看護師になった理由やきっかけ:アンケート調査

(画像引用:ウィキペディアより)

看護師資格を保有している方53名に対して「看護師になった理由は何ですか?」また「いつから看護師を目指そうと思っていましたか?」というアンケート調査を実施しました。

  • 回答数:50名
  • 対象者:看護師
  • 実施日:2018年8月22日
  • 調査:独自調査(看護師資格、経歴確認済み)
  • 調査形式:フリー回答可、複数選択可

【いつから看護師を目指そうと思っていましたか?】

高校生のとき 57%
社会人になってから 16%
中学生のとき 15%
子供のときから 12%
看護学校の関係で、高校生の時に「看護師になろう」と決意した方が57%と圧倒的大多数でした。また、意外ですが、社会人になってから看護師を志す方が16%と2番目に多かったことが印象的です。

【看護師になった理由は何ですか?】

看護師になった理由は何ですか?アンケート結果
看護が好き・人の役に立ちたい 18%
自立したかったため 18%
働く看護師を実際に見て憧れた
(体験や見学を含む)
16%
家族や知人・友人に勧められたため 10%
将来や安定を考えて 10%
テレビやドラマ・映画・本などの影響 9%
自分・家族・知人の病気がきっかけ 9%
家族や知人が看護師だったため 7%
「看護が好き・人の役に立ちたい(18%)」「自立したかったため(18%)」が一番多い看護師になった理由でした。

皆さまが看護師という職業と向き合って仕事を選んでいることが分かりました。また、複数の理由で看護師になった方が多く、看護師たちの意見を確認していきましょう。

看護師転職サイトランキング

1.看護が好き・人の役に立ちたい


看護師の回答
一生やりがいを持って働ける仕事だと思った(東京都/31歳)

「人の役に立つ仕事がしたいと思い、自分で看護師を調べてみると、一生やりがいを持って働ける仕事で、収入的にも十分自立が可能なことから魅力を感じ、看護師になることを決断しました。」

エピソードを読む

高校を卒業後、フリーターとして飲食店でアルバイトをしていました。人と接することが好きなので飲食店で働いていましたが、様々な人と接する中でもっと人の役に立つ仕事がしたいと考えるようになりました。

また、フリーターのままだと経済的自立が困難で、しっかり収入が得られる仕事に就きたいと思うようになりました。そんな時に看護学校に通っている友人が、看護師の仕事のやりがいや、将来働いた場合の収入の安定を教えてくれました。

このことをきっかけに看護師の仕事に興味を持つようになりました。


看護師の回答実習を行って人の看護をする楽しさが分かったから(東京都/37歳)

「看護の専門学校に入ったものの、興味が湧かなかったですが、実習を行うのにつれて、患者と関わり、よくなって退院していく姿を見ていき、人を看護する楽しさがだんだん感じるようになりました。」

エピソードを読む

元々、私は体育の先生になりたかったのですが、家庭の事情で大学に行くことができず、部活の先輩が行っていた看護学校を推薦で受けて受かりました。

看護師という仕事に正直興味がなかったので、専門学校1年、2年生はまともに学校に行っていませんでした。

3年生になってくると、ほとんどが実習になり、様々な実習を行っていくにつれて、看護の魅力を感じました。

それから、一所懸命に勉強し、みんなのレベルにまで到達し、国家試験を受け、見事合格を果たしました。今考えると、看護師になって良かったと思っています。


看護師の回答お年寄りと関わることが好きだった(栃木県/27歳/男性)

「私は、お年寄りと関わることが好きでした。そして高齢者介護をしていた友人の影響もあり看護助手という職種で病院に勤務していました。1年後に病棟師長から将来的にも看護師免許を取得した方が経済的にも身分の安定性も保証してくれるという話があり、看護学校に入学しました。当時は社会福祉士にも興味がありましたが、結果的には看護師になって良かったと思いました。」


看護師の回答スポーツ選手のケアにやりがいを感じた(東京都/26歳)

私は三姉妹の長女で、小さい頃から妹たちの面倒をみるのが当たり前の生活だったので、小学生くらいのときは人の世話をする仕事が向いているのかなと、漠然と思っていました。高校に入って、部活でマネージャーをすることになり、スポーツ医学を学ぶことや、選手のケアを行う中でやりがいを感じて、将来は看護師になりたいなと思うようになり、結果看護師になりました。


看護師の回答人の手助けを行う仕事がしたい(大阪府/22歳)

「進路を決定する際に、どんな仕事に就きたいか考えたとき、困っている人、苦しんでいる人、痛みを持つ人達に対して、目を背けることや遠ざかることなく、そっと手を差し伸べ、その人の必要としている手助けを行うことのできる人間になりたい。と、感じました。このことを具体化していくために、看護師という仕事であれば、職業において体現することができると考え、看護師を志し、そして働くようになりました。」


看護師の回答看護師に興味があった(33歳・新潟県)

「様々な理由から総合的に看護師が浮かび上がってきました。その中でも一番大きな動機は、人間という存在そのものに強く興味があったことです。心身の両面から人間そのものに向き合えるような仕事につきたいと考えていました。健康に関わる職業につけば家族の役にもたつ可能性があること、両親の反対がなかったこと、経済的に早くから自立して生活しやすいことが看護師を選んだ主な理由です。」

エピソードを読む

看護師を目指してみようと決めたのは、高校生のとき、大学入試の前です。

受験のために専攻学部を決めなければならず、将来進む方向性について考える機会がありました。それまでの人生で看護師になるための何か劇的な出来事があったわけではなく、トータル的に看護師を選びました。


2.自立したかったため


看護師の回答「自分を変えたい」「自立したい」「病気について詳しくなりたい」(群馬県/35歳)

「私が看護師を目指そうとしたのは、結婚して子供を出産した後でした。子どもは身体が弱く病院にお世話になることが多かったことがきっかけになりました。また、夫に養われていることが後ろめたく、言いたいことも我慢している自分にも気が付きました。「自分を変えたい」「自信を付けたい」「自立したい」「病気について詳しくなりたい」など理由を挙げればキリがありませんが、こうした思いが行動力に変わり、子育てをしながら准看護師学校へ2年、看護学校へ2年通い看護師の資格を取得しました。」


看護師になる人が少ないなら私がなろう(岩手県/42歳)看護師の回答

「女性看護師幼稚園の時に白衣の看護婦(看護師)さんが優しくて憧れていました。中学生になってもその思いは変わらず、世間では大変な仕事だけれど、命に関わる重要なお仕事なのに看護婦(看護師)不足と言われており、なる人がいなくて困っているなら私がなろうと思いました。」

エピソードを読む

高校生になって進路を決める時に他の職業も考えて、薬剤師や検査技師、リハビリの先生など他の医療系の職業も考えましたが、一番患者さんの身近に感じて仕事ができ、ずっと新たな医療を追い求めて勉強、成長出来ること、給料面、自分の学力、家族の経済状況を考えて、改めて看護師を志望しました。


看護師の回答どこに行っても食べていける職業だと思った(神奈川県/40歳)

「私が、看護師になった理由、一番は「手に職をつける」ためです。女性に出来る、日本全国どの地域に行っても、自立でき食べていける「職業」だと思ったからです。」

エピソードを読む

また、当時、国立の看護専門学校だと、年間授業料が数万円とお財布にもやさしいところが魅力的でした。

私は、兄弟が多く、上のほうだったので「経済的」な負担が少なく、「手に職をつける」職業というのはとても大事な条件でした。

もう1つ、看護師という職業に惹かれたのは、高校生の頃の入院経験からです。身近に医療関係者がいなかったので、こんな職業もあるのかとカルチャーショックを受けました。

仕事を知るきっかけがあったこと、女性で自立できる職業であることが、私が看護師になろうと思った理由です。


手に職をつけたかったため(神奈川県・30歳)看護師の回答

「看護師になる前は、大学を卒業し、飲食業の店長をしていました。体力仕事で、当時は休みも十分に無く、若いうちしかできない仕事だと思うようになり、在職中に看護学校を受験し、3年間働いた会社を辞め、25歳の時に看護学校に入りました。手に職をつけたいと考えた末に、選んだ仕事が看護師でした。」

エピソードを読む

両親が福祉関係の仕事をしていたこともあり、医療福祉というものが比較的身近にありました。

どんな状況にあっても、女性である自分が今後一人になっても食べていけ、やりがいをもって一生働き続けられる仕事と考えた際に、25歳からもチャレンジできる看護師が第一選択になりました。


看護師の回答専門職で働きたかった(46歳・埼玉県)

「私が看護師を志した理由は、手に職をつけた専門職として働きたいと思ったからです。看護師は国家資格なので、1度免許を取得して経験を積んでいけば、年齢を重ねてからも自分で職場を選べる職業だと考えました。両親にも、夜勤があり大変だから保健師はどうかと勧められましたが、当時は保健師の仕事にあまり興味が持てなかったため、あまり深く考えずに看護学校を受験しました。」


看護師の回答家庭のため、早く自立したかった(大阪府/26歳)

「母子家庭で育ち、弟もいたため少しでも早く自立したいという思いでした。また、弟は当時中学生だったため、家族に迷惑をかけたくありませんでした。そこで少しでも早く自立したいと考えた私は、手に職を付けることを考えましたが、当時の私には『看護師』しか思い浮かばなかったからです。」


 

3.働く看護師を実際に見て憧れた


看護師の回答看護師さんが優しく声をかけてくれた(神奈川県/36歳)

「看護師という職業を目の当たりにし、無知だった私は弟が心配で病室の外で泣いていると、優しく声を掛けてくれた看護師さんに心救われたことがきっかけで看護師になりました。」

エピソードを読む

小・中学生の頃、怪我をして困った時や体調が悪いときに、保健室の先生を見て、私も人に安心感を与える仕事がしたいと思い、保健室の先生になることを目指して、専門学科のある大学付属の高校に進学していました。

しかし、私が高校3年生の春に、弟がマイコプラズマ肺炎で入院をしました。その時、私は保健室の先生ではなく、看護師になろうと決めました。

保健室の先生には、できることは限られているけれど、看護師だったらば、心身ともに人を救うことができると気付きました。それから、すぐに進路をかえ、まわりの反対を押し切りながら、看護師を目指しました。


看護師の回答職業体験で赤ちゃんに関わっている助産師を見たから(大阪府/38歳/現在助産師)

「高校のときに、ずっと働き続けられる職業に看護師があることを知り、職業体験などで病院見学に行く中、赤ちゃんに関われる看護師を見て、「助産師という仕事がある」ということが分かりました。そのまま、助産師になりたいと強く思い、看護師資格を取得し、今(助産師)に至ります。」

エピソードを読む

小さい時から、お母さんはいつも仕事で働いているのが当たり前だと思う環境で育ってきました。

周りの環境も、保育所に通っていたので、友だちのお母さんも、みんな働いていており、そんな中、小学生の頃から私もお母さんになってもずっと働くのだろうなあと漠然と思い描いていました。

しかし、中学生になり、誰もがお母さんになっても働き続けられるのではないことを知りました。

その時、「手に職がないと就職は大変なのだ」と近くにいる大人をみて考えるようになっていました。

高校生になり、ずっと働き続けられる職業に看護師があることを知り、職業体験などで病院見学に行く中、赤ちゃんに関われる助産師という仕事があることも分かりました。

それからは、赤ちゃんに関わりながらずっと働き続けることができる助産師という仕事を目指し、今に至ります。


看護師の回答小さいころから医療が近くに合った(東京都/34歳)

「私は、小さい頃から身体が弱く、月に1度は入院をするような子供でした。そのため、友達はおらず、自分と関わりがあるのは医療職のスタッフくらいでした。入院していたため、小さい頃から医療は常に自分の側にあり、自然と医療職を志すようになっていました。看護大学に入学し、看護師になることを決めました。」


看護師の回答働く自立した女性に憧れて(茨木県/28歳)

「看護師志望の友人に誘われて、病院見学と看護師体験へ行き、とても綺麗で生き生きと働いている姿を見ました。白衣のせいもあるかも知れませんが、とても素敵で「働く自立した女性」という印象を持ったことを覚えています。私は看護師の外見に憧れ、看護師になりたいと思いました。」

エピソードを読む

私が看護師になった理由は2つあります。

まず1つ目は、高校で仲の良かった友達が看護師を目指していたからです。

高校時代、特に将来の夢もなく大学へ進学しようと思っていたのですが、看護師志望の友達に誘われて病院見学と看護師体験へ行き、白衣を着て写真を撮ってもらい、なんとなくその気になってしまったのです。

2つ目は、別の病院に見学へ行った際にそこで働いていた看護師が、とても綺麗で生き生きとしていたからです。

どちらも今となっては恥ずかしいのですが、きっかけは何であれ、今では看護師になって良かったと思っています。


看護師の回答看護師は「かっこいいな」と感じたため(東京都/33歳)

「中学生の頃、看護師として働く幼馴染の母を見て、なんとなく「かっこいいな」と感じたことがきっかけです。そこで、看護学校への進学が見込める高校へ進学し一日看護師体験やオープンキャンパスなどに参加、意志は変わらず看護学校へ進学しました。」

エピソードを読む

看護学校は3年で社会人になれるからラッキーと思い看護学校にしましたが、ゆとりのないカリキュラムがとても大変でした。

専門学校時代は寝る暇もないほど忙しく、ゆとりのある大学を選択しキャンパスライフを楽しむべきだったことを、何度も後悔しましたが、あの3年間でできた友人は今でも仲良く私の宝物の一つになりました。


 

4.家族や知人・友人に勧められたため


看護師の回答母の夢を叶えるために(神奈川県/42歳)

『ある時母に、「お母さんは、看護婦(看護師)さんになるのが夢だったけど、なれなかったからあなたに夢を叶えて欲しい」と言われたのが、本格的に看護師を目指すきっかけとなりました。』

エピソードを読む

私が看護師になりたいと思ったのは、中学生の時でした。

その頃は、「白衣の天使24時」というテレビ番組があり、よく母が観ていたので私も一緒に観ていました。

テレビの中の看護師さんは、とてもキラキラしていて、いつしかナースキャップに憧れを抱き初めていました。その時、母に勧められたのがきっかけでした。

ただ、私は勉強が好きではなかったので、受験勉強はとても苦労しました。

それでも、夢を叶えるべく高校時代は必死に勉強し、推薦入学を勝ち取ることができました。母の敷いたレールに乗っかったことで、看護師という職を手にすることが出来、母には感謝しています。


看護師の回答両親に看護師はどうかと勧められた(埼玉県/45歳/がん専門看護師)

『私が看護師になった理由は、家庭の事情で進学を希望していた大学を諦めた後、何をしようか考えていた時に「看護師はどうか?」と両親に勧められたことがきっかけでした。看護師に対するイメージは何も持っていなかったことが結果的に良かったのか、経験を重ねることで看護の良さを実感することになりました。』

エピソードを読む

そんな時(今から思えば父の策略なのですが)父は元気のない私をドライブに連れ出し、病院巡りに連れて行きました。

車からいくつかの病院の建物を見ていた時、「あ、この建物に勤めてみたい」と心ときめく建物がありました。それは、レンガ造りの素敵な建物で、周囲に緑も多く、私の好きな風景だったのです。

この建物で働いてみたくなったことが、看護師を目指したきっかけとなり、その病院での実習を通して更に、「この病院に勤めたい」と強く思うようになりました。


看護師の回答高校時代の担任教師に勧められたため(奈良県/34歳)

『デスクワークではなく、人と関わる仕事をしたいと思っていました。自分自身がスポーツをしていたということもあり、理学療法士になりたいと最初は考えていました。高校時代の担任教師から、「君は看護師の方が向いている。人の心に寄り添える力を持っている」と、看護師になることを強く進められました。それから看護師の仕事内容について具体的に調べてみると、どんどん興味が湧いてきました。担任教師のその一言をきっかけに、看護師を志そうと決めました。』


看護師の回答友達からの提案と将来の安定性(千葉県/29歳)

『私は、社会人経験から看護師になりました。看護師になる前の職場では、男性職員が多く孤立感を感じることが多々ありました。高校生の頃に、親にも看護師として働くことを提案されましたが、その時は全くなりたいと思ってはいませんでした。その職場で働き続けていくことに悩みはじめていた時、看護師として働く友達から、「看護師として働いてみれば?」と提案されました。その時友達からかけられた言葉には看護師の魅力を知るきっかけにもなり、私にとって影響力のあるものでした。また、他にも給与の面からも安定性があることを知り、看護師になろうと決心しました。』


看護師の回答母が進めてくれた(大阪府/32歳)

『小さい頃から何故か病院が好きだった私に近所に看護師になるために進学した人がいたのを知った母が、「私もその学校へ進学してはどうか?」と勧めてくれたことで進学を決めました。』


看護師の回答家族の勧めで人の役に立つ仕事に(千葉県/27歳)

『私は物心着いたときから両親に「将来は看護師になるように」と家族に言われてきました。そのため私は看護師になるのが当たり前のように思っていました。』

エピソードを読む

高校生になり将来について考えた時、自分は何になりたいのかもう一度考え直しました。

他の職業になることも考えましたが、「人の役に立つ職業に就きたい」「人の身体面だけでなく、精神面でのサポートができるのは看護師しかいない」と思い看護師の道へ進むことにしました。

私は患者さんから信頼され、何でも気軽に話かけてもらえるような看護師になりたいと思いました。


 

5.将来や安定を考えて


看護師の回答将来はオーストラリアで働きたい(長野県/27歳)

「女性でも給料が多く、苦手なデスクワークではない仕事を探したとき、やはり看護師が良いのではないかと思い、将来(海外が好きなため)オーストラリアに行くことも考え、看護師になりました。」

エピソードを読む

20代の頃、海外でバックパッカーやワーキングホリデーを行っており、オーストラリアの友人が看護師として働いました。

看護師が高待遇だということや、日本で取った看護師の資格があればオーストラリアでも働けることを知り看護師の資格に魅力を感じていました。


看護師の回答将来は海外活躍できる医療人になりたい(27歳/沖縄県)

「青年海外協力隊や国境なき医師団の存在を知り、発展途上国や紛争地では医療的物資や人材が不足しており、限られた範囲で活動をすることを強いられます。その厳しい中にありながらも懸命に活動する医療人の姿に感動し、将来は海外活躍できる医療人、特に発展途上国や紛争地で活動したいと考え、看護師になりました。」

エピソードを読む

私が看護師を志すようになったのは、高校生の時でした。

高校は国際文科に在籍していたため、外国語の授業や異文化に触れる機会が多かったです。

特に異文化の授業では、国際問題や発展途上国・紛争地での人々の生活や状況を学び、自分の生活との違いに衝撃を受け、その状況下でも彼らを支援する団体として、青年海外協力隊や国境なき医師団の存在を知りました。

このことで私は看護師を目指すことになりました。


看護師の回答一生食べていける仕事だから(香川県・42歳)

「お恥ずかしい話ですが、けっして立派な志があって看護師になったわけではありません。高校卒業後、自分の進路について、なんら目標を見出せないでいた私に母が「看護師なら仕事がたくさんあるし一生食べていける」と強く勧めたことが、私が看護師になった理由です。」

エピソードを読む

そんな私でしたから、看護学校に入学して、すぐに自分の浅はかさを後悔したものです。

私が母に勧められるまま入学した看護学校は、とても厳しい学校で、しかも全寮制でした。

毎日のように先生や先輩に叱られ、実習でも失敗ばかり・・・看護師になるのを辞めようと何度も思いました。

そんな私が、もう20年以上も看護師を続けており、しかも、今では、この仕事の魅力にどっぷりとハマっています。


 

6.テレビやドラマ・本などの影響


看護師の回答幼少期に流行っていたアニメの影響(東京都/39歳)

「幼少期に流行って、大好きだったアニメ「キャンディキャンディ」の主人公が看護師になったので、看護師に憧れる様になったのがきっかけです。また、私も小学生の頃、何度も入院しましたが、看護師さんの親身な看護を受け、自分も人の為に何かしたいと思っていたのと、何よりナースキャップと白衣が、当時はとても素敵に見えていて、自分も着たいなと思っていました。」


看護師の回答ナイチンゲールの伝記がきっかけ(神奈川県/30歳)

「私は幼い頃に祖母から偉人の伝記を読んでもらい、ナイチンゲールの伝記が特に印象に残りました。中学生の頃にはナイチンゲールのように患者思いで優しく、人の役に立てる看護師になりたいと思いました。その後も看護や医療の本を読むようになり、1日看護体験に参加をしたことをきっかけに看護学校に進学することを決めました。」

エピソードを読む

母も女性が自立して働くことができる看護師になることに賛成してくれました。

さらに小児科医の著作を読んで、病気と闘っている子どもたちのことを知り、小児科で働く看護師に憧れました。

看護学校では勉強が大変で小児科で働く夢は遠のきましたが、介護助手として働いた経験から、高齢者の看護が好きになり、卒業後、地域の総合病院の看護師になりました。


 

7.家族や知人が看護師だったため


看護師の回答母の白衣とナースキャップのかっこよさ(栃木県/33歳)

「私の母が結婚するまで看護師をしていました。結婚後は専業主婦、看護師として働いていたなんて全然知らなかったのですが、物心ついた時に母が看護師の時の写真をみて、白衣とナースキャップの格好の良さに「私もなりたい!!」と感じました。そこからずっと夢みて高校の衛生看護科に入学し准看護師を取得、進学して正看護師を取得しました。」


看護師の回答医療に興味もあったが母親の強制(東京都/29歳)

『元々、母が看護師として経験があり子育てが落ち着いた頃に仕事に復帰し働いていました。姉もそんな母や、こどもの入院した際に接してもらった看護師の姿をみて姉も看護師を目指していました。私が看護師になった理由は、医療に興味があったのと、あとは母の強制です。』

エピソードを読む

看護師と関わることもなく看護師に対して「安定した仕事」のイメージしかありませんでした。

元々他のデザインや洋服、心理学にも興味がありましたが、将来を考えていく際にそれらについて学びたいことを言うと大反対を受け、「看護師になったら自分の好きな生き方をさせてもらう」という約束のもと、看護科の高校に通い看護師の資格を取りました。

現在もなんだかんだ看護師を続けています。


看護師の回答母と同じ、人のためになる仕事に(愛知県/27歳)

「私が看護師になった理由は母親も看護師だったことが一番大きいです。母親から看護師という仕事の良いことも悪いことも聞いていましたが、それでも人のためになる仕事と印象が強く、やりがいのある仕事だと感じました。」

エピソードを読む

また、母方の叔母も看護師で災害派遣を中心に活躍し、結婚後はケアマネージャーの資格を取得するなど積極的に活躍していたので、自分も看護師になって叔母のように人の役に立ちたいと思ったからです。

大学に入ってからは、助産師や保健師の道もありましたが、実習で患者と関わることの楽しさを感じ、担当患者から学生の身でありながらも感謝され嬉しかったことから、最終的に看護師を選びました。


看護師の回答祖母が看護師だったため(26歳/千葉県)

『私が看護師になった理由は、よくある話ですが祖母が看護師だったからです。幼い頃から祖母より「看護師は良い仕事だよ」「ぜひなってみたら?あっていると思うよ」と言われ続けていたため、中学生で進路を決めるときにはすでに「将来は看護師になる」と両親へ伝えていたほどです。』


 

8.自分・家族・知人の病気がきっかけ


看護師の回答技術があれば家族の助けになれる(37歳/神奈川県)

「私が看護師になりたいと思ったのは高校生の頃、祖父母が同時に病気になって入院したのがきっかけです。自分に専門的な知識や技術があれば家族の助けになれるのにと、看護師になれたら良いなと思っていました。その後、社会人経験を経て、看護師になりました。」

エピソードを読む

母は祖父母2人の看護のために2つの病院を行き来していました。

家族と離れて田舎で1人、奮闘する忙しそうな姿を見て何か手助けしたかったのですが、気遣うことや労うことしかできず、自分自身が辛い思いをしました。

その後、私は一度違う職業に就いたのですが仕事にやりがいを感じられず、自分の本当にやりたいと思う仕事をしようと考えました。そのときに、高校生の頃に思っていた看護師になりたいという気持ちを思い出して、看護学校を受験し転職をしました。


看護師の回答エステティシャンには限界があったため(東京都/35歳)

「10代の頃からアトピー性皮膚炎に悩みスキンケアに興味を持ったことをきっかけにエステティシャンを経て美容クリニックの看護師になりました。看護師になろうと決めたきっかけは、エステティックサロンの業務内容に限界を感じたからです。」

エピソードを読む

エステサロンのチーフとして、お客様の悩みを解決するという志しを持ち仕事に臨んでいましたが、真剣に自分が行なっている施術を勉強すればするほどエステサロンで行われていることは根拠がないものが多く疑問を感じました。

今後も仕事をしていく中で、根拠のない施術を提供し続けることは出来ないと思い、退職し看護学校受験を決めました。

卒後は看護師として基本的な技術知識を得るため総合病院に勤務し、3年後に美容医療の道に進みました。


 

9.最後に

もし、看護師を目指そうか悩まれている方がいれば、今からでも遅くはないのではないでしょうか。

また、現役看護師の方は、一度自分が看護師になった理由を思い出すことで、今後の進む道がまた一つ見えるかもしれませんね。

最後までご確認ありがとうございました。ご回答いただいた看護師の方、ありがとうございました。


   
この記事はお役に立ちましたか?

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3


ランキング1位看護のお仕事 (詳細)

運営会社 レバレジーズ株式会社
本社 東京都渋谷区 渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
専用電話番号 0120-963-668
営業時間 年中無休24時間対応
対応エリア 全国対応
利用可能資格 正看護師、准看護師、助産師、保健師
拠点 東京都(道玄坂、池袋、秋葉原、立川)北海道(札幌)、宮崎県(仙台)
千葉県(船橋)、埼玉県、神奈川県(横浜)、静岡県、愛知県(名古屋)
広島県、福岡県、佐賀県
非公開求人の有無 有:多数あり
雇用形態 正社員(常勤)、非常勤、派遣
認定 ・有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-302698
・労働者派遣事業許可番号 派13-302333
・厚生労働省認可「職業紹介優良事業者」認定

看護のお仕事

4.00 24件

初めての、しかも1年目の転職だったので、不安しかない状態でしたが、看護師のお仕事を利用したおかげで、自分にあった求人を、スムーズに紹介していただくことができたと感じています。(22歳/千葉県/看護歴1年目)
登録してすぐに連絡が来て、親身に自分の希望条件を聞いてくれました。いくつか希望条件に合った病院を紹介してくれた上に、話を聞いて良いのではないかと思う病院も紹介してくれました。(東京都/27歳/看護歴5年目)

公式サイトへ



ランキング2位ナースではたらこ (詳細)

運営会社 ディップ株式会社
(東証一部上場企業)
本社 東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F
専用電話番号 0120-921-960
営業時間 (電話)24時間受付
対応エリア 全国対応
利用可能資格 正看護師、准看護師、助産師、保健師
拠点 全国的に支店あり
非公開求人の有無 有:多数あり
雇用形態 正社員(常勤)、非常勤
認定 ・有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-303788
・職業紹介優良事業者認定番号 1402020(01)

ナースではたらこ

3.96 26件

最終的には「ナースではたらこ」からご提案いただいた求人を利用しました。早く転職したい方や転職先への希望条件が少ない方には向いていると思います。(37歳/看護歴6年目/東京都)
ここまでしっかりと関わった看護師転職サイトは、「ナースではたらこ」が初めてのため、他社と比較することはできないのですが、とても細やかで痒い所に手が届くサービスだと感じました。(44歳/看護師17年目/香川県)

公式サイトへ



ランキング3位マイナビ看護師 (詳細)

運営会社 株式会社マイナビ
本社 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号パレスサイドビル
対応エリア 全国対応
利用可能資格 正看護師、准看護師、助産師、保健師
拠点 全国的に支店あり
非公開求人の有無 有:多数あり
雇用形態 正社員(常勤)、非常勤
認定 ・有料職業紹介事業 (13-ユ-080554)
・東京都知事登録旅行業第 2-6519 号

マイナビ看護師

3.72 25件

利用した看護師転職サイトは2社目だったのですが、担当者以外の電話に出る方もみんな丁寧で信頼できると感じました。(30歳/東京都/看護歴2年目)
求人サイトは何度も電話をかけてくると聞いていたのですが、それが無く、その後、的確なアドバイスを頂けたり、面接でもさりげなくフォローが入ったりと心強かったです。(27歳/東京都/看護歴5年目)

公式サイトへ