看護師が実際にクリニックへ転職した志望動機の例文集

看護師が実際にクリニックへ転職した志望動機の例文集
画像:shutterstock

初めて病院からクリニックに転職を考える場合、履歴書の志望動機をどのように書けば良いのか分からず悩む看護師も多いのではないでしょうか。

クリニックは看護師に人気がある求人であり、求人倍率が高くなる傾向にあります。

そのため、「是非、働いて欲しい」と少しでも感じてもらえる志望動機を書くことは大切です。

以下で説明する、実際にクリニックに内定を勝ち取った看護師たちの志望動機例文を参考にしながら、ポイントを説明していきます。

1.クリニック志望動機の例文とポイント

(1)正職員として転職する場合

正職員として転職する場合

画像:shutterstock

<志望動機例文1>
現職では主に手術後の重症度の高い患者を看護しており、急性期看護をするうちに、重症度が高くなる前の段階で、病気の早期発見や予防的な生活を送るための援助がしたいと考えるようになり、外来業務の介助を通じて、初期段階での健康援助を学びたいと考えております。

貴院は、患者様が安心して通院できるよう、丁寧な説明や環境整備、普段の生活から予防的に過ごせるような介入に力を入れていることに共感し、志望したしました。また、即戦力として長く働けるよう、日々努力していきたいと考えています。

<志望動機例文2>
私は8年間総合病院の内科病棟に勤務しており、病棟では毎日の業務に追われることが多く患者1人1人にゆっくりと向き合う時間が十分に取れなかった為、徐々に1人1人の患者に丁寧に寄り添えるような地域に密着した看護を行いたいと思うようになりました。

貴院は地域に密着した患者様からの信頼が厚いクリニックであるとお聞きした為、私は前職で身に着けた臨機応変に患者対応する判断力や患者と良好な関係を築けるコミュニケーション能力を十分に生かして貴院で即戦力となれるような看護師になりたいと強く思い志望致しました。

<志望動機例文3>

私は10年間総合病院の内科で勤務いたしました。特に糖尿病患者が病気を自覚して治療に協力的になってもらえるよう食事指導や運動指導に力を入れて関わってきました。しかし、入院中は自己管理ができていても退院してからすぐに元の生活に戻ってしまい。入退院を繰り返す患者が多く、退院後の継続したフォローの難しさを実感しました。

貴院では糖尿病専門医が患者1人1人に合った適切な治療を継続的に行っており、食事指導についても管理栄養士が行っているため、今まで以上により深く糖尿病患者へ対する看護ができるのではないかと思い志望いたしました。

病院に勤務している時はチームリーダーを任され、スタッフのまとめ役でもありました。貴院でも患者やスタッフから信頼される看護師になりたいと考えています。

書き方のポイント

クリニックで働く看護師の場合、正職員1人、パート2人などのクリニックも多いです。

そのため、看護師には、

  • 今までの経験で即戦力として働いてもらえるか
  • クリニック内でリーダーシップをとり、スタッフをまとめることができるか
  • 長く続けることが出来るか
  • スタッフとの人間関係は大丈夫か

などを中心に確認する場合が多いと言えます。

今まで看護師としてどのような経験を行ったのかを上手く志望動機に入れることがポイントです。

 

(2)未経験の診療科に転職する場合

未経験の診療科に転職する場合

画像:shutterstock

<志望動機例文1>
私は、5年間総合病院の外科で勤務し、急性期の患者と接し看護ケアを学んできました。

今後は、患者の精神面でのサポートを継続的に行いたいと思い地域密着型である貴院を希望いたしました。これまでに学んできたことを活かして患者とじっくり向き合っていきたいと考えております。

<志望動機例文1>

看護師資格取得後、整形外科病棟で2年間勤め、様々な疾患を学んで看護を行い患者と接してきました。未経験ではありますが、貴院の内科クリニックで勤務しながら、看護師としてより多くの疾患を学び、更なるスキルアップを目指したいと考え、貴院を志望しました。

整形外科病棟での経験も活かしながら、技術面でも貴院に貢献したいと考えています。

書き方のポイント

未経験の診療科ということは、クリニック側からすると指導することが増えることから、あまり採用したくないため「どうしてもこの分野で働きたい」というやる気を伝えることが必要です。

今まで働いてきたことは、決して無駄にはならないため、今までの経験を活かして働くことを伝えるようにしましょう。

また、美容クリニック関連は「美容皮膚科看護師の志望動機例文!(元採用担当者が解説)」を確認しておきましょう。

 

(3)パート看護師の場合

パート看護師の場合

画像:shutterstock

<志望動機例文1>
私は内科・外科の混合病棟で約6年間勤務してまいりました。患者様と関わっているうちに、退院した後の身体的・精神的なサポートを継続して行っていきたいと考え、クリニックで働きたいと思うようになりました。

貴院は地域密着型のクリニックであり、患者様からの信頼も厚いと伺っております。私も貴院の一員として働かせていただき、患者様から頼られる看護師になりたいと思い志望いたしました。

<志望動機例文2>

私は総合病院の内科病棟で3年間勤務してまいりました。出産を機に育児と仕事を無理のないよう両立したいと考え、パートとして勤務することを希望いたします。夫も育児に協力的である為、仕事中は安心して業務に専念することができます。

クリニックによくあると耳にする繁盛期の急な残業や雑務なども問題なく対応でき、前職で得た患者との良好なコミュニケーションや臨機応変に判断して行動する能力を生かして貴院の即戦力となれるよう長く勤務したいと思っております。

<志望動機例文3>

私は総合病院の内科病棟で4年間勤務してまいりました。出産を機に育児と仕事を無理のないよう両立したいと考え、パートとして勤務することを希望いたします。

夫も育児に協力的である為、仕事中は安心して業務に専念することができます。

クリニックによくあると耳にする繁盛期の急な残業や雑務なども問題なく対応でき、前職で得た患者との良好なコミュニケーションや臨機応変に判断して行動する能力を生かして貴院の即戦力となれるよう長く勤務したいと思っております。

書き方のポイント

パート看護師を希望する場合、「何故、正職員ではなくパートとして働くのか」ということをクリニック側(雇用主)は疑問に思うことが多いと言えます。

そのため、パート看護師を希望する理由を志望動機では記載しておきましょう。

また将来的には正職員としての勤務を希望する場合などは、「正職員を考えていること」「長くクリニックで働きたい」という思いを伝えておくことも大切です。

 

(4)新人看護師や経験が浅い場合

新人看護師や経験が浅い場合

画像:shutterstock

<志望動機例文1>
私は、1年間総合病院の産科で勤務いたしました。産科では出産に立ち会い、新しい命が誕生するすばらしさを患者様と一緒に味わうことができ、看護師としてのやりがいを感じました。

働く中で同時に妊娠から出産までを継続的にサポートしたいと強く考えるようになり、貴院では3Dエコーを導入するなど最新の医療機器を揃え、より専門的な医療を提供していると聞き、妊娠から出産まで一貫した関わりがしたいと思い志望しました。

これから多くのことを学んで、患者様に還元していきたいと考えています。

<志望動機例文2>

私が看護師の仕事を選んだ理由は、地域に根差した看護を行いたいと思ったからです。1年間は総合病院の消化器内科で勤務いたしましたが、患者と接する機会が少なく、より患者の看護を身近で行いたいと感じ、現在転職活動を行っております。

貴院では、地域医療に力を入れていることや、スタッフの教育・指導にも力を入れていることをお聞きし、是非長く働き学ばせていただきたいと感じ志望いたしました。

私自身、まだまだ学ぶことが多い若輩者ではございますが、雑務なども含め仕事には一生懸命取り組んで行きながら、残業などにも柔軟に対応していきたいと考えています。

書き方のポイント

新人看護師の早期退職は、「またすぐ辞めてしまうのではないか」とクリニック側(雇用主)に思われてしまうことが多く、志望動機を記入する際は「転職するための理由」「絶対にこのクリニックで働きたい」という意思を相手に伝えることが重要です。

基本的には、看護知識や技術が未熟であり、即戦力が求められるクリニックでは不向きであるため、採用されるのが難しいことが多く、教育制度が整っており、新人看護師や新卒看護師を受け入れているクリニックを探しながら転職活動を行いましょう。

また、「新卒・新人看護師がクリニックへ転職することは?:アンケート調査」も合わせて確認しておきましょう。

 

(5)ブランク明けで就職する場合

ブランク明けで就職する場合

画像:shutterstock

<志望動機例文>
私は5年間総合病院の小児科で勤務後、出産を期に退職いたしましたが、子育てが一段落し、仕事と両立しながら働ける環境となり、復職を希望しております。

子育てを経て、親にしか分からない悩みや不安など身をもって感じるようになり、地域に密着した小児科である貴院で働かせていただきたいながら、自分の経験を活かして患者様やご家族への精神的なサポートをしたいと思い志望いたしました。

看護師としてブランクがありますが、一から勉強しながら貴院の即戦力となれるように努力したいと考えております。

書き方のポイント

ブランク明けの看護師の場合、子育て中などで急に休む可能性が高い、と思われてしまうとなかなか採用されないため「決められた出勤日は必ず守ることができる」というアピールをすることが大切です。

また「ブランクがあるけどまた勉強して働きたい」という意欲が伝わるように「自身で勉強して努力します」という内容、または「学ばせていただきたい」ということを書くことが大切です。

「貴院で学んで行きたい」という言葉は、聞こえは良いですが、「学ぶために働かれて給料も払うの?」と勘違いされる場合も多いため注意しましょう。

 

2.最後に

初めてクリニックへの志望動機を書く際には、クリニックの特徴とクリニックが採用したい看護師について知っておくことで志望動機が書きやすくなります。

クリニックの特徴
  • スタッフの人数が少ない
    (看護師の人数は平均して2~3人)
  • スタッフ間の人間関係が難しい
  • 急な休みに対応できる人はいない場合が多い
  • 突然スタッフが辞めた場合、運営ができないこともある
  • 入職後すぐに仕事を任されることが多い
クリニックが採用したい看護師
  • 決められた日に確実に働くことができる看護師
  • 長く働くことができる看護師
  • 周囲とうまく調和がとれる看護師
  • 即戦力で働ける経験がある看護師

私の経験ですが、看護師を採用するクリニック側は、書類審査をする上で志望動機を最も重要視している場合が多く、志望動機の内容次第で採用・不採用が決まる場合もあると思います。

「長期間働けること」「どうしてもこのクリニックで働きたい意志」等を相手に伝わるよう、転職先のクリニックのことを調べながら志望動機を書いていきましょう。

また、志望動機で「どのように書けばいいのか分からない」「この文章できちんと相手に伝わっているか心配」等の場合や、転職先がまだ決まっていない場合は看護師転職サイトなどを利用し、担当者に添削してもらうことをお勧めします。

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

条件が良い病院や施設の求人は10月~12月にかけて、非公開求人で募集する場合が多くあります。インターネットに出回らない求人のため、看護師転職サイトを活用して転職活動を実行しましょう。

また、看護師転職サイトは、専任の担当者のレベルによって大きく活動が変わります。そのため、以下の看護師の皆様が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年10月16日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?