精神科看護師の志望動機例文(転職用)

精神科看護師の志望動機例文(転職用)
画像:shutterstock

精神科は看護師にとって「業務が楽」「定時に退勤できる」といったイメージがある事を精神科の採用担当者はよく分かっています。

そのため、「他の診療科より看護師の仕事が楽のため希望しました」と志望動機を書くわけにはいきません

(もちろん、看護師の方が楽だけを求めて精神科に勤務しているわけではありません。)

しかし、矛盾するようですが、精神科への志望動機で「看護師にとって精神科ならではの働きやすさ」について全く触れないのも、かえって面接官から信頼されなくなってしまうのです。

では、精神科へ転職する際は、どのような志望動機を書けば良いのでしょうか。現役精神科看護師の私が、転職する看護師の状況別に解説していきます。

【執筆した看護師のプロフィール】

男性看護師
看護師資格確認済み
  • 大阪府/30歳/男性
  • 職務経験:精神科病院、デイサービス、有料老人ホーム
  • 診療科経験:精神科病棟、内科精神合併症病棟
精神科看護師として6年間勤務後、現在は精神科をメインに非常勤看護師として活躍中。

1.他の診療科から精神科へ転職する場合

<志望動機例文>
私は5年間外科病棟に勤務し周手術期における看護を経験してまいりました。外科病棟であっても精神疾患を合併している患者、手術後に不穏状態になる患者の看護も行う機会が度々あり、徐々に精神疾患患者の看護を積極的に行いたいと思うようになりました。

前職で身に着けた臨機応変に患者の対応ができる判断力を生かし、精神疾患患者に対しても例え回復が目に見えにくくとも、一人ひとりに心から寄り添って状況に応じた適切な対応ができる看護師になりたいと考え、多くの患者を受け入れている貴院の精神科病棟で働くことを志望致します。

 

2.復職・ブランクがある場合

<志望動機例文>
私が休職前に働いていた職場は日々業務に追われており、一日中慌ただしい雰囲気が立ち込めていました。正直、患者とのコミュニケーションよりも、とにかく業務をこなすことが第一優先になってしまっていた記憶があります。

そんな中、妊娠が発覚し、思い切って一度看護師という仕事から離れましたが、最近少しずつ子供の手が離れたことで「看護師として働きたい」と強く感じるようになりました。ただ、長い目で患者の援助や治療に携われる精神科へ復職しようと決心しました。

また、比較的医療行為の少ない精神科であれば、ブランクがある私でも早い段階で即戦力としてお役にたてるのではないかと思い、今回、貴院を志望するに至りました。

 

3.家庭と両立したい場合

<志望動機例文>
私は出産を機に、地域のクリニックで正職員として働いていましたが、残業も多く主婦業との両立が体力的にも精神的にも難しくなってしまいました。ただ、私は今後の看護師としてのスキルアップのためにも、非常勤ではなく「正職員として働き続ける」ことは譲れないと考えています。

看護師として働いているときから精神疾患に興味があり、貴院では急性期から慢性期の精神疾患患者が入院しており、多くの疾患を学ぶことが出来ると感じました。

また、私のような主婦看護師が多いとお聞きし、主婦業と両立させながら看護師としてスキルアップできる可能性も高いと考え、今回、志望させていただくに至りました。

 

4.男性看護師の場合

<志望動機例文>
私はこれまで循環器内科の病棟で3年間働いていました。私が勤務していた病棟に精神疾患のある男性患者が入院しており、どのスタッフも非常に手を焼いておりましたが、精神科での勤務経験のある他病棟の男性看護師に助けを求めたところ、その患者を軽快なコミュニケーションで落ち着かせてくれました。そのことがきっかけで、精神科では男性看護師だからこそ活躍できる機会が多く、また男性看護師の比率も他の診療科より高い傾向にあることを耳にしたため、精神科に興味を持つようになりました。

自身が男性であることから、できない看護業務も多くその事に対して無力感を感じており、「精神科であれば、今よりも男性看護師として活躍できるのでは」と考え、今回精神科専門病院である貴院を志望するに至りました。

 

5.新人看護師(1年目)の転職

<志望動機例文>
私は看護学生の頃、精神科実習にて精神科の素晴らしさを知りました。病棟は時間がゆったりと流れ、看護師は一人一人の患者と寄り添って援助に励んでいる姿にとても魅力を感じ、特に現場の精神科看護師が、分かりづらい患者様の訴えを導きだし問題解決に励んでいる姿は非常に参考になったのを覚えています。この時、「看護を極めるなら精神科が良い」と考えておりましたが、新卒から精神科で働くのは躊躇してしまい、急性期病院の小児科病棟へ就職しました。

しかし、小児科は当初私が考えていたよりもずっと厳しい現場であり、また私は小児患者が苦しむ姿を見ることにも耐えられず、3ヶ月も経たないうちに退職に至りました。今思えば、大した覚悟もないままに小児科へ就職してしまったことが、原因だったと反省しております。

当初から働きたいと思っていた精神科で気持ち新たに頑張っていこうと覚悟を決めています。看護師としてまだ力不足ですが、貴院で精神科看護師として患者様の問題解決が出来るよう、精一杯努力していきたいです。

 

6.最後に:ポイントと注意点

最後に:ポイントと注意点

画像:shutterstock

精神科看護師を希望する際は、

  • 「あなたが精神科で働きたい理由」
  • 「あなたにとって精神科が働きやすい理由」

以上の2点について明確にバランスよく伝えることが、面接官へ好印象を与える第1歩となります。

各ポイントについては以下の通りです。

他の診療科からの転職 ・精神科を選んだ理由を明確にする
・前職の経験をアピールする
復職・ブランクがある場合 ・精神科看護師への想いを理由にする
・医療行為に躊躇していることを記載してもOK
家庭と両立したい場合 ・定時に帰れることは立派な志望動機
・「なぜ精神科を選んだか」等の理由は忘れない
男性看護師の場合 ・男性看護師である強みを生かせる志望動機を心がける
新人看護師の場合 ・頑張る気持ちやフレッシュさをアピールする
・「なぜ精神科ではなければいけないのか」という気持ちを出す
・精神科で楽をしたいというイメージを払拭すること

一般的に言われているような「その病院へ転職したい理由」については、精神科の場合、そこまで重要視する必要はありません

理由としては、採用担当者は志望動機の中にある「病院を選んだ理由」は読みなれているため、そこを頑張って書かれても、あまり胸には響かないのです。

(もちろん、あなたがその病院に魅力を感じていることが一番の志望動機の場合は記載すべきです。)

個別性を出すためにも、上記の2点について重点的に書きあなたの熱意を伝えられるようにしてください。

また、精神科へ転職する際の志望動機は、きちんと心を込めて書いてください

繰り返しになりますが、精神科は「楽そうだから」という理由で転職してくる看護師が多いため、面接官は履歴書の志望動機や面接の対応をよく見て、そういった看護師を振り落とそうとしています。

そのため、あなたが「どうせ受かるでしょ」と軽い気持ちで志望動機を書いてしまうと、たとえその気はなくても「この看護師はやる気がない部類ね」と見なされてしまう可能性があるので、気を付けましょう。

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

条件が良い病院や施設の求人は10月~12月にかけて、非公開求人で募集する場合が多くあります。インターネットに出回らない求人のため、看護師転職サイトを活用して転職活動を実行しましょう。

また、看護師転職サイトは、専任の担当者のレベルによって大きく活動が変わります。そのため、以下の看護師の皆様が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年12月14日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?