看護師が気持ち良く退職日を迎える4つのポイント

看護師が気持ち良く退職日を迎えるポイント
画像:shutterstock

看護師としてお世話になった病院・施設を退職する場合、なるべく気持ちよく退職しておきたいものです。

このページでは、看護師が退職するのに適切なタイミングから、退職当日の流れなど、看護師が気持ちよく退職するために必要なポイントを看護師の体験談を交えながら説明していきます。

1.勤務先を考慮した看護師が退職するタイミング

勤務先を考慮した看護師が退職するタイミング

画像:shutterstock

看護師に限らず、条件面で不満を感じてしまったときや、私生活の影響が大きくなってしまったときは、退職や転職を考えなければならないときがあります。

退職をするということは、働いていた病院やクリニックにも影響が出てしまうことになりますので、退職するタイミングは非常に大切です。

できることなら、お世話になっていた病院やクリニックには迷惑をかけないよう、気持ちよく退職日を迎えられるよう、以下の点に注意しましょう

 

(1)退職理由を工夫すること

看護師は人手不足といわれ続けているため、一人でも多くの看護師確保に病院も乗り出しています。そのため、どのようなタイミングで退職の意向を伝えても、引き留めに合うことは仕方がないのかもしれません。

しかし、タイミングとして、結婚・産後・育児・夫の転勤というライフイベントの退職理由を伝えることで、全体的な雰囲気も祝福のムードでの退職を迎えられる可能性が高く、自分自身も気持ちよく退職することが可能です。

看護師の退職理由の本音については「看護師の転職理由10つ!離職率はどれぐらい?」を参考にしてください。

 

出産にて退職する場合

出産で退職する場合は、以下の記事を確認して産休明け・育休明けを退職日としましょう。

妊娠が発覚したら!看護師の働き方や体験談

2019.02.18

 

スムーズに退職できない場合

スムーズに退職できない場合は、以下の記事を参考にしてください。退職のやり取りが困難になりますが、なるべく気持ちよく退職日を迎える努力をしましょう。

看護師が「退職できない…」実体験から語る対処法<例文付き>

2019.01.11

 

(2)最低2ヶ月前、出来れば3カ月前に退職を知らせること

最低2ヶ月前、出来れば3カ月前に退職を知らせること

画像:shutterstock

最悪な退職するタイミングは、

  • 当日すぐに辞めてしまうこと
  • 引継ぎが出来ない期間で退職希望日を伝えること
  • 期間を1ヶ月以下で指定すること

などの行動です。

退職した以後の業務も混乱してしまうので、職場の状況を考慮しながら、最低でも2カ月前には知らせておきましょう。

お勧めの期間としては、

  • 退職や転職を決心した時に退職日を上司と相談すること
  • 余裕を持って3カ月前に伝えること

などです。

病院(雇用)側としては、代替の人員を補充することができますし、仕事の引き継ぎを行うこともできます。

円満退職の方法は「看護師の円満退職方法!事例と体験から解説」も合わせて確認してください。

 

看護師の体験談

【退職まで4ヶ月かかったが無駄ではなかった】

看護師 体験談看護師として気持ちよく退職するためには、周囲の状況なども考慮されてしまいます。

例えば、同じ職場のスタッフも辞めてしまう場合など、退職を言い出しにくくなります。そのため、なるべく転職を決意した日に退職希望を伝え、上司(師長など)と相談しながら退職日を決定する方法がお勧めです。

私は、看護師教育のことも含めて退職するまでに4カ月ほど時間がかかりましたが、今でも良い関係を築けていることから無駄な時間ではなかったと思っています。

ポイントとしては、先延ばしされる可能性もあるため「退職することは譲らないこと」「退職日を必ず決めること」などが重要です。

 

(3)2月末での退職、または4月~6月の退職は避けること

2月末での退職、または4月~6月の退職は避けること

画像:shutterstock

病院に迷惑をかけない退職を考えたとき、規模が大きな病院の場合は2月末で退職すること、または4月~6月の退職は避けることが必要です。

 

2月末の退職をお勧めする理由

通常、年度末(3月末)が区切りもよさそうに感じますが、規模が大きな病院の場合は違います

4月になると毎年新人看護師が入職し各病棟に配属され、忙しくなるため在籍看護師の異動は2月中に行うことが多いためです。

そのため、気持ちよく送り出してもらうのであれば、異動時期の前、2月末を退職日にすることがお勧めです。

 

4月~6月を避ける理由

こちらも、新卒看護師を多く受け入れている場合、

  • 受け入れる4月
  • 独り立ちし始める5月
  • 夜勤デビューの6月

など、病棟は指導者をつけ、業務指導に当る必要があるため、看護師は忙しいです。

残されるスタッフのことも考え、4月~6月の退職日は避ける必要があります。

 

その他、繁忙期は避ける

例えば、耳鼻咽喉科クリニックなどに勤務していた場合、花粉症の時期などクリニックは繁忙期を迎えます。

その際に、新人看護師が対応することで仕事に大きな差がでてしまう可能性が高く、さらに看護師を雇うことが出来ない場合、クリニックの運営は困難となります。

このように、勤務先の繁忙期などが分かっていれば、退職日は繁忙期後がお勧めです。

 

(4)賞与の支給日を待ちたいのであれば退職日を指定しないこと

賞与の支給日を待ちたいのであれば退職日を指定しないこと

画像:shutterstock

看護師として退職、転職する上で賞与は貰ってから辞めたいというのが本音でしょう。

しかし、自分から賞与支給日以降の退職日を指定してしまうと、(上司が支払っているわけではないのに)良い印象を持たれません

そのため、引継ぎにかかる一般的な期間を確認し、上司に相談し、退職日を決めてもらうことが大切です。

 

看護師の体験談

【退職申し出から退職にかかる期間を調べていた】

看護師 体験談私は、お世話になった病院だったため、なるべく円満に送り出してもらおうと思っていました。しかし、ボーナスは家庭を考えても欲しかったため、今まで辞めた看護師が退職を伝えてから退職するまでの期間を調べました。(約2ヶ月半でした。)

私の病院は12月15日に賞与が支給されるため、退職を申し出る期間を10月の中旬ごろに伝え、上司と引継ぎ期間などの相談をして1月末退社を決定してもらいました。

しっかり仕事を行って送り出してもらったとともに、ボーナスも貰えたので言うことがありませんでした。

 

(5)社会保険料を考えれば月中退職がお勧め

特に、個人病院やクリニックの少数で運営している病院が対象ですが、社会保険などは労使折半といって、半分は雇用主が出しています

クリニックの院長が経営者の場合、敏感な場合があります。

社会保険料は、日割りで計算されているのではなく、1ヶ月分で計算され、月中に退社することで1ヶ月分の負担を変えることができ、参考程度に知っておきましょう。

 

2.退職日が決まってからの過ごし方

退職日が決まってからの過ごし方

画像:shutterstock

退職日が決まった場合、看護師はどのような形で仕事を行っていけば良いのでしょうか。

やる気をなくす方は少ないと思いますが、退職日が決まってからのお勧めの過ごし方をご紹介します。

 

(1)今まで通りの仕事を行う

今まで通りの仕事を行う

画像:shutterstock

退職日が決まった場合でも最後まで責任をもって今まで通り働きましょう

退職の意向を伝えると気が抜けてしまい、仕事にも身が入らなくなりがちですが、その様子を見ていると一緒に働くスタッフは非常に不快です。

職場の雰囲気を悪くしないためにもの、退職日を気持ちよく向かえるためにも、頑張りましょう。

 

今まで以上に気配りも必要になる

退職することを聞いて、応援してくれるスタッフもいれば、気持ちよく思わないスタッフもいるかもしれませんし、嫌な態度をしてくることもあります。

そのため、自ら進んで助っ人に入ったり物品の準備をしたり、今まで以上に周囲に気を配るようにしましょう。

 

(2)後輩に伝えられるだけの指導をする

後輩に伝えられるだけの指導をする

画像:shutterstock

退職するその日まで、自分自身が先輩看護師たちから学んできたように、後輩にもできる限りのノウハウを伝えていきましょう

看護師の仕事は、自ら学ぶことも大切ですが、先輩看護師から学ぶことが非常にたくさんあります。

それは看護、医療の技術や知識だけでなく、先輩や上司、困った患者との関わり方、自分なりの学習の仕方、効果的なリフレッシュ方法、休みの取り方など、その職場で働いてきたからこそわかるノウハウがあります。

 

(3)他部署へ少しずつ挨拶まわりをする

他部署へ少しずつ挨拶まわりをする

画像:shutterstock

今の職場で働きだしてから異動を経験している場合や、他の部署にもお世話になっているという場合は、時間があるときに挨拶まわりをしておきましょう

退職を伝えた上司から働く看護師に告知が合った際に行いましょう。告知が退職日まで明らかにされない場合は、お世話になった方のみにとどめておきましょう。

本人が直接挨拶に来ると、こられた看護師は気持ちがいいものです。お世話になったからこそ、自分の口でお礼を伝えるようにしましょう。

 

看護師の体験談

【挨拶のみでも十分です】

看護師 体験談他部署への挨拶の場合、お礼をしたいという相手には贈り物を渡しても問題はないと思います。

最終日に会えない可能性がある方もいるため、関わる機会が多かった他部署などには渡しましょう。また、適度にお世話になったところへは挨拶のみでも十分です。

 

(4)業務引き継ぎを行う

引継ぎに関しては、上司(師長など)に相談をし、手順通り・言われた通りに引継ぎを行いましょう

また、何もしなくて良いと言われた場合でも、今まで自分が担当してきた業務が相手に分かるよう文章にまとめることや、配布されたプリントなどがある場合は見やすいようにファイリングして渡すと良いでしょう。

また、退職希望日までに委員会等がある場合は、一緒に参加しながら内容を把握してもらうと引継ぎがしやすくなります。

 

3.看護師が退職する当日1日の行動

看護師が退職する当日1日の行動

画像:shutterstock

看護師が退職する当日は特にいつもどおりの勤務と変わらないことほとんどです。

しかし、退職するための準備が出来ていた場合、上司の配慮などで、退職日は夜勤ではなく日勤で終了という事も多いです。

これは、退職の挨拶がなるべく多くの人が集まる勤務帯にできるようにという配慮です。

【ポイント】

ポイントここまで出来れば気持ちよく退職する準備が整ったと言えます。また、看護師の退職の流れは病院・施設によって変わりますので注意しましょう。

 

(1)看護師の体験談:流れについて

【私の病院ではこのような流れでした】

看護師 体験談私の勤務する病院では、全体朝礼で師長が退職日であることを伝え、本人の挨拶につなぐという方法で朝まず挨拶していました。

そして、終業前に夜勤勤務者への申し送りが終了し、定時を迎えた時点で、全体集合し、退職者にお花や贈り物を渡したり写真を撮ったり最後の挨拶をして終了し、後日医師も含めた送別会を行うという感じでした。

また、その後看護部長室に出向き、お世話になりましたと挨拶を済ませ帰宅しました。

 

(2)引き継ぎやロッカーの片づけは前日までに終える

引き継ぎやロッカーの片づけは前日までに終える

画像:shutterstock

引継ぎやロッカーの片づけなどは前日までに終わらせておくのが通常です。

そのため、退職当日の仕事は少なくなっていることも多く、他の看護師の補助などにまわる事になるケースも増える可能性があります。

 

(3)挨拶の時間がない場合は休憩時間を利用する

一日の業務を終える少し前に、挨拶回りの時間をもらえる事も多くありますが、そういった時間がもらえない場合は休憩時間などを利用して挨拶をしておくのがお勧めです。

お世話になった人への挨拶は社会人の基本のため、直属の上司に確認するなどタイミングを確認しておく必要があります。

 

(4)お世話になった方にギフトやプレゼントを渡す

お世話になった方にギフトやプレゼントを渡す

画像:shutterstock

お世話になった人に渡したいギフトなどがあるなら、上記に記載した挨拶回りのタイミングで渡しましょう。

渡すタイミングとしては、最終の出勤日が良く、早めに渡してしまうと気まずくなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

顔を合わせる可能性が低いのであれば、所属する部署当てに伝言やギフトを預ける形になります。一人だけのひいきにならないように、みんなで食べられるお菓子を選ぶと言った気遣いも重要になります。

 

退職時に用意する贈り物に関して

看護師が気持ちよく退職するために用意する贈り物は、規模が大きな病院を例にすると、

  • 看護部長
  • 師長(場合によっては主任看護師)
  • 病棟看護師仲間

などへギフトやプレゼントを準備したほうが良いです。

基本的には部屋別にという考え方で、部長室、師長室、そして病棟の休憩室というイメージです。

また、退職時にはお菓子類を送る方が多く、ひとつのものを切り分ける等の手間がない、個別に包装されているものが手を伸ばしやすく喜ばれます。

ギフトやプレゼントに関しては「退職する看護師へ贈るプレゼントはこれで決まり!」の内容を確認しておきましょう。

 

看護師の体験談

【ハンドクリームが喜ばれました】

看護師 体験談私は皆で食べることができるお菓子とは別に、同僚たちのみに小さなハンドクリームと短い手紙を一人ひとりに送りました。

ハンドクリームは手洗いで肌荒れが気になる看護師には喜ばれましたのでお勧めします。

 

(5)書類やユニフォームを返却する

業務の終了時には、ロッカーのカギや健康保険証や職員証、機密に関わる書類を返却し、退職後に必要な書類を受け取ります。

病院退職時に看護師が受け取るものと返却するもの」の記事を参考に、確認しておきましょう。

また、院内貸与のユニフォームなどもこの時に返却します。返却忘れがあると二度手間になるので注意が必要です。

有休をとっての退職となる場合は、離職票などが後日郵送されてくる場合もあります。離職後に必要な書類がある場合は、受け取りをどうするか確認しておくことも重要です。

 

4.看護師が退職時にする挨拶例文集

看護師が退職時にする挨拶例文集

画像:shutterstock

看護師を退職するとき、院長や上司、同僚に挨拶するのは社会人として当然のマナーです。

また、挨拶ではどのような退職理由であれ、一緒に働いた上司、先輩、同僚、後輩に感謝の気持ちを伝えることが大切であり、時間の目安としては、1分以内にまとめるのが良いとされています。

いずれの場合にしても、「この度、一身上の都合により本日付で退職することとなりました。」と退職を伝える一言を最初に伝え、それからお礼の言葉を述べ、最後は「ありがとうございます。」という流れが一般的です。

相手別の挨拶の文例を一部紹介します。

 

(1)集合での挨拶例

<退職日の挨拶例文>
「この度、一身上の都合により本日付で退職することとなりました。今日まで5年間、外科病棟では2年間、本当に多くのことを経験し学ばせていただきました。特に外科病棟にきた初日に、先輩から「経験者だからってここでは通用しないから、しっかり学んでよ」と先輩に言われたことはずっと忘れられず、日々気を引き締めて働くことができました。その経験もあり、明日からはもっと外科看護を学ぶために新しい場所で頑張れると思います。本当にありがとうございます。」【補足・途中で挨拶を求められる場合の付け足し】
「今日が最終日ですが、17時までしっかり働かせていただきたいので、いつも通りよろしくお願いします。」
【ポイント】

その病院や施設で何を学んだのか、どう活かしていきたいのかなど、今の職場で得た大切なものを伝えます。その言葉が、これからもそこで働いていくスタッフの励みになり、指導してきた先輩にとっては喜びでもあるはずです。

 

(2)院長への挨拶例

<退職日の挨拶例文>
「この病院にお世話になって○○年という期間でしたが、公私ともにいろいろな面で本当にお世話になりました。 これまでこの病院で働いた経験を今後に活かして日々成長していけるように精進したいと思います。」
【ポイント】

感謝の気持ちを忘れずに伝えて、心をこめて自分なりの言葉で話しましょう。

 

(3)上司個人への挨拶例

<退職日の挨拶例文>
「ご丁寧に指導していただいたおかげでなんとか無事にここまでやってこられました。これもひとえに(上司の名前さん)のお陰です。これまで本当にお世話になりました。」
【ポイント】

これまで優しく、時に厳しく指導していただいたなど、具体的な表現を取り入れると、誠意の気持ちが伝わりやすいでしょう。

 

(4)同僚への挨拶例

<退職日の挨拶例文>
「在職中はみなさんに大変お世話になりました。入社して5年、皆さんと仕事できたことが私の財産になっています。これからもこの財産を大切に頑張っていきたいと思います。」
【ポイント】

親しい間柄であっても、退職時の挨拶は真面目に行うのが基本です。

 

最後に

最後に:看護師が気持ちよく退職日を迎える

画像:shutterstock

退職理由は看護師それぞれです。

しかし、送り出す側も送り出される側も気持ちよく過ごせることが大切です。

ほんの少し意識すること、ほんの少し気を配ること、ほんの少し気を引き締めること、そのほんの少しで左右されることが沢山あります。

最終日まで、お互いに気持ちよく過ごせるよう、「ほんの少し」を意識してみましょう。

また、看護師が気持ち良く退職を迎えるためには、その日を迎えるまで、いつも通り業務や仕事をこなし、残りの仲間に迷惑をかけないことです。

例えば、少し体調が悪いだけの理由や、いつもなら出勤できる程度の理由で急な休みなどを取らないことは大切です。仕事を辞めるときは「立つ鳥あとを濁さず」を実行すると良いでしょう。

最後まで、その勤務先の看護師として、やりきる気持ちで取り組みましょう。

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

条件が良い病院や施設の求人は10月~12月にかけて、非公開求人で募集する場合が多くあります。インターネットに出回らない求人のため、看護師転職サイトを活用して転職活動を実行しましょう。

また、看護師転職サイトは、専任の担当者のレベルによって大きく活動が変わります。そのため、以下の看護師の皆様が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年12月16日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?