救急への看護師の志望動機<例文>と書くポイント(転職時)

救急への看護師の志望動機<例文>と書くポイント(転職時)
画像:shutterstock

救急には、「テレビドラマのようにかっこいい看護師になりたい」や「災害に実際にあって、助けてもらった経験から」等、様々な理由の志望者が存在しますが、救急で働く看護師の求人は他の病棟求人より少なく、募集枠は限られていると言えます。

そのため、志望動機を書く際には「なぜ救急で働きたいのか」という強い動機を明確に伝えることが重要です。

ここでは、救急に転職を希望する看護師の方へ、「未経験の場合」「経験がある場合」「救急を希望する場合」など、例文を交えながら志望動機を書くポイントについてご紹介していきます。

看護師転職サイトランキング

1.救急未経験の場合

救急未経験の場合

画像:shutterstock

(1)志望動機の例文

<例文>
私は阪神大震災で災害に合い、地震で家屋は倒壊し火災が起き、多くの人が怪我をしたり、倒壊した家屋の下敷きになったりしているのを目の前で見ました。そんな時、「DMAT」と書かれた医師や看護師が、怪我人や重症度の高い人を助けているのを見て、私もDMATになりたいと思い救急看護師の道を選びました。

貴院は、DMATの活動を活発にされており、積極的に災害訓練やACLSのインストラクター制度などを行っているため、貴院を志望いたしました。

私は、3年間ICUで働いた経験を活かし、貴院の救急で学ばせていただきながら、DMAT隊員になれるように努力し、認定看護師資格習得のための勉強も行いたいと考えています。

 

(2)書き方のポイント

多くの入職希望者の中で救急に配属される場合、経験者または救急での将来を見据えた志望動機がある看護師が有利です。

そのため、救急未経験の看護師が志望する場合には、強い志望動機が必要となります。

救急未経験の看護師は、「何故救急を志望するのか」「何故この病院に入職しようと思ったのか」等の強い志望動機を入れることが重要で、入職後、自分が病院に対してどのような貢献が出来るのかをアピールすることも大切です。

強い動機があれば、他の入職希望者より採用担当者側の目にも止まりやすくなります。

 

2.救急の経験がある場合

救急の経験がある場合

画像:shutterstock

(1)志望動機の例文

<例文>
私は、6年間総合病院の救急病棟で勤務してきました。以前よりもっと救急を極めてみたいと思い、三次救急を主軸といた重症度の高い医療を行っている所で働きたいという思いから転職を考えています。

貴院にて、合同で行われた災害訓練の際に、貴院の高度救急救命センターの医師より話を聞き、大変興味を抱き、見学に来た際に充実した設備・多くの患者を受けられるベッド数・看護師や医師のレベルの高さを体験し、貴院を志望いたしました。

貴院では6年間の救急での知識・技術を生かし、救急の一員として即戦力になれると考えています。救急に配属していただいた際には、救急認定看護師や移植コーディネーターなどの資格取得も積極的に挑戦して行きたいと考えています。

 

(2)書き方のポイント

救急は、看護師を1人前に育てるまでに時間がかかるため、経験者は優遇されます

そのため、病院側としても即戦力は欲しいと考え、強い動機と経験があれば希望は通りやすくなります。

救急経験者として、「即戦力になれるのか」「どのような事を入職後行っていきたいのか」等を明確にして自信を持ってアピールすると良いでしょう。

 

3.総合病院の救急を志望する場合

総合病院の救急を志望する場合

画像:shutterstock

規模が大きな総合病院の場合、必ずしも救急に配属されるとは限りません。そのため、希望の救急を志望する場合の例文と書くポイントを説明していきます。

 

(1)志望動機の例文

<例文>
私は、昨年交通事故に合い、貴院の救急に搬送され、救急医療の大変さや過酷さを知ったと同時に助からないかもしれない命に対して懸命に看護を行っているのを拝見し、自分自身も救急で働いて多くの命を助ける看護がしたいと思うようになりました。

私が感じた貴院の救急のレベルの高さや、スタッフの連携、症例数の多さに魅力を感じ、貴院を志望いたしました。そのため、未経験ではありますが救急への配属を希望いたします。

総合病院の外科病棟で5年勤務した経験を活かし、一から貴院で学びながら、スタッフの一員として貢献できるように努力していきます。

 

(2)書き方のポイント

総合病院の救急を希望する場合、救急に空きがないと入職後「空きが出るまで他科で勤務してください」と希望以外の科に配属されることも良くあります。

そのため、面接時からはっきりと救急以外で働く意思がないことを伝えることが必要です。

また、強い希望を持って(救急を)志望すれば、希望が通ることが多いとも言えます。

 

4.最後に

救急の志望動機を書くポイントは、自分が「なぜ、救急の看護師になりたいのか」、エピソードを交えながら記載することで、相手(採用担当者)に伝わりやすいといえます。

また、救急に看護師の空きがない場合でも、面接時に条件面を確認しながら転職の決定を行ってください。

救急に転職を考えている看護師は、是非参考にしてみて下さい。


   
この記事はお役に立ちましたか?

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年6月16日
看護師転職サイトランキング

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ