医療療養病棟の看護師仕事内容と私の体験談

医療療養病棟の看護師仕事内容と私の体験談

一般病床は大型の総合病院に多く設けられており、ベッド稼働率も早いという特徴がある一方で、医療療養病棟は慢性期の患者が多く入院し、加療を受けています。

医療療養病棟の患者は症状の著しい悪化が認められることはありませんが、治癒することが困難な状態で、長く医療従事者の管理が必要な患者が入院している病棟です。

実際に、慢性呼吸不全症候群、脳卒中後、心不全、認知症、肺炎、膀胱炎、尿閉、褥瘡、蜂窩織炎、社会的入院などの患者が入院しています。

ここでは、医療療養病棟で働く看護師の仕事内容と1日のスケジュールや私が働いて感じた、メリット・デメリットについてご紹介します。

看護師転職サイトランキング

1.医療療養病棟で働く看護師の仕事内容

医療療養病棟で働く看護師の仕事内容

医療療養病棟は一般病棟に比べると慢性期の分類ではありますが、以下の医療行為のスキルは必要で、注意して看護にあたらなくてはなりません。

  • 吸引
  • 抹消ライン確保
  • CV挿入介助と管理
  • 輸液管理
  • 経口・経鼻栄養
  • 血糖測定
  • インアウト管理
  • モニター管理(心筋梗塞後やペースメーカー植え込み後)
  • 創傷ケアと管理

慢性期へ移行したからといっても、状態が急に悪化することも考えられるため、転室後数日間はバイタルサインを時間ごとに測定するなど、訪室する回数も増えます。

点滴や膀胱留置カテーテルを使用している患者も多いため、チューブやラインの管理には特に気を遣います

医療療養病棟は一般病棟からの患者の受け入れることで、管理・監視が必要とされる患者が混在しています。24時間体制で看護にあたり、心電図モニターもチェックしながらの巡視は、今思うと大変でした。

(1)私が勤務していた医療療養病棟の特徴

私の勤務していた病院では、病院と系列のホームが連携を図っていました。一般病棟入院中に高度な技術を要する手術が必要な患者は別の大型病院へ転院します。

一般的な流れは以下の通りです。

  1. 一般病棟で急性期を経て1、2ヶ月経過し、退院可能な患者は退院、必要ならば在宅ケアを導入する
  2. 在宅での管理が難しく、かつ疾患が治癒したと言い切れない患者は医療療養病棟へ移る
  3. 医療療養病棟での医療行為がほとんどなくなった患者は介護病棟へ移る
  4. 状態の安定が認められホームでも受け入れが可能であれば系列のホームへ移ることもある

医療療養病棟は、一般病棟でも治癒が困難であり、長期に渡る医療的アプローチや医療者による全身管理が必要とされる患者が入院します。

慢性期で寝たきりに近いものの、介護病棟では管理しきれないところがあり、原疾患が治癒に至っていないことから、急変の可能性が高い点も否めません。

 

(2)患者への介護ケアが必要とされる

医療療養病棟の中には、比較的介護度が高い患者が入院しているという病棟も少なくありません。

体位変換や排泄ケアなど、介護の面でも人手が必要となります。

さらに長期の入院となれば、褥瘡や尿路感染などが発生しやすく、介護ケアの観点でもしっかりした知識や技術は必要とされるでしょう。

 

(3)医療療養病棟の看護師の1日のスケジュール

9:00~10:00点滴ミキシングと更新(点滴当番が行う)
10:00~11:00全体の申し送り後個別に申し送り
担当患者の検温と点滴のラインチェックと速度合わせ
口腔ケア、吸引、排泄コントロール、処置、記録
担当医来棟時の患者の状態報告と内服薬処方調整
11:00~11:30お昼の経管栄養を接続する
11:30~13:30食事介助
交代で休憩へ
13:30~14:00簡単なカンファレンスを行う
14:00~14:20モニター記録用紙へ今日の波形を印刷して貼る
前の日と比べ異常がないかチェックする
14:20~15:30経管栄養回収、検温を行う
午前中行えなかった処置をする
15:30~16:00記録、夕方の点滴準備
16:00~16:30最後の巡視、吸引
発熱者には再度検温クーリングなどを施行する
16:30~申し送り

 

2.働いて感じたメリット・デメリット

働いて感じたメリット・デメリット

私が医療療養病棟で働いて感じたメリット・デメリットをご紹介します。

(1)長期で同一の看護を行うことで技術が熟練された

医療療養病棟では慢性期の患者に対して、長く同一の看護手技を行っていくケースもあります。

例えば吸引では、吸引チューブの鼻腔への挿入角度やタイミングを掴むことで上手く咳嗽反射を引き出し、患者に負担をかけず上がってきた喀痰を引けるようになる、など一つ一つの技術が熟練されました。

 

(2)患者に親しみを感じてもらえた

医療療養病棟では長期入院の患者や、入退院を繰り返す患者と何度か関わるうちに、働く看護師の顔や名前を覚えていてくれ、親しみを感じてもらえることもありました。

 

(3)介護の側面からのアプローチを学ぶことができる

医療療養病棟での仕事は、介護面からのアプローチを学ぶことができたと感じます。

褥瘡の発生原因は、体位変換の不足だけが原因ではありません。看護師として採血データを見直し、栄養状態や免疫機構が正常であるか、自力でどこまで体を動かせるかなど、アセスメントをします。

その患者に合った安楽な体位についても、介護士の意見を取り入れながら相談してケアを統一していきます。

(4)効率よく業務をこなすことができた

私が勤務した病院では、担当医不在の際に看護師が必要最低限の指示をあらかじめもらっておくことが必要でした。

そのため、迅速に患者の異常に対応でき、担当患者に手がかかり処置に回り切れないという声から、処置係を一時的に割り当てて、皆が効率よく十分なケアができるよう病棟全体で工夫したこともありました。

医療器具が急性期以上に揃っていない

私が勤務していた病院では、ここぞというときに医師が不在であったり、宿直当番医は大学病院からヘルプできているという医師であったりする場合がありました。

患者の状態の異常が増え、モニターの数が限界ということもありました。

スタッフの数に対して要監視レベルの患者が多すぎて、通常のルーティン業務事態が滞ってしまう事態も多々ありました。

 

3.最後に

医療療養病棟は、今後良くなっていくかもしれない可能性のある患者と、これ以上の劇的な回復はなくとも、状態の安定にもっていける患者が混在しています。

そのために管理にあたる看護師には基本的な医療の技術と、患者の異常に早期に気付き対処できるスキルが必要です。

その場面に直面する経験こそが、私たちの学びに結びついてゆくのではないでしょうか。

「大変さ」は、看護師としての力をつけるチャンスでもある、と私は思っています。

この記事はお役に立ちましたか?

PR:看護師が評価した転職サイト

転職会社を利用した看護師の方の口コミで利用しやすい看護師転職サイトをご紹介しています。是非、評判の良い転職会社を利用しましょう!

この記事を書いた人

看護師監修者・執筆者について



コメントを残す

内容へのご意見、ご感想を是非、お願いいたします。