に

志望動機は人それぞれの正直な気持ちで熱意が伝わることが大切です。

志望動機は、その名の通り「志望する動機」です。

  • なぜ貴院を志望するのか
  • なぜICUの看護師を選ぶのか

自信のエピソードを交えながら、考えてみてください。

また、例文はあくまでも例文であり、コピーは行わず、ご自身の経験や気持ちから志望動機を考えてみましょう。

ICUへの転職に興味を持っている方の、志望動機を考える参考になれば幸いです。

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

条件が良い病院や施設の求人は10月~12月にかけて、非公開求人で募集する場合が多くあります。インターネットに出回らない求人のため、看護師転職サイトを活用して転職活動を実行しましょう。

また、看護師転職サイトは、専任の担当者のレベルによって大きく活動が変わります。そのため、以下の看護師の皆様が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年12月14日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?