看護教員になるには?大学・専門学校・高校の3つの方法

看護教員になるには?大学・専門学校・高校の3つの方法
写真:shutterstock

「看護教員」と言っても働く場所の幅は広く、

  1. 大学・短大の看護教員
  2. 専門学校の専任教員
  3. 高校(看護科)の看護教員

の3つのパターンがあります。

どの職場を選ぶかによって、仕事内容や役割、就職・転職方法も異なります。

また、教員の募集要項によって違いますが、臨床経験が最低でも3年以上、または5年以上は必須となります。

大学・専門学校・高校の看護教員になるための条件や求人の探し方を説明していきます。

【ご注意点】どの看護教員の募集資格も、募集する大学、専門学校、高校によって異なる場合が多く、あくまで一般的なものだと考えてください。

1.大学(短大)の看護教員

大学(短大)の看護教員

写真:shutterstock

大学・短大の看護教員になるために必要な資格(看護師資格以外)は特にありませんが、求められる条件・学歴は大学や短大によって異なります。

大学の看護教員の職階は「助手<助教<講師<准教授<大学教授」となっており、通常は「助手」または「助教」からスタートすることになります。

 

(1)一般的に求められる条件

【注意点】以下は一例となり、大学や短大によって募集要項は大きく異なります。
領域 ・大学によって異なる
(例:基礎看護学領域、成人看護学領域、小児看護学領域など)
必要要件 ・看護師資格(実務がある場合)
・保健師資格(実務がある場合)
・就任時に修士以上の学位(博士が望ましい)を有し、看護学分野の業績を有すること
経験 ・病院等の医療機関で5年以上の実務経験者
望ましい項目 ・臨床での実習指導経験があることが望ましい

特に大学の場合は「修士号、博士号の学位を取得しているもの」を条件としていることも多いといえ、さらに「5年以上の実務経験」は必ず求められるといえます。

 

非常勤講師も検討しよう

特に大学の場合、多くの非常勤講師を募集している場合があります。(それだけ、人材が足りないというところでしょうか。)

中には実績があまり求められないものもあるため、初めての場合はまずは、看護教員として大学で働く場合、非常勤講師の求人から探してみることをお勧めします。

 

(2)大学の場合は研究も必要となる

大学の看護教員として働く役職が、助教以上の場合、授業などの他に「研究」も行う場合があります

その場合、自身が中心となって研究を行うこともあれば、教授の研究をサポートする役割にまわることもあります。

 

(3)給料や年収について

各大学や短大の「規定に基づく」年収が支払われることが一般的です。

そのため、「助手・助教・講師・准教授・大学教授」「非常勤講師」など、自分の役職はどのようになるかで年収や給料が変わるので注意しましょう。

看護師資格を保有しているから、臨床経験年数が多いからと言って、給料や年収が増えることはありません。

 

(4)大学・短大看護教員求人の探し方

大学・短大看護教員求人を探す場合、3つの方法があります。

  1. JREC-IN Portal/研究者人材データベース
  2. ハローワーク当の公的機関

(いずれも利用した方が良いと思いますが、)一番、簡単に探すことが可能な求人としては、「JREC-IN Portal/研究者人材データベース」です。

検索でエリアを指定して「大学 看護師 教員」などで検索するとおよそ全国で300件前後の求人が出てきます。

先ほども説明したように、

  • 非常勤講師
  • 常勤(任期あり)
  • 常勤(任期なし)

などの、様々な雇用形態があるので注意しましょう。

 

2.看護専門学校の専任教員を目指す方法

看護専門学校の専任教員を目指す方法

写真:shutterstock

看護専門学校の専任教員を目指す場合、看護師や保健師、助産師資格だけでは、なることが出来ません。

以下で詳しく説明していきます。

 

(1)看護師養成所専任教員資格が必ず必要になる

看護専門学校の専任教員になるためには、「看護師養成所専任教員資格」を取得する必要があります。(この資格は、看護教員養成コースを持つ通信制大学で取得できるため、働きながらであっても取得が可能です。)

また、資格を取得するための条件としては、

  • 看護師・保健師・助産師いずれかで、5年以上業務に従事していること
  • 専任教員として「必要な研修(※1)」を履修したもの(または同等以上の学識経験)

などです。

また、「保健師、助産師又は看護師として専門領域のうちの一つの業務に3年以上従事したもので、大学において教育に関する科目を履修している場合」は不要となります。

(※1)必要な研修について

必要な研修については、

  • 厚生労働省看護研修研究センターの看護教員養成課程
  • 厚生労働省が認定した看護教員養成講習会
    (旧厚生省が委託実施したものを含む。)
  • 国立保健医療科学院の専攻課程及び専門課程地域保健福祉分野

のいずれかの研修を指します。

 

(2)一般的に求められる条件

先ほど説明した、「看護師養成所専任教員資格」は必ず求められます。

また、各専門学校によって異なりますが、「教員経験」を求めてくる場合があるので注意しましょう。

基本的に専門学校の場合は、看護教員の仕事は、科目指導の運営・実習指導になる場合が多いといえます。

 

(3)専任教員求人の探し方

  1. ハローワーク当の公的機関
  2. 地方自治体のホームページ
  3. JREC-IN Portal/研究者人材データベース

などの探し方が一般的です。

大学教員でご紹介した、「JREC-IN Portal/研究者人材データベース」でも求人を探すことが可能ですが、専任教員求人数は少ないといえます。

また、市区町村や都道府県で運営している看護専門学校の場合、「地方自治体のホームページ」などから

看護専門学校の場合、学校側から卒業生などに直接声をかけることが多く、まずは自身の人脈を辿って求人を見つける方法もお勧めです。

 

3.高校(看護科)の看護教員を目指す方法

高校(看護科)の看護教員を目指す方法

写真:shutterstock

募集によって多少の違いはありますが、「市立・県立系の高校」の場合は一般的に求められる条件となります。また、勤務することで看護師は地方公務員となります。
「市立・県立系の高校」を運営する都道府県や市区町村によっては、5年以上の実務経験のみで良い場合もあります。
私立の場合は私立高校の募集要項によって異なるため注意してください。以下では私立・県立高校の看護教員について説明いたします。

市立・県立系の高校(看護科)の看護教員になるためには、以下のいずれかに該当する必要があります。

  1. 専任教員として必要な研修・講習を修了
  2. 看護師として保健師助産師看護師学校養成所指定規則別表3の専門分野の教育内容のうちの一つの業務に3年以上従事した人で、大学において教育に関する科目を履修し、合計4単位以上取得して卒業した人、又は大学院において教育に関する科目を履修し、合計4単位以上取得した人

以上のような条件が多いとえます。また、他と同様に、看護経験が5年以上必要な場合がほとんどです。

 

(1)専任教員として必要な研修・講習を修了

専任教員として必要な研修・講習を履修とは、

  • 看護師として5年以上業務に従事していること
  • 必要な研修・講習を修了した人

が挙げられます。

必要な研修は、

  • ファーストレベル修了者(150時間)
  • 看護実習指導者講習会修了者(240時間)
  • 特定分野における保健師助産師看護師実習指導者講習会修了者(42時間)

などが挙げられます。

 

(2)指導経験が必要な場合も多い

高校(看護科)の看護教員の場合、指導経験を求められる場合があります。

例えば、

  • 看護師等養成施設での教員経験者(1年以上)
  • 病院での臨地実習指導担当経験者(2年以上)
  • 病院での現任教育担当者(2年以上)

などです。

また、応募するために証明書等が必要になる場合もあります。

募集要項によって異なる条件のため注意しましょう。

(3)高校看護教員求人の探し方

高校(看護科)の看護教員の求人は、地方自治体のホームページで募集されることがほとんどです。

毎年12月頃を締め切りに、募集されることが多く、欠員が出た場合なども随時募集されるため、確認が必要になります。

ハローワーク、またはナースセンターなどでも求人を紹介しているケースがありますが、地域差があるといえます。

 

最後に

看護教員になるためには、大学(短大)・専門学校、高等学校いずれかに転職する場合でも、ある程度の準備が看護師に必要だということが分かります。

さらに、特に高等学校の場合は看護師の求人数が少なく見つけることも困難といえます。

また、「JREC-IN Portal/研究者人材データベース」を利用する場合や、ハローワークを利用する場合や、直接地方自治体に応募する場合、履歴書・職務経歴書・面接はすべて自分の判断で行わなければなりません。

今まで病院勤務のみの看護師は、ビジネスマナーをしっかりと確認し、履歴書・職務経歴書・面接の対策を行ってください。(病院への転職と同じように考えることは、やめておきましょう。)

キャリアプランを考えながら、是非看護教員を目指してみてください。

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

1月~3月は、求人が最も多くなる時期であり、病院・クリニック・施設・企業などの看護師求人数が最も充実します。転職に細かい希望条件がある方や、現在の職場よりも待遇が良い求人を探したい方、キャリアアップなどのステップアップをしたい看護師の方には転職が最適な時期と言えます。

しかし、看護師転職サイト(会社)などでは一番の繁忙期となり、忙しい中でもしっかりとあなたのサポートを行ってくれる、良い看護師転職サイトを選びましょう。

専任の担当者のレベルによって大きく転職活動が変わり、出会える求人も違います。そのため、以下の看護師の皆様(執筆している看護師の方)が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2020年6月4日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?