警察病院で働いて感じた看護師の体験談!

警察病院で働いて感じた看護師の体験談
出典:「Wikipedia東京警察病院」より

「警察病院」と聞くだけで、特別なイメージや怖いイメージを抱く看護師もいるかもしれませんが、「病院である」の部分は基本的に大きく変わりません

私が警察病院で2年間働いた経験をもとに、気になる警察病院で働いて看護師として感じたことを説明していきます。

【執筆した看護師のプロフィール】

看護師
看護師資格確認済み
  • 年齢/エリア:30歳/東京都
  • 経歴:公的病院、大学病院、警察病院、地域病院
  • 経験がある診療科:ICU・内科、眼科、泌尿器科
大学病院、公的病院で看護師として様々な診療科を経験。現在は1児の母としてパート看護師として活躍中。

1.警察病院での受刑者(犯罪者)と看護師の関係性

警察病院での受刑者(犯罪者)と看護師の関係性

画像:shutterstock

警察病院で看護師として働く場合、一番気になるのは受刑者(犯罪者)との関係性だと感じます。

私の経験から説明していきます。

 

(1)受刑者が搬送されてくる病院である

警察病院には刑務所に収容されている受刑者の病状が悪化した際に運ばれる病院になります。

基本的に刑務所の専属医師が診察しますが、重症化したケースや手術を要するケースになると警察病院へ搬送され手術・治療を行うことになります。

看護師の体験談

医療刑務所に運ばれる可能性もありますが、警察病院、医療刑務所ともに数が少ないため、おそらくですが患者を何らかの形で振り分けているようです。

刑務所で働く看護師については「刑務所看護師の仕事と給与・年収について」を確認してください。

 

(2)受刑者に対する看護師の対応

警察病院に運ばれてきた受刑者に、「自分の個人情報を知られる恐れがあること」や、「脅迫まがいのことを行われる恐れがあること」などの可能性があります。

そのため、警察病院で働く看護師は、

  • 自分の名札も隠し苗字も知られないように注意をすること
  • 危険を感じたら身を守ることに注意をすること
  • 暴言を吐く受刑者のことを気にせず仕事をすること

などが看護する場合の注意点として挙げられます。

この話を聞いて「怖い」と感じる看護師もいるでしょうが、受刑者のそばには必ず24時間、警官がいます

看護師の体験談

私も2年間ほど警察病院で勤務をしていましたが、暴力などをふるわれることや、暴言を吐かれることなどはありませんでした。

 

(3)患者は誰でも受診することができる

警察病院は、警察職員や受刑者のイメージがある方もいると思いますが、昔は警察職員の福利厚生の一環で、診察や治療を行っていましたが、現在では一般にも開放されています。

つまり、患者はどのような方でも受診や治療を受けることができます

 

2.警察病院で働いて感じたこと

警察病院で働いて感じたこと

画像:shutterstock

警察病院を目指す看護師の方に向けて、私が働いて感じたことを説明していきます。

 

(1)看護師は公務員ではない、民間の病院

警察病院という名前から「公務員看護師なのでは」と思っている看護師の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、警察病院は警察組織に含まれない民間の病院になり、こちらも一般の看護師と変わりません

民間病院のため、公的医療機関には該当しません。

 

(2)看護師の仕事内容は一般病院と変わらない

警察病院と一般病院で看護師の仕事内容が変わることはありませんでした

先ほど説明したように、外来患者も受け入れていますので、配属される診療科や病棟などによって、看護師の仕事を行います。

一般病院と異なる点は、警察病院では刑務所に収容されている受刑者の看護を行うという点だけとなります。

 

(3)給料や福利厚生の待遇が他の病院と比較して良い

警察病院で働く看護師の待遇は、私の感覚ですが他の病院と比較して良かった印象です。

例えば、

  • 看護師の給料が比較的他の病院と比べて高いこと
  • 退職金が規定に従い豊富に出ること(勤続3年以上)
  • 警視庁職員互助組合に準組合員として加入する事が出来ること
  • 看護寮が充実している

などが挙げられます。

警察病院では、直営保養所や会員権取得施設等を利用することが出来ます。

また、東京警察病院では東京ディズニーランドなどの割引を受けることが出来ました。

 

(4)一般病院と比較して医療設備が充実している

警察病院は他の病院と比較しても、建物や医療機器・器具などの環境が最新でしっかりと整えられていました。

電子カルテはもちろん、ICUなどの部署ではパソコン2台を連動して児童で記録を行うことも可能です。

医療機器についても、IABP,PCPSやほか二次救急で使用する機器類も充実しており、様々な処置の経験を積むことができました。

 

(5)特殊な看護について学ぶことができる

警察病院では、他では経験できない看護を学ぶことができました

私が実際に学んだ例としては、

  • 特殊な手術体位や手術前後の聴覚の状況
  • 神経麻痺状況
  • 手術前後で明らかに変わる患者の状態

など中には、手術が難しいとされている、一般の病院では手術できない「聴神経腫瘍」の手術を行っていました。

将来的に、脳神経外科の知識を深めたい看護師にはとても学びになることが多い印象です。

 

3.最後に

最後に

画像:shutterstock

警察病院で看護師として働くためには、基本的には一般病院と同じように書類選考、面接があり、場合によっては試験(小論文・適性検査)があります。

実際に東京警察病院では、以下のような求人を募集しています。

  • 年齢:年齢制限なし
  • 資格:看護師国家資格をお持ちの方(勤務経験3年以上大歓迎)
  • 業務内容:外来または病棟配属
  • 試験内容:書類選考後、面接、小論文、適性検査

私が採用試験を受けた際は「出されたテーマに沿った小論文を時間内に、規定された文字数で記入する」というものでした。

小論文の内容は「自分が目指す看護師像とは」という内容で、

  • 自分が目指す看護師像
  • なぜその看護師像を目指しているのか
  • 現在の状況
  • 今後の自分は目標の為にどうしていきたいのか

などを書きました。

また、面接については病院の方が多数いての個人面接であり、面接の際にはとても緊張したことを良く覚えています。

もし、警察病院で働きたいと思われている看護師の方は、以上のような試験があることを考慮し、一般の病院転職よりも転職対策を行うことをお勧めします。

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

条件が良い病院や施設の求人は10月~12月にかけて、非公開求人で募集する場合が多くあります。インターネットに出回らない求人のため、看護師転職サイトを活用して転職活動を実行しましょう。

また、看護師転職サイトは、専任の担当者のレベルによって大きく活動が変わります。そのため、以下の看護師の皆様が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年9月20日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?