サービス付き高齢者住宅で働いた看護師の仕事内容・体験談

サービス付き高齢者住宅で働いた看護師の仕事内容・体験談
画像:shutterstock

サービス付き高齢者住宅は、同じ高齢者を相手にする有料老人ホーム等とは違い、要介護度が低くほとんど介護を必要としない、基本60歳以上の高齢者が入居しています。

入居者は、「安否確認」や「生活相談」などの生活支援サービスを受けて居住しています。

サービス付き高齢者住宅では特定疾患があり、要介護認定・要支援認定を受けている場合、49歳からでも入居できる場合があります。また、運営する事業者によってサービスは異なります。

サービス付き高齢者住宅である条件としては、

  • ひと部屋の床面積が原則25平方メートル以上であること
  • 部屋にキッチン・浴室・トイレ・洗面設備・収納設備があること
  • バリアフリー構造であること

などが挙げられますが、バリアフリーの一般的なマンションと変わらないことが分かります。(イメージとしてはマンションの全部屋に高齢者が住んでいて、看護師や介護士がサポートとして勤務している感じです。

全ての施設ではありませんが、サービス付き高齢者住宅に「看護師」を配置している場合があり、私はサービス付き高齢者住宅で看護師として勤務しました。

その経験をもとに、サービス付き高齢者住宅で働いた看護師の仕事内容を体験談と共に説明していきます。

【執筆した看護師のプロフィール】

看護師
看護師資格確認済み
  • 神奈川県/29歳
  • 職務経験:総合病院、特別養護老人ホーム、クリニック、介護老人保健施設、デイサービス、健診センター、イベントナース、健康相談員
  • 診療科経験:脳外科、神経内科、内科、皮膚科、美容皮膚科、整形外科
3年間、総合病院での経験を経て転職。社会勉強として、様々な病院・施設で働いた経験があり、現在は派遣・パート看護師として活躍中。

1.看護師の仕事内容

看護師の仕事内容

画像:shutterstock

サービス付き高齢者住宅では、サービス提供責任者や生活相談員(訪問介護員)を常駐する義務があり、看護師(准看護師含む)、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員などが生活相談員として働いています。

私が働いていたサービス付き高齢者住宅では、看護師は生活相談員(訪問介護員)として働いていました。

必要な時に、必要な仕事は行いますが、ルーティーンである仕事以外は事務所で待機する、または入居者の相談を行うことが多く、看護師として夜勤はありませんでした。

私の体験から、仕事内容を説明していきます。

 

(1)利用者の安否確認

利用者の安否確認

画像:shutterstock

安否確認は、病院で行っていた巡視と同様に、入居者の部屋に訪室して変わりがないかの確認をしていきます。

サービス付き高齢者向け住宅では、出入りが自由となるため「かかりつけの病院へ通院」「習い事に出かける」「デパートでお買い物をする」等も自由にできます。

そのため、安否確認は朝と夕方に行う場合が多いと言えます。

看護師の体験談

私が働いていたサービス付き高齢者住宅では1日1回朝に、看護師と他のスタッフとで安否確認を行いました。

基本的に元気な高齢者が入居していたため、挨拶に近いようなイメージでした。

しかし、部屋には「緊急通報ボタン」が設置されており、スタッフが24時間駆け付けられるようになっていました。

 

(2)利用者の生活相談

利用者の生活相談

画像:shutterstock

生活相談では、看護師の経験を活かし、

  • 利用者の健康相談
  • 利用者の疾患などの相談

などを基本的に受けます。

また、生活相談のため、人生に対しての悩みや住宅内での人間関係など幅広い悩みの相談にのります。

看護師の体験談

私が勤務していた病院は、元気な高齢者が多く、話し相手や時には将棋など遊び相手を求められることもありました。

また、この生活相談は看護師資格を持っている場合、働く職場によって内容は異なると感じます。

 

(3)食事の見守り・介助

食事の見守り・介助

画像:shutterstock

サービス付き高齢者向け住宅では、朝・昼・夜の食事は一緒に行うことが一般的です。

看護師の仕事内容として、

  • 食事の声掛けや誘導
  • 食事中の見守り
  • 食事の介助

などを行います。

看護師の体験談

私が勤務していたサービス付き高齢者向け住宅では、食事の介助が必要な利用者は介護スタッフが行い、看護師は見守りをすることや、介護スタッフからの質問に答えることが仕事でした。

 

(4)軽度な医療処置や救急対応

軽度な医療処置や救急対応

画像:shutterstock

サービス付き高齢者向け住宅では、軽度の認知症を患っている入居者が在籍している場合もあり、看護師は「病院の受診の付き添い」「軽度な医療処置」を行う場合があります。

また、入居者の感染症予防・服薬管理をサポートする場合もあります。

さらに、スタッフに医療従事者がいない場合などは、看護師として緊急対応を必ず求められます。

看護師の体験談

私が勤務していたサービス付き高齢者向け住宅では、実際に認知症を患っている入居者に対し、サポートを行っていましたが、仕事内容としては外部サービス(訪問看護)などの連携が主でした。

また、身の回りのことができる利用者も多く、身体介護を行うことはありませんでした。

 

(5)その他業務

その他業務

画像:shutterstock

サービス付き高齢者向け住宅では、勤務する職場によって、行うサービスが違います。

その他行っている可能性がある仕事内容としては、

  • 入浴介助
  • 買い物などへの付き添い
  • 部屋の清掃
  • 夜勤の勤務(宿直)

などを行う場合がありますが、ほとんどの場合介護スタッフが行うことが多く、看護師の仕事内容ではない場合も多いです。

サービス付き高齢者向け住宅は、仕事内容が大きく異なる場合があり、看護師としてどのような仕事内容か確認することが大切です。

 

2.最後に

サービス付き高齢者住宅は、介護スタッフがメインで働いている職場となります。

そのため、看護師求人は正社員が少なく、パート看護師として勤務していることが一般的といえます。

職場によっては、直接的な医療行為が少なく日勤のみの仕事である場合が多いことから、ブランクのある看護師にも人気が高い施設といえます。

医療の緊迫した環境と異なり比較的元気な高齢者とのびのび過ごせるサービス付き高齢者住宅を一度検討してみてはいかがでしょうか。

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

条件が良い病院や施設の求人は10月~12月にかけて、非公開求人で募集する場合が多くあります。インターネットに出回らない求人のため、看護師転職サイトを活用して転職活動を実行しましょう。

また、看護師転職サイトは、専任の担当者のレベルによって大きく活動が変わります。そのため、以下の看護師の皆様が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年10月16日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?