看護師の2交代と3交代。転職するならどっちがメリット?

看護師の2交代と3交代。転職するならどっちがメリット?

看護師が働こうと思うと交代制勤務が必須の職場が多いです。

交代制勤務といっても2交代制と3交代制の勤務があります。ではどちらの勤務体制が良いのでしょうか。

私は、大学病院の看護師時代に「2交代」と「3交代」勤務のシフトを両方経験しましたが、それぞれの勤務体制にメリット・デメリットがあり、看護師によって向き不向きがあることがよく分かりました。

転職する際も勤務体制がどっちの勤務体制なのかによって選ぶ看護師も多いでしょう。

この記事ではそれぞれの勤務体制について詳しく説明し、どのようなことを重視し選ぶと良いのか紹介します。

<【PR】看護師が評価した転職サイト>

1.看護師の2交代ってどんな勤務?

看護師の2交代ってどんな勤務?

2交代勤務の一般的な勤務時間は、

  • 日勤:8時30分から17時15分
  • 夜勤:17時から9時

などのような勤務時間が多いです。

細かい勤務開始時間と終了時間に違いはあってもだいたい日勤が8時間ぐらい、夜勤が16時間ぐらいという勤務時間です。

夜勤はだいたい月に4回から5回程度が多いでしょう。

病院によっては19時までのロング日勤も含めた変則性の2交代勤務もあります。日勤帯の休憩時間は3交代と同じで1時間で、夜勤の休憩は30分の食事休憩と夜中の2時間の仮眠休憩というパターンが一般的です。

基本的に「日勤」「日勤」「夜勤」「休み」などの勤務パターンが多いです。

 

日勤スケジュール例

日勤スケジュール例
8:30担当患者の情報収集
8:40夜勤の看護師から引き継ぎ・モーニングカンファレンス
9:00担当患者挨拶、環境整備、看護ケア
11:00入院患者、転入患者の対応
11:30~13:30配薬、昼休憩
13:35病棟内ミーティング
14:00看護ケア
16:40夜勤の看護師へ引き継ぎ
17:30記録の残りを記載、勤務終了

8:30~担当患者の情報収集

朝はその日担当する患者の情報収集から始まります。

看護師次第で情報収集に時間のかかる人は少し早めに始めています。

8:40~夜勤の看護師から引き継ぎ・モーニングカンファレンス

夜勤看護師から申し送りがあります。

日勤看護師間で患者の情報共有をし、その日に入っている大事な処置や看護師の1日の動きを共有します。医師が参加し、重症患者の状態報告が入るところもあります。

9:00~担当患者挨拶、環境整備、看護ケア

病院によって違いがあると思いますが、申し送りが終わると、担当患者へ挨拶をしながら1日の患者スケジュール確認、ベッド周りの環境整備を行います。ナースステーションへ戻り、点滴の準備をし、処置物品等の必要物品を持って患者のもとへ向かい看護ケアを行います。

バイタルサイン測定、症状対応、清潔ケア、夜勤で採取した血液データの確認などが入ります。

11:00~入院患者、転入患者の対応

11時頃になると入院患者、転入患者の対応をします。

入院オリエンテーション、時間があれば生活歴、病歴等の情報収集を行い、入院目的や退院までの流れ等を患者と共有します。

看護ケア上の問題があるようなら看護診断、計画へつなげていきます。

11:30~13:30:配薬、昼休憩

その日のリーダー看護師へ患者の状況報告を行い、リーダー看護師は至急の内容であれば医師と連絡をとりあいます。各担当看護師が直接医師に連絡することもあります。

これは採用している看護方式により異なります。

患者のお昼分の配薬をし、指示があれば血糖測定等の処置を行った後、交代で休憩に入ります。

13:35~病棟内ミーティング

患者の昼分の内服確認後、ナースステーションで看護師ミーティングを行いますが、施設により異なると思います。

必要があれば医師や薬剤師を呼んで実施し、外部から訪問看護師を呼ぶことや、地域連携室のスタッフが入ることもあります。

14:00~看護ケア

午後は比較的自由に時間を使えるので時間のかかるケアを入れられます。

患者の状態把握、患者指導、心理的ケア、清潔ケア、術後患者の受け入れ、医師と情報共有、夜勤帯で必要になりそうな指示を予測し医師へ相談、指示を受けます。

16:40~夜勤の看護師へ引き継ぎ

採用している看護方式により異なりますが、個々の看護師が行う場合と、リーダー看護師がまとめて行なう場合があります。

患者数も多いので大事なポイントを手短に申し送ります。

ナースステーションで行う場合と患者のベッドサイドで行う場合があります。

17:30~記録の残りを記載、勤務終了

終わっていないケア、未記載の記録の続きを行います。

日中はまとまった時間をとるのが難しいため、看護診断などの考えながら記載する内容の記録は、この時間で行うことになると思います。

 

夜勤スケジュール例

夜勤スケジュール例
16:30担当患者の情報収集
16:40日勤の看護師からの引き継ぎ、夜勤看護師間で情報共有
17:00患者ラウンド
17:30交代で夕食休憩
19:00看護ケア
21:00患者の就寝準備・消灯
22:00~6:001~2時間毎患者ラウンド、交代で仮眠
6:00モーニングケア
8:00配薬、食事セッティング
8:35日勤の看護師へ引き継ぎ
9:00勤務終了

16:30~担当患者の情報収集

前日日勤で出勤していることがほとんどなので、だいたいの患者の情報は把握できています。

指示変更や前日夜勤からの情報、転入・入院患者、翌日の検査等の情報をとります。

16:40~日勤の看護師からの引き継ぎ、夜勤看護師間で情報共有

日勤看護師から申し送りを受けた後、夜勤者間で患者の状態・災害時の対応を情報共有します。

17:00~患者ラウンド

患者に挨拶をしながら点滴の残量チェック等を含めた患者の状況確認をします。食前薬もある場合は配薬もします。

手術迎えや同席が必要なインフォームド・コンセントが夜勤帯にかかることもあります。

17:30~交代で夕食休憩

血糖測定や食前薬の配薬など、夕食前に必要なケアを行った後、交代で夕食休憩に入ります。

配膳は看護助手が中心になりますが、時間があれば看護師も手伝います。

19:00~看護ケア

患者のバイタルサイン測定、症状緩和、点滴交換、ドレーンチェック、服薬確認等の看護ケアを行います。

21:00~患者の就寝準備・消灯

消灯前に就前薬の確認等を行い、患者の就寝準備をします。

採用している看護方式により異なりますが、夜勤のリーダー看護師に状態報告をし、リーダー看護師は当直医・当直師長へ状態報告を行います。

22:00~6:00:1~2時間毎患者ラウンド、交代で仮眠

術後患者や状態の悪い患者等は1時間毎になりますが、通常2時間毎に患者ラウンドが入ります。

ラウンドの合間に交代で休憩に入ったり、担当患者の1日分の配薬をしたり、看護サマリー作成、看護計画の見直しをします。

6:00~モーニングケア

バイタルサイン測定、ドレーンや尿量チェック、術後患者の清潔ケア、採血、体重測定、経管栄養開始等が入ります。

各施設で異なると思いますが、リーダー看護師へ報告し、リーダー看護師は特記事項を当直師長へ申し送りします。

8:00~配薬、食事セッティング

担当患者の朝分の配薬、配膳をします。

患者の食事が終わったら内服確認、記録をしていきます。手術を受ける患者の送り出しも始まります。

8:35~日勤の看護師へ引き継ぎ・勤務終了

日勤の看護師へ申し送り、未記載の記録を行います。

夜勤帯でヒヤリハットが起きたときは日勤帯で出勤した病棟師長に提出、適宜修正の作業も入ります。

 

2交代勤務の職場で働くメリット

2交代勤務の職場で働くメリット

3交代のように準夜明けの休みはなく、休み前は日勤か夜勤明けしかないので同じ休日の回数でも多く感じます

また、勤務時間が長く準夜帯と深夜帯の夜勤をまとめて働くことができるので連休の数も多く旅行に行く際など連休も取りやすいです。

 

夜勤の前後でしっかり休息できる

2交代の夜勤前日は日勤か休みしかなく、夜勤後も必ず休みのため夜勤前後でしっかり休息をとることができます。

睡眠時間がしっかり確保されるため夜勤で不規則な生活になっても体調を崩しにくく身体も楽に感じます。

 

2交代勤務の職場で働くデメリット

2交代勤務の職場で働くデメリット

夜勤前後でしっかり休息できていても夜勤の時間が長いため疲労感はとても強くなります。

夜勤時間中に仮眠時間があってもその時間しっかり眠れるという人は少ないので体力的にとても大変です。

 

失敗を起こしやすい

人間の集中力には限界があり夜勤中に集中力を継続させることは困難です。夜勤は勤務時間がとても長く疲労感が強いです。

そして、長い夜勤時間を過ごし疲労感がとても強くなった朝方に採血や点滴、患者の状態観察など医療行為をしなければいけません。そのためその時間帯にミスをする危険性があり注意しなければいけません。

 

自分で患者を長く看護しなければいけない

それぞれ勤務時間によって担当する患者がいますが夜勤が長い分、長時間にわたって自分1 人でその患者を看ることになります。

そのため自分が患者の状態を見逃してもそれを発見するまでに時間がかかり、大変なことになってしまう可能性もあります。

些細なことでも見逃さずに観察する責任がより強くなります。些細なことでも疑問に感じたら他のスタッフに相談することが重要です。

 

2.看護師の3交代ってどんな勤務?

看護師の3交代ってどんな勤務?

3交代勤務の一般的な勤務時間は、

  • 日勤:8時30分から17時15分
  • 準夜:15時30分から0時
  • 深夜:0時から8時30分

などのような勤務時間が多いです。

一般的に各勤務8時間ぐらいの場合がほとんどです。

夜勤は準夜と深夜それぞれ月に4回から5回程度が多いでしょう。それぞれの勤務時間の休憩時間は1時間です。

「日勤」「深夜」「準夜」「準夜」「休み」などの勤務パターンが多いです。

日勤スケジュール例

日勤スケジュール例
8:30担当患者の情報収集
8:40深夜勤の看護師から引き継ぎ・モーニングカンファレンス
9:00担当患者挨拶、環境整備、看護ケア
11:00入院患者、転入患者の対応
11:30~13:30昼休憩(交代で1時間ずつ)
13:35病棟内ミーティング
14:00看護ケア
16:30準夜勤看護師へ引き継ぎ
17:00記録の残りを記載、勤務終了

8:30~担当患者の情報収集

その日担当する患者の情報収集から始まります。

情報収集に時間のかかる看護師は早めに出勤しています。

8:40~深夜勤の看護師から引き継ぎ・モーニングカンファレンス

基本的には二交代制の引き継ぎ、モーニングカンファレンスと同じです。

深夜勤看護師から申し送りがあり、日勤看護師同士でその日に入っている大事な処置や手術スケジュール、看護師の1日の動き等を共有します。

9:00~担当患者挨拶、環境整備、看護ケア

担当患者へ挨拶をしながら1日の患者スケジュール確認、ベッド周りの環境整備、点滴準備、ベッドサイドでの看護ケアを行います。

バイタルサイン測定、症状対応、清潔ケア、夜勤で採取した血液データの確認などを行います。

11:00~入院患者、転入患者の対応

入院患者へは入院オリエンテーション、時間があれば生活歴、病歴等の情報収集を行い、入院目的や退院までの流れ等を患者と共有します。

転入患者は転出元の看護師から引き継ぎを受けます。

11:30~13:30:昼休憩

二交代制と同様です。医師の指示を早めに仰いだ方がいいことがあれば医師と連絡をとりあいます。

食前の処置、患者のお昼分の配薬をし、交代で休憩に入ります。看護助手と配膳を行います。

13:35~病棟内ミーティング

患者の昼分の内服確認後、ナースステーションで看護師ミーティングを行います。

看護診断の評価、入院患者の紹介、早期退院に向けての話し合い等です。

14:00~看護ケア

患者の状態把握、患者指導、心理的ケア、清潔ケア、術後患者の受け入れ、医師との情報共有等が入ります。

午前中に入院患者の情報がとれなかったときはこの時間に行います。

16:30~準夜勤看護師へ引き継ぎ

準夜勤看護師へ日中の患者の状態について引き継ぎをします。

17:00~記録の残りを記載、勤務終了

終わっていないケア、未記載の記録の続きを行い、勤務終了となります。

 

準夜勤スケジュール例

準夜勤スケジュール例
16:30担当患者の情報収集
16:40日勤の看護師から引き継ぎ
17:15患者挨拶
17:30交代で休憩
18:00食事セッティング
19:00看護ケア
21:00患者の就寝準備・消灯
22:00巡回、休憩
0:40深夜勤へ引き継ぎ
1:00記録、勤務終了

16:30~担当患者の情報収集

担当患者の情報を集めます。

16:40~日勤の看護師から引き継ぎ

日勤看護師から患者の申し送りを受け、準夜勤看護師同士で患者の情報共有や各看護師の動きの確認等を行います。

17:15~患者挨拶

担当患者へ挨拶にまわります。このときに環境整備や点滴、尿量チェック等患者の状態確認もできます。

17:30~交代で休憩

ナースステーションへ戻り次第、交代で休憩に入ります。

血糖値測定、食前薬の配薬を済ませておきます。手術患者迎え、同席が必要なインフォームド・コンセント等も入る事があります。

18:00~食事セッティング

夕食分の配薬、配膳をします。

19:00~看護ケア

患者のバイタルサイン測定、症状緩和、点滴交換、ドレーンチェック、服薬確認等の看護ケアを行います。

21:00~患者の就寝準備・消灯

消灯前に就前薬の確認等を行い、患者の就寝準備をします。

22:00~巡回、休憩

患者の状況によりますが、通常2時間毎に患者ラウンドが入ります。

ラウンドの合間に担当患者の1日分の配薬をしたり、看護サマリー作成、看護計画の見直しをしたりします。交代で休憩に入ります。

0:40~深夜勤へ引き継ぎ

深夜勤の看護師へ患者の引き継ぎをします。

日勤で勤務した看護師が出勤することが多いため、申し送りも比較的手短に終わります。

1:00~記録、勤務終了

終わっていない記録を行い勤務終了となります。

 

深夜勤スケジュール例

深夜勤スケジュール例
0:30情報収集
0:40準夜の勤看護師から引き継ぎ
2:00巡回
6:00モーニングケア
8:00食事セッティング
8:40日勤の看護師へ引き継ぎ
9:00勤務終了

0:30~情報収集

日勤後に深夜勤になった場合は準夜勤帯の情報収集のみで済みます。

0:40~準夜勤の看護師から引き継ぎ

準夜勤の看護師から引き継ぎを受けます。

日勤→深夜勤勤務の場合は引き継ぎにあまり時間はかかりません。

2:00~巡回

朝まで2時間毎の巡回、尿量やドレーンチェック、点滴調整等をします。

交代で休憩をとります。

6:00~モーニングケア

バイタルサイン測定、ドレーンや尿量チェック、術後患者の清潔ケア、採血、体重測定、経管栄養開始等が入ります。

8:00~食事セッティング

朝分の配薬、配膳をします。患者の食事が終わったら内服確認、記録をしていきます。

手術患者の送り出しが始まります。

8:40~日勤の看護師へ引き継ぎ・ 勤務終了

日勤看護師へ申し送りをし、未記載の記録をします。

 

3交代勤務の職場で働くメリット

3交代勤務の職場で働くメリット

2交代に比べて勤務時間が短いため精神的にも楽です。看護師の仕事はとてもハードなので長時間働くことはとても精神的に負担になります。

3交代の場合、どんなに忙しい職場でも次の勤務者にバトンタッチすることができるので2交代に比べると楽に感じます。

 

勤務時間が短いので長時間家を空けなくて良い

特に子育て中や介護をしている看護師は3交代の方が連続して長時間家を開けることがないので安心して働けます。

自分が仕事で長時間家を空けないことで一緒に生活している家族の負担も軽減させることができます。

 

3交代勤務の職場で働くデメリット

3交代勤務の職場で働くデメリット

同じ休日日数でも3交代の場合は、準夜明けでの休みが多いため休みが少なく感じます。準夜は日付が変わった夜中に帰宅することになるので次の日の休みも疲労感が取れていないことがあります。

また、3交代なので連休を希望しても取れないということが2交代に比べて多いです。

 

深夜前にしっかり休息がとれないことがある

3交代勤務の深夜は多くが、日勤・深夜という流れの勤務パターンです。

そのため日勤で夕方まで働いた後一度帰宅してその日の日付が変わる0時から再び働くということになります。日勤で残業せずに帰宅したとしても6時間後ぐらいには再び仕事になります。

実際は日勤を行なって帰宅して食事や風呂という時間と深夜前の準備の時間を除くと睡眠時間が2〜3時間で深夜を行うということになります。

日勤帯での仕事は夜勤に比べてハードで常にバタバタしていることが多いので睡眠時間がそれぐらいしか取れないと疲れたまま深夜を行うことになります。

 

夜勤の通勤が不安

3交代だと深夜前と準夜後の通勤が夜中になるので特に女性は不安に感じると思います。

車での通勤なら夜間でも問題ないですが、電車通勤や徒歩での通勤の人は少しでも危険に感じることがあると思います。

 

3.転職するならどっちがメリット?おすすめの看護師とは

転職するならどっちがメリット?おすすめの看護師とは

転職する場合に交代制は気になるポイントになりますね。

2交代制、3交代制勤務の経験からおすすめする看護師を説明していきます。

 

2交代制をおすすめしたい看護師

旅行好きの人

旅行好きの人

上記で説明した通り2交代は連休がとても取りやすい勤務体制です。

そのため連休を使って旅行に行きたい、プライベートを充実させたいという人にはおすすめの勤務です。

特に休日を自由に自分の時間として使える独身の人には仕事をしながらしっかりプライベートの時間を確保できるので良いです。月の勤務の中で連休があることが多いでの他のスタッフの目を気にせずに連休を取ることができます。

 

育児をしながら自分の休息も取りたい人

育児をしながら自分の休息も取りたい人

2交代の特徴の1つが夜勤前にしっかり休息をとる時間が確保されることです。育児中の看護師は3交代の日勤・深夜前だと仕事が終わって家に帰っても子供の世話がありほとんど休息する時間が持てないまま、すぐに夜勤に出勤するということも多々あります。

しかし、2交代だと夜勤前後でしっかり自分だけで休息できる時間があるため自分の健康面を維持するためには良い勤務です。

とは言っても夜勤の拘束時間が長いため家族の理解と協力がなければ行えません。

 

電車や徒歩通勤の人

電車や徒歩通勤の人

2交代だと夜中に通勤することがないので電車や徒歩通勤の人にはおすすめです。

自分の身を守るためにも夜中に危険や不安を感じる電車や徒歩通勤がない2交代が良いです。

 

3交代制をおすすめしたい看護師

長い時間の勤務が耐えられない人

長い時間の勤務が耐えられない人

2交代だと夜勤は16時間程度の連続勤務が求められます。長時間勤務することは疲労感もとても強くなり身体的にも精神的にもハードな勤務です。

そのため、長時間の勤務に耐えられない人には3交代がオススメです。

3交代だとどんなに忙しい日でも8時間なので、勤務の終わりも見えて次のシフトのスタッフにバトンタッチできます。

また、短い勤務のため集中力も継続できるのでミスも減ります。

 

家族の負担を強くしたくない人、家族との時間を大切にしたい人

家族の負担を強くしたくない人、家族との時間を大切にしたい人

特に小さい子供がいる家庭では、2交代の夜勤だと夫や家族に夜も朝も連続して子供の世話をしてもらわないといけません。

これは家族にとったらとても負担に感じます。

3交代だと拘束時間が短いことや、子供が寝ている時間に働くことになるので、子供と離れる時間も少なくなり子供も家族も負担に感じることが少なくなります。

 

4.まとめ

2交代と3交代勤務ではそれぞれメリット・デメリットがあります。

2交代制勤務3交代制勤務
メリット・休みが多く感じる
・連休が取りやすい
・夜勤の前後でしっかり休息できる
・勤務時間が短い
・精神的に楽
・勤務時間が短い
デメリット・夜勤の拘束時間が長い
・疲労感が強い
・失敗を起こしやすい
・患者を長く看護する必要がある
・休みが少なく感じる
・連休が少ない
・深夜前に休息がとれない
・夜勤の通勤が不安である

しかし、どちらの勤務体制が良いかはその人のライフスタイルや考え方によって向き不向きが変わってきます。

特に結婚している看護師、介護をしている看護師は家族の協力状況や考え方によってもどちらの勤務があっているのかは変わってきます。

そのためしっかりメリット・デメリットを考えて自分のライフスタイルに合っている勤務体制はどちらなのか当てはめて考えることが大切です。

この記事はお役に立ちましたか?

この記事を書いた人

看護師監修者・執筆者について



コメントを残す

内容へのご意見、ご感想を是非、お願いいたします。