看護師で病院が合わないと思う理由と判断基準

看護師で病院が合わないと思う理由と判断基準


看護師、保健師

看護師として働いていると「仕事がハードで辛い」「人間関係で悩んでいる」等、様々な悩みに直面し日々ストレスを抱えて働いている人が多いでしょう。

悩みや辛さが多く繰り返してしまうと

  • 「この病院は私には、合わないのかもしれない」
  • 「病院で勤務することが私には合わないかもしれない」

と感じ、辞めたいと思うようになります。

私の看護経験からですが、ストレスを抱えたまま病院内で仕事を続けると、仕事に支障が出てしまうほど体調を崩してしまうこともあるため注意が必要だと感じます。

そのため、看護師で病院が合わないと思う理由と続けた方が良い場合、転職した方が良い場合の判断基準を説明していきます。

看護師転職サイトランキング

1.病院が合わないと思う看護師の理由と体験談

病院が合わないと思う看護師の理由と体験談

厚生労働省のデータ(平成27年転職者実態調査)では、会社の将来に不安を感じたから(男性:30.9%)、労働条件が良くなかったから(女性:27.2%)という結果となりますが、看護師は実際どのような理由で合わないと感じるのでしょうか。

働く看護師たちが「病院が合わない」と思う理由は、もちろん人それぞれですが、以下の理由が該当する場合が多いのではないでしょうか。

 

(1)今後の看護師としてのキャリアが見えない

職場に自分のロールモデルとなる看護師が不在の場合や、看護師のスキルが低下してしまう職場の場合、「病院が合わない」という考えに至りやすいと言えます。

この場合、看護師としてスキルアップやキャリアアップを目指せる病院が複数あり、転職も比較的容易なことから、退職する看護師が多いと言えます。

 

退職した体験談

新卒から4年間働き、患者層や設備等含め、ある意味特殊であるこの病院だけではなく、もっと視野を広げたいと思い転職しました。 (引用

病棟看護師として勤務していたのですが、精神科の病棟のため医療行為が少なく、医療技術のスキルを維持しにくかったことが、退職の原因です。(引用

看護師として入職しましたが、雑用が多く看護師としてのスキルアップは難しいと感じ退職しました。 (引用

 

(2)労働環境が悪く合わないと感じる

看護師として労働環境が悪い場合や、人員不足などで自分が行いたい看護に遠い場合、この病院は私には合わないと思ってしまいます。

このような場合、改善したくても個人の力では行うことができず、ほとんどの看護師の方が「転職」という方法を選ぶ場合が多いと言えます。

また、設備などの老朽化や衛生管理なども病院が合わないと感じる理由の1つとなります。

 

退職した体験談

人手不足により一人の看護師にかかる負担が大きく、精神的に辛い日々が続いたため退職を決めました。 辞めたいと思っている人は多く、順番待ちという感じです。(引用

私が退職した理由はパートで働きたかったからです。子供が小さかったので夜勤のないところで働きたかったというのが大きいです。(引用

 

(3)労働に見合った給料ではないと感じる

仕事内容に対して、労働に見合った給料ではないと感じた場合、この病院は合わないと感じてしまう1つの理由となります。

(シンプルに言うと給料が安いと言うことになります。)

職場の人間関係が良好であることや、仕事内容にやりがいを感じることが出来る職場であれば、思いとどまる看護職員も多いですが、年収を理由に辞める看護師も多くなります。

 

看護師の体験談

給与の少なさを訴えて転職するかたは何名かいらっしゃいましたが、家庭の事情が大きいと思います。(引用

退職の理由としては給与の安さである。 給与の安さが 1 番大きい。 多忙な業務内容、責任感の重さに対しての給与が見合ってないと感じた。その反面働く環境や人間関係は良好、看護や医療を学べる環境も整っており退職するかとても悩んだ。(引用

 

(4)人間関係が耐えられない

チーム医療が推進されている中、看護師にとって職場のスタッフとのコミュニケーションは重要な仕事の一つであり、看護師スタッフ間では必須の業務と言えます。そのため、人間関係が悪化してしまうと、仕事を円滑に進めることが出来なくなります

また、さらに陰口や人間関係に大きな亀裂が入ってしまうと精神的なダメージも大きくなります。このような状況になった場合に「病院が合わない」と感じることが多いです。

耐えられなくなる前に、対処することや職場を変更することが大切です。

 

看護師の体験談

お局さんがいて、いつも誰かが誰かの悪口を言っていることや、仕事自体の不満というよりも、人に気をつかうことに疲れたということもあり退職しました。(引用

部署の先輩と合わなかったために精神的に病んでしまって出勤できなくなり、病気休暇→退職となりました。(引用

 

(5)希望していた仕事内容(診療科)ではない

大きな病院になればなるほど、配属先や希望の診療科を選ぶことが困難となります。看護師としての仕事は同じでも「やりがい」を感じなくなってしまう方も多いです。

そのため、「この病院の仕事は合わない」と感じやすくなります。

幸い、大きな病院であれば異動し、解消する方法もありますが、異動が叶わない場合は退職するケースがほとんどです。

 

看護師の体験談

退職理由は、希望した科への配属が叶わない為です。配属後、同部署で連勤4年目以上の職員は異動希望調査に記入するルールがありますが、その前に希望部署を尋ねられることもなく異動を命じられ、元居た部署には2度と戻らせない、今回異動する部署以外への異動希望も許さないと言われたため退職しました。(引用

退職理由は入職時に契約していた内容で勤務出来なかったからです。 また病棟での働き方のスタイルが手の空いている人に自分の仕事を頼むという感じで、1年目でまだ経験が必要なのに手の空いている人を探して点滴の挿入を依頼する、その行動が自分の考えとは合いませんでした。(引用

 

(6)経営方針や看護方針が合わない

経営方針や看護方針が合わない場合、すぐに変えられることではなく、さらに意見することも難しい立場の場合も多いため、「強く病院が合わない」と感じます。

就職や転職した際の「あなたの情報不足」が招いた結果と言えます。

そのため、経営方針や看護方針が合わない場合は、「なぜそのようなことになったのか」をしっかりと振り返りながら次に生かしましょう。

 

私的な理由になりますが、私のいた部署では正社員で責任者が私ひとりしかおらず、有給もほとんど消化させてもらえませんでした。(引用

病院のモットーがどんな人でも受け入れ入院を拒否しない。 そのため看護師は精神的に辛い事も多い。 患者ファーストに疲れを感じ、医師不足もあり患者と医師の板挟みになる事も多く退職を決意した。(引用

 

2.判断基準:病院勤務を続けたほうが良い場合

判断基準:病院勤務を続けたほうが良い場合

「病院が合わないと思う看護師の理由」を確認してきましたが、すべての理由が転職や退職を行った方が良いわけではありません。

病院が合わないと感じていても、続けた方が良い場合を説明していきます。

 

(1)今の仕事にやりがいを感じる場合

今の仕事・病棟などに看護師とてやりがいを感じているのであれば、もう少し様子を見ながら続けてみましょう。

また、あなたが「病院が合わない」と感じる理由を可能な限り対処してみましょう。

他の病院や施設に転職しても得られる「やりがい」なのかも冷静に判断することをお勧めします。

 

(2)配属先(診療科など)が変更できる場合

配属先や診療科が変更できる場合、環境が変わることで、合わないと感じている病院が働きやすい病院に変わることも多々あります。

師長が複数在籍する大きな病院であれば、なおさらと言えます。

「人間関係・仕事内容・労働環境」などが変わる可能性が高いため、「今の仕事内容の何が合わないと思うのか」「どんな仕事をしたいか」等を明らかにした上で、他の配属先へ異動届を出すと良いでしょう。

「なんとなく嫌だから」「他にどこで働きたいのか分からない」等、明確な理由がないとまた同じような仕事内容の配属先に変更になる可能性があるため注意が必要です。

 

(3)人間関係で苦手な人が1人程度の場合

人間関係の問題で苦手な看護師が1人程度の場合は、他の看護師に相談することで比較的簡単に解決する場合があります。

看護師の仕事は、基本的に病院・クリニック・施設でも人間関係が付きまといます。そのため、出来る限り克服するように努力しましょう。

同じ思いをしている人と話ができればストレスを軽減でき、場合によっては苦手な人と関わらないようにするために勤務を調整してくれることもあります。

 

看護師の体験談

私は病棟で勤務していた時、すごく苦手な先輩看護師がいました。何をしても怒られてしまい注意の仕方がとても怖かったことを覚えています。

勤務が重なると必ず1回は怒られていたので一緒に働きたくないなと思っていました。それを同期の看護師に相談したところ同じような思いをしている人が多くいることが分かりました。

みんな怒られていることが分かると「私だけじゃない」と思うようになり以前ほど悩まなくなりました。

 

(4)仕事の経験(勤務経験)が浅い場合

仕事の経験や看護師経験、勤務している期間が浅い場合は1年程度様子を見ることも1つです。(新人看護師の方の場合特に、2年程度は様子を見ることを推奨します。)

まだ、職場のスタッフとのコミュニケーションが不足している可能性もありますし、悪いと思っていた労働環境も年間を通じて見ることで、見方が変わる可能性もあるからです。

ただ、ベテラン看護師の場合は、素早く退職・転職することもあると思います。

 

(5)待遇や人間関係・労働環境に問題がない場合

待遇と人間関係、労働環境に問題がない場合、病院が合わない理由は、

  • スキルアップが出来ないこと
  • 仕事が合わないと感じていること
  • やりたいことがある場合

などが該当します。

スキルアップや仕事が合わないと感じている場合は、少し様子を見て現在と同じ水準でやりがいを感じる職場があるどうか求人を探しましょう。

さらに、やりたいことがある場合は、準備期間と考えてより明確にやりたいことを突き詰めてみましょう。

 

3.判断基準:転職などを検討した方が良い場合

判断基準:転職などを検討した方が良い場合

以下で説明する内容で、病院が合わないと感じる場合、転職などを検討した方が良いと言えるでしょう。

 

(1)どうしても解決できない人間関係の問題がある場合

繰り返しになりますが、看護師が働く職場で人間関係が悪化した場合、精神的にダメージが大きいと言えます。問題を解決することなく放置していた場合、病気になってしまう場合も多いと言えます。

そのため、どの職場でも人間関係は付きまといますが、職場を変えるということが一番シンプルな解決方法になります。

自分自身の身を守るための行動をしましょう。

 

(2)やりたいことが明確である場合

看護師としてや、自身としてやりたいことが明確で決まっている場合、行動に移す時です。

退職まで時間が掛かる場合もあるため、なるべく早めに転職などの計画を考えることをお勧めします。

事前に調査はしっかりと行っておきましょう。

 

(3)病院の経営が不安定で人材不足が顕著の場合

病院の経営が不安定な場合や、看護師の人材不足が明らかな場合、残される職員のことを考えると退職しにくくなりますが、看護師として疲弊してしまう可能性もあるため、事前に相談の上、退職・転職を検討しましょう。

看護師の資格と経験があれば、どの病院や施設でも働くことが出来ますが、疲弊してしまうと「看護師自体を辞める」という選択肢にもなりかねません。

そのため、行動を起こすタイミングかもしれません。

 

(5)パワハラなどがある場合

罵声を浴びせられたり、パワハラだと感じたりする行動があった場合、早々に見切りをつけて転職を検討しましょう。

病院が合うあわない以前の問題となり、このまま働き続けても良いことがありません。

 

4.最後に

最後に

「病院と合わない」「病棟が合わない」と思いながら仕事を続けると、看護師としてのやりがいを感じなくなってしまう場合があります。

さらに私の経験上、仕事への意欲が低下してしまうこともあるため、ここで紹介した対処法を試してみることをまずはお勧めします。なぜ看護師になったか振り返ると、良い道筋が見えてくる場合もあります。「看護師になった理由やきっかけ:アンケート調査」を参考に、是非今一度考えてみてください。

また、どうしても今の病院と合わないと思った時は、転職を考えることも大切ですが、その際は「今の病院が自分に合っていないのか」「病院で働くこと自体が自分に合っていないのか」を必ず見極めることが必要です。

なぜなら、病院で働くこと自体が合っていない場合、それに気づくことなく病院で働いてしまうと、同じ事を繰り返すことになり、再度転職しなければならなくなるためです。

転職をする際は、働き方や仕事内容、勤務形態などを明確にさせておくことをお勧めします。

この記事はお役に立ちましたか?

PR:看護師が評価した転職サイト

転職会社を利用した看護師の方の口コミで利用しやすい看護師転職サイトをご紹介しています。是非、評判の良い転職会社を利用しましょう!

この記事を書いた人

看護師監修者・執筆者について



コメントを残す

内容へのご意見、ご感想を是非、お願いいたします。