独身女性看護師がクリニックに勤めるメリット・デメリット

独身女性看護師がクリニックに勤めるメリット・デメリット
画像:shutterstock

一般的に既婚者の看護師が勤めるイメージが強いクリニックですが、もちろん独身女性だって勤めて悪いことはありません。

しかし、独身の女性看護師でクリニックに勤めている例が少なこともあり、メリットやデメリットは不明確です。

そのため、私が独身時代にクリニックに勤務していた体験や、勤務先の独身女性の状況を参考に、独身女性がクリニックに勤務するメリット、デメリットを挙げてみました。

【執筆した看護師のプロフィール】

看護師
看護師資格確認済み
  • 神奈川県/29歳
  • 職務経験:総合病院、特別養護老人ホーム、クリニック、介護老人保健施設、デイサービス、健診センター、イベントナース、健康相談員
  • 診療科経験:脳外科、神経内科、内科、皮膚科、美容皮膚科、整形外科
3年間、総合病院での経験を経て転職。社会勉強として、様々な病院・施設で働いた経験があり、現在は派遣・パート看護師として活躍中。
看護師転職サイトランキング

 1.独身女性がクリニックで働くメリットとは?

独身女性がクリニックで働くことのメリット

画像:shutterstock

「クリニックは既婚者が働くもの」と転職の際の選択肢からしぶしぶ除外している独身看護師も多いのではないでしょうか。

独身女性が病院ではなくクリニックで働くと以下のようなメリットが考えられます。

 

(1)夜勤がないこと

一番のメリットは夜勤を行わなくて良いということです。

病院に転職して勤務する場合、月に数回夜勤を行う必要があり、独身看護師であればなおさらといえます。

また、転職により前職より夜勤の回数が減った場合でも夜勤嫌いな看護師にとって夜勤を行うことが、そもそも苦痛なものです。

そのため、夜勤を行わなくても勤務が成り立つクリニックは、ありがたいものです。

 

(2)病院よりも勤務形態が働きやすい

クリニックは病院よりも働きやすい勤務形態と言えるでしょう。

仮に病院で「日勤のみ」で勤務をした場合、3~4日連勤、または5連勤などの場合もあり、体力的にもきついシフトとなります。

しかし、クリニックの場合は、水曜もしくは木曜に休みが入る場合が多く、そのため3日以下で、連勤終了となります。

また、1週間休みなく開いているクリニックは、看護師がシフト制の場合が多く、より休みの融通を利かせることが可能です。

病院よりも体調を崩さずに働けることから、今まで病院時代の休日は、ひたすら寝て体力を回復させるために使っていると言う方も多いのではないでしょうか。

独身看護師がクリニックに勤務することで、趣味の時間を充実させることや、他の分野の勉強も行え、プライベートの充実を図ることが可能です。

 

(3)給与が比較的高い

給与が比較的高い

画像:shutterstock

病院(病棟)で働く看護師の給料は、基本給が安く「資格手当」や「夜勤手当」「残業手当」で給料が高くなる場合が多いと思います。

特に夜勤手当による給料アップは顕著で、来月はどうしても給料が多くほしいという場合は夜勤をたくさん入れて稼いでいるという看護師も多いのではないでしょうか。

しかし、クリニックの場合は夜勤をしなくても夜勤をしているのと同等に収入を得ることができるのが大きなポイントとなります。

個人経営のため給料が高い場合も多い

クリニックは個人で経営しているところが多く、給料設定も個人の見解で行われることから病院に比べて給料が高い傾向にあります。

(特に、美容系などの診療外報酬を得ているところは、給料が高い傾向にあります。)

夜勤をせずとも高い給料を得られるというのはありがたいポイントで、普段の給料だけでなくボーナスが高いのもクリニックならでは

自分のために唯一お金が使える独身だからこそ、たくさんお金がもらえるのは嬉しいものです。

 

(4)スタッフに可愛がってもらえる

スタッフに可愛がってもらえる

画像:shutterstock

クリニックはイメージ通り、独身看護師よりも既婚者看護師が多く働いています。

独身看護師の存在は、同僚のスタッフから珍しく感じられますが、既婚者の看護師と言っても特に「子供がいる看護師」が多いため、独身看護師は我が子のようにかわいがってもらえる傾向にあります。

例えば、色々なことを優先して行わせてもらえることや、対応が面倒な患者は対応を変わってもらうことなど、独身女性のメリットだと思います。

 

(5)人数は少ないためチームワークが良い

人数は少ないためチームワークが良い

画像:shutterstock

クリニックは基本的にスタッフの人数が少なく、チームとして動く必要があります。

そのため、病院の病棟よりもチームワークが良い環境で仕事を行うことが可能です。

衝突を起こすこともある

しかし、スタッフの人数が少ない分衝突が起きる場合もあります。

私はクリニックに勤務していて、既婚者看護師同士では衝突を起こしている場面をよく目にしますが、不思議と独身看護師が衝突を起こしている例はあまり見受けません。

そのため、既婚者看護師からは独身看護師との方が相性は良いのかもしれません。

 

(6)学生時代の友人と予定が合わせやすい

クリニックはカレンダー通りに休日、祝日がもらえるところがほとんどです。

そのため、学生時代の友人と予定が立てやすいというのもうれしいメリットとなります。

病院では、土日祝日休みの友人たちと予定が立てづらく、なかなか行けなかった旅行なども行けてしまうのはクリニックのありがたいポイントです。

特に、男性は一般企業に勤めている傾向が高く土日祝日休みの人が多いことから、彼氏がいる独身看護師は彼との予定が立てやすく、病院時代よりも時間のすれ違いが減ったという声をよく聞きました。

 

 2.独身女性がクリニックで働くことのデメリットとは?

独身女性がクリニックで働くのは良いことばかりではありません。

実際にクリニックで働いている独身女性も、以下のようなデメリットに悩まされている看護師は多くいるようです。

私の体験談も含めて説明していきます。

 

(1)男性との出会いがない

男性との出会いがない

画像:shutterstock

大きなデメリットは、クリニック勤務では男性との出会いがないということです。

病院であれば男性医師は何人もいますし、若い研修医や、他にも放射線技師やリハビリスタッフ、事務職や介護職など男性のスタッフは見渡すと意外に沢山いるものです。

しかし、クリニックは医師も1人しかおらず、その医師も男性であるとは限りません。

さらに、クリニックを開業しているという時点で結婚している場合や、年齢も高年齢の場合が多いです。

整形外科やリハビリを兼ねたクリニックのように、男性が多いスポーツトレーナーやリハビリスタッフが常駐しているようなクリニックでなければ男性スタッフと働くことはほとんどありませんし、その求人もなかなか少ないのが現状です。

また、クリニックで出会える男性は患者か検体などを取りに来る外部の業者、薬品会社の人のみであり、仕事中に恋愛に発展するようなことも私の経験上起こり得ません。

補足説明

クリニックは病院と比べて出会いの機会がないため、特にパートナーがおらず、出会いのきっかけともなるような趣味を持っていない看護師は注意が必要です。

困っている独身看護師は意外と多くいるのが特徴となります。

 

(2)自分の意思でアフター5の時間を確保できない

自分の意思でアフター5の時間を確保できない

画像:shutterstock

病院勤務であれば、「今日は用事があるから、細かい記録などの仕事は明日に回して早めに仕事を切り上げよう」という感じで、自分の都合に合わせてやる仕事の量を調整することができました。

しかし、クリニックは患者が全員帰らなければ仕事を終わらせることはできません

患者の来る時間によっては仕事を早く切り上げることは難しく、閉院前に患者が駆け込んできてしまえば勤務終了時間でも継続して診なければなりません。

そのため「ドタキャン」を余儀なくされることもあるため、勤務時のアフター5の予定が立てづらいのがクリニックならでのデメリットです。

病院時代は勤務後に行けていた飲み会や美容院などもクリニックでは難しいと考えておくと良いでしょう。

勤務日に予定を立てたい独身看護師にとってはデメリットとしてうつりやすいものです。

 

(3)勤務交代などを任されやすい

勤務交代などを任されやすい

画像:shutterstock

独身女性ならではの最大のデメリットが勤務交代などを任されてしまうことです。

病院であれば、仮に誰かが急な休みを申請しても既婚、未婚問わずに他の看護師で穴埋めをしていると思います。

しかし、クリニックでは急な休みの穴埋めを独身看護師が任されることが多いです。

特にシフト制で回しているクリニックほど顕著であり、既婚看護師は、休日に「子どもの予定」や「家庭の用事で埋まっている」などのことが多く、必然的に独身看護師に任されてしまうという傾向が強いのです。

クリニックには早番、遅番をつけているところも多いのですが、その勤務を変わってほしいという場合も、スタッフ間の衝突を避ける意味でも独身看護師が頼まれやすいようです。

普段可愛がってもらっている以上、断ることは言い難いですし、請け負い続けた結果、いろいろな看護師から頼まれるようになってしまうなんていうこともあります。

時間的に余裕があると見られてしまうのがクリニックで働く独身看護師のデメリットな部分ですね。

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。独身女性看護師がクリニックに勤めるメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 夜勤をやらなくても良い
  • 病院よりも勤務形態が働きやすい
  • 給料が高い
  • 特に可愛がってもらえる
  • 人数は少ないためチームワークが良い
  • 学生時代の友人と予定が合わせやすい

上記のようなメリットがある反面、

  • 男性との出会いがない
  • 自分の意思でアフター5の時間を確保できない
  • 勤務交代などを任されやすい

このようなデメリットも存在しました。

独身看護師だってクリニックで働くという選択肢は十分「あり」だと私は思いますし、実際に働いていました。

しかし、既婚の中に未婚が少数人数であるということは、それゆえに可愛がってもらったり、仕事を押し付けられたりと「良いこと」も「悪いこと」もあります。

これらを良いと思うか、悪いと思うかの捉え方は、あなた次第のため、自分のライフスタイルや性格に合った勤務地の選び方をしてほしいと思います。

転職の際には躊躇せず、クリニックも候補の1つに入れてほしいと思います。


   
この記事はお役に立ちましたか?

看護師転職サイトを口コミでランキング

看護師転職サイトを口コミでランキングTOP3
更新:2019年3月26日
看護師転職サイトランキング

ランキング1位看護のお仕事
全国対応・求人12万件
4.04
[口コミ27件]

看護のお仕事口コミへ
ランキング2位ナースではたらこ
全国対応・コンサル高
4.0
[口コミ27件]

ナースではたらこ口コミへ
ランキング3位マイナビ看護師
全国対応・担当者質高
3.72
[口コミ25件]

マイナビ看護師口コミへ