クリニックの看護師面接で必ず聞かれること<回答例と注意点>

クリニックの看護師面接で必ず聞かれること<回答例と注意点>
画像:shutterstock

初めてのクリニックでの看護師面接では、どのようなことを質問されるか不安に感じることも多いのではないでしょうか。

クリニックと一般病院では看護師に求められることに違いがあり、面接でのアピールも変わってきます

さらに、採用される看護師数が少ないため、人気があるクリニックであれば、面接で落とされることもあります。

ここでは、クリニックの面接で必ず聞かれることの回答例と、面接で注意したいこと、確認したいことを説明していきます。

1.面接で必ず聞かれること<回答例>

クリニックに転職を考える看護師の方が、面接で聞かれることと、回答例をご紹介します。

また、一般病院とは違い、看護部長と副看護部長、人事部の事務長などはおらず、クリニックの多くは院長と面接をすることが一般的です。(規模が大きいクリニックの場合は、人事担当者や看護師などが面接する場合もあります。)

 

(1)クリニックで働きたい理由

クリニックで働きたい理由

画像:shutterstock

【回答例】

  • 「家庭の事情で夜勤ができず、自転車で通える距離のため、長く勤められると考えました。」
  • 「自分が住んでいる地域の方の役に立ちたいと感じ、クリニックを希望しました。」
  • 「貴院で働きながら、患者へ緩和ケアを提供したいと思い希望しました。」

ポイントを解説

驚いたかもしれませんが、クリニック看護師面接では、そんなに高い理想を語る必要はありません

もちろん、理想がある場合は、伝えておく必要がありますが、希望が大きすぎると「期待した活動ができずに辞めてしまうかもしれない」と思われることもあります。新規オープニングスタッフのクリニック面接であれば、「クリニックの立ち上げを一度、経験してみたいと感じました。」などの理由でも問題ないでしょう。

クリニックで働きたい理由から、勤務形態や勤務時間の話に発展する場合が多いため、自分が考えている勤務時間や雇用形態は説明しましょう。

また、そのクリニック(医師)が「何の分野に力を入れているか」をリサーチすることも大切となり、そのキーワードを転職理由に織り込むこともお勧めします。

クリニック面接では必ず聞かれる質問といえます。「なぜこのクリニックに転職したいと思ったのか?」クリニックで働きたい理由は準備しておきましょう。

 

(2)前職の退職理由

前職の退職理由

画像:shutterstock

【回答例】

  • 「看護師として臨床経験を積んだあと、一度クリニックで働きたいと思っており、退職しました。」
  • 「夜勤続きで体調を崩してしまい、療養のため退職しました。現在の体調は問題なく、一般病院へ戻るよりは新しい分野で挑戦してみたと思いました。」
  • 「子供が小学校に上がり、育児と子育てを両立したいと思い、前職は退職しました。」

ポイントを解説

面接においては、前の職場について悪く言わないことが鉄則です。

特にクリニックは評判を非常に気にするため、看護師が前の職場のことを話すということはよく見られないことが多いといえます。

「家庭事情」「体調を一時的に壊した」「引っ越した」「他の仕事を経験してみたかった」など、差しさわりのない理由にとどめておくことが大切です。

 

(3)看護業務や雑務が出来るかどうかの確認

看護業務や雑務が出来るかどうかの確認

画像:shutterstock

【回答例】

  • 「今言われた業務は行ったことはありませんが、ご指導を頂きながらしっかり覚えていきます。」

ポイントを解説

クリニックで働く看護師は、バイタルの計測や治療の補助、採血・点滴・注射の対応などの看護業務の他に、受付や物品の管理・発注、清掃など行う場合が多いといえます。

臨床経験が少ない場合は、素直に行った看護業務を伝え、雑務などの行ったことがない仕事は、覚える意志を伝えましょう

行ったことがない業務については、はっきりと伝えておくことで、入職後のトラブルを防ぐことが出来ます。

また、クリニックで働く人員は少ないため、面接で伝えたことは、働くスタッフにも直接伝わると思っておきましょう。

 

(4)人間関係に関する質問

人間関係に関する質問

画像:shutterstock

【回答例】

  • 「以前まで働いていた職場でも、対人関係はトラブルなく行っていました。また、前職も円満に退社させていただきました。」
  • 「初めてクリニックで働くため、院長やスタッフの方に教えていただきながら、今までの経験を活かし、新人看護師の気持ちで働きたいと思っています。」

ポイントを解説

どのような聞かれ方をするか分かりませんが、「クリニックは、職場の人間関係を大切にできる看護師か?」ということを面接で確認しています。

院長が頭を抱える問題の一つが「スタッフ間の人間関係」です。クリニックは少人数だからこそ、古株と新しいスタッフ、事務と看護師などがぶつかり合うことが多いためです。

そのため、面接での質問や、話しているときに「人間関係についての質問」が来た場合、ネガティブな発言は避け、協力して仕事を行っていきたい思いを伝えましょう。

 

2.回答内容の注意点と面接での確認事項

回答内容の注意点と面接での確認事項

画像:shutterstock

回答例に補足して、回答する内容の注意点と、クリニックの面接で看護師が確認しておきたいことを説明してきます。

 

(1)クリニックの面接は求められる業務を説明される場

クリニックの場合、一般病院と違い、雇用主である院長が面接することが多いため、クリニックが求める看護師業務についての説明があり、時には看護業務でない業務についても説明されることがあります

「看護師として、こんな看護を提供したい」という希望をきいてもらうというよりも、

  • クリニックが求める業務を経験したことがあるか
  • 院長が期待する業務をこなしてくれるか

など、確認されることが、クリニック看護師面接のポイントとなります。

 

(2)「(仕事を)何でも行います」は避けておく

「(仕事を)何でも行います」は避けておく

画像:shutterstock

クリニックへの就職を決めたいがために、面接で院長から提示された業務内容に「何でも行います」と言う場合があります。

しかし、仕事上のことのため、分からないことや疑問な点はきちんと質問し、そのうえで考えて返事をすることが大切です。

一般病院のように看護師が多く在籍していることはないため、嫌なことを無理して仕事を続けても、代わってくれる看護師はいないので注意が必要です。

また、面接で「できない」「やりたくない」は院長との信頼関係が揺らいでしまうことにもつながってしまうため注意してください。

不安な方は、仕事内容やクリニックでの転職失敗事例として「病院からクリニックへ転職した看護師が1ヶ月で退職した理由7つ」を確認しておきましょう。

 

(3)勤務時間や勤務形態の確認を行う

勤務時間や勤務形態の確認を行う

画像:shutterstock

クリニック看護師面接において、希望する勤務形態や、勤務時間は聞かれることの1つです。

クリニックは数名の常勤者と数名の非常勤で成り立っているため、しっかりと意思を伝えることが必要になります。

また、シフト制を組んでいるクリニックの場合、シフトに入れない曜日がある際にはそれを伝えておくことが大切です。面接が決まった後で「その曜日は入ることができない」と断ると、「言っていることが違う」と院長・スタッフ共に悪い印象を持たれやすいため注意してください。

特に非常勤の場合には、パートが必要ない曜日もあるため院長と自分の希望のすり合わせが必要となります。

 

(4)給料、賞与、福利厚生の確認を行う

給料や賞与、福利厚生に関しては質問しにくいことですが、一般病院と違い、クリニックでは院長がすべてを掌握しています。

そのため、きちんと初回面接で給料金額や振り込み日、賞与の有無、社会保障を含めた福利厚生について書面などで確認することが大切です。

書面がない場合は、聞いていないなどの理由からもめる場合があり、求人募集要項などは事前に確認しながら書面で貰うように条件をすり合わせていきましょう。

 

3.最後に

初めてクリニックでの面接を行う場合、看護師として、あまり意気込みすぎないことをお勧めします。

クリニックは、院長が経営している小さな組織です。

その中で、いかに看護師としての能力を発揮するかが問われます。

経験したことがない業務は、はっきりと経験したことがないと伝え、就職後に研修を行ってもらった方が良いでしょう。

曖昧な回答を行ってしまうと、入職後の人間関係を悪くさせる原因にもなります。

そして、院長に気に入られたい一心で大切な給料・賞与・福利厚生の確認を怠ると、「条件が違った」と大変なことにもなりかねません。

一般病院に転職するより、気になるすべての内容を自分自身で確認することをお勧めします。「当たり前だと思っていた」と質問しない看護師も多いためです。また、条件が利きにくい場合や苦手だと思う場合は、第三者の手を利用し、看護師転職サイト(転職支援サービス)などを利用しましょう。

冷静な対応で確実に質問するように心がけてください。

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

条件が良い病院や施設の求人は10月~12月にかけて、非公開求人で募集する場合が多くあります。インターネットに出回らない求人のため、看護師転職サイトを活用して転職活動を実行しましょう。

また、看護師転職サイトは、専任の担当者のレベルによって大きく活動が変わります。そのため、以下の看護師の皆様が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年12月14日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?