クリニカルスペシャリストとは?看護師としての働き方

クリニカルスペシャリストとは?看護師としての働き方
画像:shutterstock

クリニカルスペシャリストとは、医療関連の機器・用具のメーカーに勤務し、開発した機器・用具を顧客(病院や施設などの医療機関)に販売するために、さまざまな営業支援や使い方の指導を行う仕事です。

また、クリニカルコンサルタントやフィールドナースと言う会社もあります。

看護技術などの看護師資格が必要な仕事ではありませんが、医療に関する専門的な知識が求められ、クリニカルスペシャリストとして看護師は歓迎されています。

多くの企業が募集要項に「要看護師資格」としており、看護師資格以外では、臨床工学技士や放射線技師などの募集も多いです。

クリニカルスペシャリストとしての仕事内容をご紹介していきます。

1.看護師の仕事内容

クリニカルスペシャリスト 看護師の仕事内容

画像:shutterstock

看護師としてクリニカルスペシャリストで働く場合、多くの企業では、

  • 営業職に同行し、専門知識に関してフォローをすること
  • 製品についての臨床知識の観点から顧客に伝えること

などが主な仕事内容となります。

顧客に同行するため、営業の観点は必要となりますが、営業職のフォローをすることが一般的といえます。

しかし、クリニカルスペシャリストの仕事内容は、看護師が働く企業により扱う医療器具(商品)が違うため、必要になる専門分野や仕事内容が多少異なります

また、一般企業に勤務することとなるため、デスクワークなどの事務処理は一般的な仕事となります。

まずは、各医療機器メーカーの業務内容例から確認しておきましょう。

 

(1)各医療機器メーカーの業務内容(例)

各医療機器メーカーの業務内容(例)

画像:shutterstock

医療機器メーカーA
  • 商品:超音波検査装置
  • 仕事内容:超音波画像診断装置の検査機器プロモーターとしてデモ立会い、メーカーでの研修や打合せをメイン業務として行います。
医療機器メーカーB
  • 商品:美容系医療用レーザー装置
  • 仕事内容:医療機械の機器操作説明、納品後トレーニング等、顧問契約医師との連絡窓口、営業部門へのトレーニング(医療知識など)。
医療機器メーカーC
  • 商品:陰圧創傷治療システム
  • 仕事内容:営業担当同行にて大学病院・総合病院への訪問、製品説明、製品導入時の立会い、患者に対するアフターフォロー、製品導入前に医師、看護師に対する製品勉強会、症例紹介など。
医療機器メーカーD
  • 商品:呼吸器
  • 仕事内容:営業に同行し、医療従事者に対して呼吸器の学術的な説明、臨床に関する勉強会の実施など

クリニカルスペシャリストとして勤務する場合、日本企業だけではなく、外資系企業も多いです。

 

(2)営業支援(営業職への同行)

営業支援(営業職への同行)

画像:shutterstock

クリニカルスペシャリストは、所属する医療機器メーカーが開発した機器や用具を、医療機関をはじめとした顧客に購入してもらうための営業職のサポートや同行を行う仕事になります。

具体的には、

  • 商品説明のサポート
  • プレゼンの打ち合わせ
  • 学会や展示会でのデモンストレーションの実施
  • 利用するための症例紹介
  • 説明会や研修での講師
  • 臨床データ確認と提出

など、仕事は多岐にわたります。説明会や研修(研究会)などは、医師・看護師などの医療従事者向けに行う場合がほとんどです。

職場によってクリニカルスペシャリストが繁盛に研修を行う場合もあれば、研修や説明会の補助や質疑応答の対応をする場合のみなど、様々です。

また、医療機関に営業支援として訪問する以外にも、学会や展示会などで商品のデモンストレーションをサポートします。

イメージとしては、医療機器を販売するために医療的観点での営業職を様々な方法でサポートする仕事と考えておきましょう。

営業職の教育を行う場合もある

営業職は、医療器具の説明は可能ですが、疾患などの知識が不足している場合が多いと言えます。

そのために、クリニカルスペシャリストが営業支援を行うのですが、社内営業職の教育を行うことや、学ぶための企画を考えることも仕事となる場合があります。

 

(3)導入前支援

導入前支援

画像:shutterstock

商品の購入が決まった医療機関に対し、クリニカルスペシャリストは、導入前支援をすることも仕事の1つです。

主な仕事としては、

  • 製品導入時の立会い
  • 医師や看護師に対して勉強会やトレーニングの企画や実施

などを行います。

例えば、手術器具の場合などはクリニカルスペシャリスト(看護師)が手術の立ち会いを行い、製品が安全に使用されるためのサポートを行う場合もあります。(もちろんオペ看経験者であることが条件となります。)

 

トレーニングの企画や実施について

医師や看護師を含むコメディカル向けに、自社の商品をトレーニングする企画を考えることや、その企画を実際に医療機関で実施することも、クリニカルスペシャリストの仕事となります。

また、その際に自社の開発部門とも連携しながら、医療器具の調整を行う場合もあります。

 

(4)医療器具のアフターケア

医療器具のアフターケア

画像:shutterstock

自社の医療機器メーカーが販売した医療器具のアフターケアを行うことも、クリニカルスペシャリストの仕事となります。

アフターケアとしては、

  • 医師や看護師からの問い合わせ対応
  • 利用している患者などへのフォロー(看護業務)
  • 看護職に対する勉強会
  • 品質問題の把握、臨床情報の収集、レポーティング

など、実際に医療機関に訪問し、説明することが多い仕事となります。

クリニカルスペシャリストとして働く看護師は、医療機関のことを熟知している場合が多く、看護師の勉強会での開催がスムーズな事や、実際に医療器具を利用している患者への確認が行えるため、重宝されます。

また、医療機器を利用していた医師や看護師などの問い合わせに対応することもクリニカルスペシャリストの仕事となります。

医療器具で起きたトラブルに関しては、エンジニアやコールセンターなどが対応する場合が多く、利用方法の問い合わせであることが多いと言えます。

 

2.最後に

クリニカルスペシャリストは、医療機器の営業支援やサポートを行う仕事で、その医療器具に合った分野の知識が求められます。

看護師としてクリニカルスペシャリストを目指す場合は、自分が経験した分野に合った医療機器メーカーを選択することでスムーズに働くことが可能といえます。採用する側も、クリニカルスペシャリストとして働くための教育や支援を行っていることがほとんどです。

一般企業で働くことで、さらなるキャリアアップや年収アップを考える看護師にはお勧めですが、転勤や出張が繁盛にある医療機器メーカーもあり、働く条件はしっかりと確認しておきましょう。

また、転職先は医療機関ではなく、外資系を含む一般企業となります。

今まで企業への転職を経験したことがない看護師の方は、ビジネスマナーや履歴書の書き方などのサポートや確認を受けたほうが良いと言え、転職サイト(転職エージェント)などを利用しておきましょう。(病院のようにその日で採用が決まることはありません。)

転職を考えている看護師の方へ

 転職を考えている看護師の方へ

条件が良い病院や施設の求人は10月~12月にかけて、非公開求人で募集する場合が多くあります。インターネットに出回らない求人のため、看護師転職サイトを活用して転職活動を実行しましょう。

また、看護師転職サイトは、専任の担当者のレベルによって大きく活動が変わります。そのため、以下の看護師の皆様が選ぶ「おすすめ3社」を登録し、

  • 担当者や対応の質
  • 求人の比較
  • 求人の詳細情報の有無

などを確認しながら検討しましょう。

 

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年12月16日

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ28件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.7
[口コミ27件]

マイナビ看護師口コミへ

この記事はお役に立ちましたか?