初めての看護師転職!不安の解消と転職の流れ

初めての看護師転職!不安の解消と転職の流れ


看護師、保健師

看護師として、初めて転職しようと考えたときに、あなたが一番初めに行うことは何でしょうか?ほとんどの看護師の方が「条件の良い求人を探すこと・出会うこと」を一番に挙げるのではないでしょうか。

私は看護師として転職する場合、「いかに現在の職場が揉めることなく退職が出来るか」考え、次の職場も長く働くことが可能な職場を希望するため(希望条件も含め)「入職後にギャップが少ない」職場を探すことに注力をします。

私が看護師としてより良い職場を見つけるために、行っている転職のノウハウや体験談を交えながら、初めての看護師転職で不安に感じることや、転職の流れなどを説明していきます。

看護師転職サイトランキング

看護師転職の不安を解消しておく

看護師転職の不安を解消しておく

「看護師は転職が行いやすい」「一生働くことができる仕事」「資格職だから転職回数が多い」などのことを耳にすると思います。ただ、実際に転職することを考え、初めて「転職活動」という行動に移す場合は、どうしても不安を感じてしまいます。(私も初めての転職はそうでした。)

そのため、あなたが不安に思っている「看護師転職」のアレコレを解消しておくことが重要です。転職してきた看護師や友人に詳しく話しを聞いてみるのも1つです。

以下で良くある看護師転職の不安と解消方法を説明していきます。

 

転職して後悔・失敗しないかの不安

転職して後悔・失敗しないかの不安

看護師として転職し、後悔や失敗をする理由は、主に「情報収集不足」です。

すべての不安に該当しますが、不安なのは情報がないため、どのようになるか自分で見えていないからです。そのため、なるべく情報収集を行うことを考えて行動しましょう。

以上の記事を確認しておきましょう。

 

看護師転職の成功は人それぞれと理解する

今よりも高い給料や待遇の職場に転職を行い、成功だと考える看護師の方もいれば、人間関係の良い職場で給料は低くても転職が成功したと思う方もいます。もっと成功のハードルが低い方は「今の職場から変われるのであれば成功」と考える方もいるでしょう。

このように、看護師としての転職成功は人それぞれで、条件が1つとも限りません。

漠然と「年収が高い職場が良いと考えていても、人間関係が悪く、続けるのが困難であった」などはよく聞く話で、転職成功とは言えませんよね。

そのため、はじめての看護師転職を成功させるためには、「あなたなりの転職成功の定義」を決めておくことが大切です。

 

履歴書や職務経歴書の不安

履歴書や職務経歴書の不安

履歴書や職務経歴書に不安がある場合や、看護経験年数が浅い場合などは、不安になると思います。

その場合は、以下で説明する「看護師転職サイト(転職エージェント)」を利用して、履歴書・職務経歴書の添削や、転職について相談してみることで、意外と解消します。

経験年数が浅くても、やる気や努力する気持ちがあれば、看護師としての転職は可能です。

 

年齢の不安

年齢の不安

看護師は資格職のため、一部の美容クリニックなどを除いて、幅広い年齢で採用してくれますし、介護施設や訪問看護ステーションなどを検討する場合は、さらに問題がなくなります。

看護師の場合は年齢より「経験」が左右される場合が多いと言えます。

経験が長いベテランでも、経験が浅い看護師でも、求人探しを頑張ることで希望の求人は見つかりやすいと言えます。

 

勤務先に転職活動がバレないか不安

勤務先に転職活動がバレないか不安

勤務先に転職活動がバレてしまうケースは以下の通りです。

  1. 転職活動中に職場の人と出会った
  2. 自分から知人に言って広まった
  3. 関連する病院・施設に面接してしまいバレてしまう

一番気を付けるべきは、2番目と3番目です。

本来関連する病院の面接官が伝えるという訳ではありませんが、たまたま研修に来ていた師長などに見られたなどのケースが多いようです。

また、職場の看護師には退職も転職も決まるまで、黙っておくことである程度安全です。

 

転職先の人間関係に不安

転職先の人間関係に不安

人間関係は看護師の中で不安な方も多いと思いますが、規模が大きな病院であれば配属される診療科などによっても違いますし、分かりません。

病院やクリニックの場合当サイトの「はたらきナース | 看護師のための病院・クリニックの口コミ・評判サイト」を利用して、人間関係の口コミを確認しながら情報収取を行ってみてください。

また、「面接で人間関係が良い」と言われても本当に良いかは個人の間隔なので分かりません。必ず病院見学などを行って自分の目で確かめましょう。

病院見学については「看護師の病院見学で確認すること(転職時)」も確認しておきましょう。

 

キャリアアップ・スキルアップ出来るか不安

キャリアアップ・スキルアップ出来るか不安

比較的規模の大きな病院へ転職を行えばキャリアアップやスキルアップは可能になります。

ただ、「自身がどのような看護師を目指すのか」を明確にしていなければ、求人探しの時点で失敗する可能性があります。

  • 専門看護師や認定看護師が多い職場が良い
  • クリニカルラダーが中途採用でも採用してくれる、又は引き継げる職場が良い
  • プリセプター制度が中途採用でも適用される職場が良い
  • 希望の診療科へ配属できる職場が良い

などの条件を考えてみましょう。

注意点としては、一部の大学病院では新人看護師の研修は整っているのもの、キャリアアップやスキルアップの制度が薄い場合もあるので必ず確認しましょう。

 

未経験の業種や職種に転職できるか不安

未経験の業種や職種に転職できるか不安

未経験の業種や職種の求人を探し、実際に応募してみることで解決します。

転職先が決まったら、退職するようなイメージで転職活動することで、不安が解消することが出来ます。

ただし、内定を貰ったら速やかに退職希望を出し、必ず条件の期日までに退職することが求められるため、ビジネスマナーとして必ず厳守しましょう。

 

簡単に転職できるか不安

)簡単に転職できるか不安

転職はそもそも簡単に出来るわけではありません。

ただ、看護師不足なのはデータを見なくても顕著な状況だと思います。そのため、簡単に転職出来るイメージがあるのだと思いますが、「簡単に転職できるか不安」の気持ちで転職に挑めば、失敗することも少ないと思います。

希望条件が高く多い場合や、人気がある職種・業種・業界の場合は簡単に転職とはいかないでしょう。

 

転職の流れを把握しておく

看護師転職の流れは、基本的に以下のように進みます。

看護師転職の流れ

以下で詳しく説明していきます。

 

転職の準備を行う

転職の準備を行う

看護師が行う転職の準備は、同じ診療科から診療科や同じ施設形態から施設形態の場合、さほど準備は必要ありません。主に以下の通りです。

  • 退職を希望して転職活動を行うか、現職のまま転職活動を行うかを検討する
  • 退職する場合は退職希望を職場に伝える
  • 転職先の希望条件や業種なども検討する

特に現在の職場に不満があり転職する場合は、希望条件や次の職場に求めることなどを明確にしておきましょう。

病院勤務で診療科を変更したい場合や、クリニック・介護施設・訪問看護ステーションなどの勤務で業種を変更する場合は、ある程度の業界研究をしておきましょう。業界研究は、「どのような仕事を行うのか」「規模が大きいグループや企業はどこなのか」「看護師の福利厚生や待遇はどのようなものが一般的なのか」などです。

当サイトの「看護師の働き方」や「看護師の仕事内容」からも調べることが可能です。

看護師によっては退職してから転職活動を行う方もいますが、現在勤務している病院や施設に所属しながら転職活動を行う看護師も多いです(転職希望先が見つかってから退職を伝える形になります)。理由としては、有給休暇を完全に消化することが出来る病院が事実少ないためと考えられ、また、給与が途切れることなく働き続けることが出来る魅力もあります。

 

転職活動に必要な書類

転職活動中に必要な書類・履歴書
・職務経歴書
・看護師免許の原本(またはコピー)
内定後に必要な書類・源泉徴収票
・雇用保険被保険者証
・年金手帳
・マイナンバーカード(通知カード)
・銀行口座
・看護師免許の原本(またはコピー)
・健康診断書
・健康保険被扶養者異動届(家族の扶養に入っている場合のみ)

さらに詳しくは「看護師が転職する際の必要書類」を確認しておきましょう。

 

求人を探す・応募する

求人を探す・応募する

看護師求人の探し方は人それぞれですが、一般的に以下のような方法で探します。

  1. 転職会社(エージェント)に登録して探してもらう
  2. 自分で求人サイト閲覧して探す・または直接病院や施設の求人を探す
  3. ハローワーク日本看護協会(ナースセンター)どの公的機関で探す
  4. 友人・知り合いに紹介してもらう

以上の方法になります。

私の経験からですが、転職会社(エージェント)に探してもらいながら、必要であればハローワークの求人を閲覧しながら探します。看護師系の求人サイトや転職サイトは基本的にどれも無料ですが、良い悪いがあります。(使ってみたら分かると思います。)

そのため、以下で説明する「自分に合った転職会社を利用する」を確認しておきましょう。

また、ハローワークの求人は、こちらの「ハローワークインターネットサービス」からネット検索からも探すことが出来ます。お勧めとしては、都道府県を絞り込んで、職種の選択を「大分類:医療、看護、保健」「詳細:看護師・准看護師・保健師、助産師」から選択するとスムーズに求人を閲覧することが出来るので試してみてください。

ただし、求人へ応募する場合は近くのハローワークに出向く必要があります。(地域によってはハローワークの求人も多いです。)

 

転職のための書類作成

転職のための書類作成

看護師転職に必要な書類は以下の2つです。

  1. 履歴書
  2. 職務経歴書

病院や介護施設など看護師が多く働く職場を希望している場合、履歴書や職務経歴書に不備が無いか(ビジネスマナーが守れているか)を最優先に作成していきましょう。

美容クリニックや一般企業、保健師職などを希望する場合は、倍率も高くビジネスマナーが守れているのは当然ですが、採用担当者が採用したいと思わせるような履歴書の作成が必要です。

不安な方は「看護師履歴書の書き方マニュアル(転職)ダウンロード付き」「看護師の職務経歴書の書き方<例文(テンプレート)見本付き>」も合わせて確認しておきましょう。

また、先ほど紹介した「看護師転職サイト(エージェント)」を利用することで、履歴書の添削を行ってくれます。

 

病院・施設見学や面接

病院・施設見学や面接

希望の求人が決まったら、面接や病院・施設見学を行いましょう。

中途採用でもインターンシップ(試しに働くこと)が可能な求人の少なからずありますので、検討してみましょう。

面接も不安な場合は、繰り返しになりますが「看護師転職サイト(エージェント)」を利用しましょう。アポイント設定などは必ず行ってくれますし、場合によっては面接時に同行してもらえる場合があります。

また、面接の練習なども行えるため、安心して面接に挑むことが出来ます。

当サイトにも、以下のような情報を掲載しているので、参考にしてみてください。

 

内定・退職

内定・退職

内定を受けたら、現在勤務している病院や施設の退職準備となります。友人や知り合いに退職する場合の注意点などは聞いておきましょう。

また、内定を受けた場合、労働条件通知書(雇用条件の一覧表)などを貰い、面接で話した内容や募集要項に合った内容が間違いないか確認しておきましょう。ここで確認しなければ、後々トラブルになるケースもありますので注意してください。

(以下の情報を是非、役立ててください)

 

看護師が病院退職時に受け取るもの(一般例)

(1)雇用保険被保険者証雇用保険加入者かを証明する書類
・次の転職先で必要
・ハローワークでの申請に必要
(2)離職票病院等を退職した証明
・「離職票-1」「離職票-2」があるので注意
・退職後10日後ぐらいに貰うことができる
・失業保険(失業手当)の申請に利用する
・不要と申請した場合は届かないので注意
(3)健康保険被保険者資格喪失証明証健康保険から脱退した証明書
勤務先に申請する必要がある
・しばらく働かない場合に必要
・国民健康保険に加入する場合に必要
(4)厚生年金基金加入員証厚生年金に加入している場合のみ
・退職後に勤務先から返却されます
(5)年金手帳・通常はコピーを提出しているので返却はない
・病院によっては預けている場合があるので注意
(6)源泉徴収票今まで働いた年収が書いた紙
・勤務先によって1ヶ月程度かかる場合もある
・郵送によって受け取る場合が多い
・次の職場やや確定申告で必要になる
(7)退職証明書新しい職場に求められた場合
勤務先に依頼する必要がある
(注意)健康保険手続きに必要だが、離職票があれば問題ない

「健康保険被保険者資格喪失証明証」と「退職証明書」は看護師から申請しなければ受け取れないので注意しましょう。(そのまま転職する場合は不要だったりしますが、期間が空く場合は貰っておきましょう。)

看護師が病院勤務先に返却するもの(一般例)

(1)健康保険証・退社日に返却します
(退職日の翌日から利用することができません)
・有給を利用する場合は、郵送します
(2)職員証、職員バッチ、名刺等・退社日に返却します
(3)通勤定期券・退社日に返却します
・現物が支給されている場合は返却します
(4)事務用品・ユニフォームなど・退社日に返却します
・病院や施設が購入したものは返却します
・クリーニングはしておきましょう
(5)鍵や資料など・退社日に返却します
・就業規則などの資料をもらっている場合は返却します
・看護寮の鍵なども返却します

返却を忘れてしまった場合は、郵送で丁寧に返却しましょう。

さらに詳しくは「病院退職時に看護師が受け取るものと返却するもの」を確認しておきましょう。

 

自分に合った転職会社を利用する

自分に合った転職会社を利用する

私の転職を複数回行った経験ですが、以下のルールで転職会社を使うことがお勧めです。

  1. 転職会社(エージェント)は2つから3つほど複数登録すること
  2. 自分でも求人サイト(エージェントではない)で求人を探すこと
  3. ハローワークも時間があれば併用して求人を探すこと

以上の3つです。

理由としては、自分の条件に合う求人に出会うためです。転職会社(エージェント)は担当者のサービスの質や対応で良くクレームになっていますが、重要なのは「求人の質」です。また、エージェントの場合は希望条件を伝えるだけで、自分で求人を探すわけではありません。

そのため、ハローワークや求人サイトを利用して、その地域の求人情報や給与や福利厚生の相場などを考えておくべきです。

転職会社(エージェント)のお勧めとしては、

などが、地域に関係なくお勧めです(すべて全国対応)。

個人的には「看護師のお仕事」と「マイナビ看護師」「ナースではたらこ」は対応するスタッフの質が全国的に良いためお勧めです。多くの求人を探したい場合は、「ナース人材バンク」と言ったところでしょうか。

また、求人サイトであれば、

などがお勧めです。

看護師の転職サイトは当サイトで看護師の口コミランキングでご紹介していますので「看護師転職サイトランキング」も合わせて確認してみてください。

転職会社(エージェント)を利用しない場合で、病院やクリニックに転職を考えるのであれば、当サイトの「はたらきナース | 看護師のための病院・クリニックの口コミ・評判サイト」を利用して、働く看護師の院内情報をチェックしておきましょう。

また、転職会社の使い方に関しては「看護師転職サイト情報」に様々なコンテンツがあるので、確認してみてください。

 

初めての看護師転職で良くある質問

初めての看護師転職で良くある質問

初めての看護師転職で良くある質問を掲載しています。是非、参考にしてください。

 

退職希望を出す前に転職活動しても良い?

退職希望を出す前に転職活動しても良い?

はい、転職活動を行うのは個人の自由です。また、退職をしたい人を本当に引き留めることは病院・施設・企業には出来ません。

退職希望を出す前に転職活動を行い、円満に退社したいと考える場合は、必ず今まで円満に退職した人が「どれぐらいのタイミングで伝えていたか」「引継ぎ期間はどれぐらいの時間を使っていたか」などを確認しておきましょう。

その日数で、次の働く職場の転職日時を相談してください。

前職の引継ぎがあるので、働ける期間がこの日になることを伝えることで、引継ぎをするしっかりとした看護師だと好印象を持たれる場合もあります。

 

希望条件の考え方が分かりません

希望条件の考え方が分かりません

まず、希望条件として挙げ挙げられるのは、待遇となります。

  • 看護師の給与や年収・ボーナスなど
  • 保険も含めた福利厚生
  • 働く時間(日勤・夜勤など)
  • 雇用形態(正社員・パートなど)
  • 看護配置体制、7対1や2交代制など
  • 看護方式(PNSなど)、看護記録方式

上記を希望条件として考えると、探しやすいと言えます。(また、いくつか求人を見れば相場が分かると思います。)

さらに上記の分かりやすい希望条件の他に、

  • 教育体制
  • 人間関係
  • 病院の風土・経営方針・看護方針

など、目に見えないものが入ってきます。

こちらは、いままでの職場で嫌だったこと、良かったことを明確にすることで、希望条件を考えやすいと言えます。

 

看護師転職が行いやすい時期は?

看護師転職が行いやすい時期は?

ご自身が転職を希望する時期がお勧めだと思いますが、一般的には「病院勤続年数が3年以上」が良い時期です。理由としては、採用側も一人前の看護師であることを認めてもらいやすいからであり、教育に対する負担も少なくて済むからです。

また、1年で考えたときの適切な入職時期は、

  • 4月入職:新しく中途採用も採用されやすいため
  • 10月入職:半期で変わり目となるため

以上の理由です。上記の入職時期の3ヶ月前ぐらいから、看護師求人も増えてきます。

さらに詳しくは「看護師の転職時期とベストなタイミングとは?」を参照してください。

 

ボーナスを貰って辞めても良い?

ボーナスを貰って辞めても良い?

ボーナスを貰ってから転職を考える方も多く、看護師の退職は7月から8月の夏ごろ、12月頃に実際に多いです。

お勧めとしては、(ボーナスが固定ではない場合ですが)ボーナス査定前に退職希望を出すと、減らされてしまう可能性があるため、ボーナス査定後に退職希望を出して、ボーナス支給日まで勤務することが一番おすすめです。

 

最後に

最後に

看護師にとっても初めての転職は何かと不安が多いと思います。

冒頭に伝えたように、「不安」と感じる理由は「そのことについての情報が不足しており、自分で判断できない状態」だからです。

だから、不安を感じます。

情報収集を行うことで、転職の不安は少なくてもいくつかは解消されるはずです。

また、転職を失敗したくない・成功したいと考えることも、経験がないからといえ、当サイトの看護師体験談の記事をよく読んでいただくか、転職サイトの担当者から情報収集を行うことがお勧めです。

初めての転職、がんばってください。

この記事はお役に立ちましたか?

PR:看護師が評価した転職サイト

看護師転職サイト

転職会社を利用した看護師の方の口コミで利用しやすい看護師転職サイトをご紹介しています。是非、評判の良い転職会社を利用しましょう!



この記事を書いた人

看護師監修者・執筆者について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。